【A ハーモニック・マイナー・スケール】をベース指板上で! ~5弦・6弦あり~

Aハーモニック・マイナーの構成音

a-harmonic_minor_scale_bass01.png

【音程】~ベース指板~

a-harmonic_minor_scale_bass02.png

【音名】~ベース指板~

a-harmonic_minor_scale_bass03.png

a-harmonic_minor_scale_bass06.png

【階名】~ベース指板~

a-harmonic_minor_scale_bass04.png

【数字】~ベース指板~

a-harmonic_minor_scale_bass05.png

【5弦&6弦ベース】~Low-B & High-C~

※6弦の開放弦がB(Low-B)、1弦の開放弦がC(High-C)チューニングです。5弦ベースの方は、ご自身のチューニングに合わせて(一方の弦を無視して)ご覧ください。

【音程】~ベース指板~

a-harmonic_minor_scale_bass07.png

【音名】~ベース指板~

a-harmonic_minor_scale_bass08.png

a-harmonic_minor_scale_bass09.png

【譜面】~五線譜と音~

a-harmonic_minor_scale_bass20-1.png

ハーモニック・マイナー・スケールとは?

ハーモニック・マイナー・スケール(和声的短音階)の構成音は、音程だと「T,M2,m3,P4,P5,m6,M7」。階名だと「ド,レ,ミ♭,ファ,ソ,ラ♭,シ」。マイナー・コードならびにハーモニック・マイナー・キーの基盤となるスケールです。

ナチュラル・マイナー・スケールの第7音「シ♭」を半音上げた「シ」がポイント。「シ→ド」と半音で繋がると終止感が高まります。また、マイナーキーにおけるⅤコードでも活躍します。

例えばAマイナーキーで考えてみます。Aナチュラル・マイナー・スケールの構成音は「A,B,C,D,E,F,G」。そして、Aハーモニック・マイナー・スケールの構成音は「A,B,C,D,E,F,G#」です。

ここでいきなりですが、「Ⅱ→Ⅴ→Ⅰ」のコード進行を演奏するとしましょう。ダイアトニック・コードに忠実にいくと「Ⅱm7-5→Ⅴm7→Ⅰm7」。Aマイナーキーだと「Bm7-5→Em7→Am7」となります。

ただ、「Ⅴm7では不安定さが足りない!きっちり解決したい!やっぱりⅤ7でないとダメだ!」という方も多いはず。

そこで、Ⅴm7をⅤ7にリハモします。AマイナーキーだとⅤ7はE7。E7の構成音は「E,G#,B,D」です。厄介なことに、Aナチュラル・マイナー・スケール以外の音「G#」が現れました。

「どうすんだこれ・・」
いえ、安心してください。Aハーモニック・マイナー・スケールの構成音はなんと!「A,B,C,D,E,F,G#」です。(あら便利)

ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ