【G メジャー・スケール】をベース指板上で! ~5弦・6弦あり~

Gメジャーの構成音

g-major_scale_bass01.png

【音程】~ベース指板~

g-major_scale_bass02.png

【音名】~ベース指板~

g-major_scale_bass03.png

g-major_scale_bass06.png

【階名】~ベース指板~

g-major_scale_bass04.png

【数字】~ベース指板~

g-major_scale_bass05.png

【5弦&6弦ベース】~Low-B & High-C~

※6弦の開放弦がB(Low-B)、1弦の開放弦がC(High-C)チューニングです。5弦ベースの方は、ご自身のチューニングに合わせて(一方の弦を無視して)ご覧ください。

【音程】~ベース指板~

g-major_scale_bass07.png

【音名】~ベース指板~

g-major_scale_bass08.png

g-major_scale_bass09.png

【譜面】~五線譜と音~

g-major_scale_bass20-1.png

メジャー・スケールとは?

メジャースケール(長音階)の構成音は、音程だと「T,M2,M3,P4,P5,M6,M7」、階名だと「ドレミファソラシ」。メジャー・コードならびにメジャー・キーの基盤となるスケールです。(「メジャースケールとは?」あたりも参考に)

他のスケールを知らなくても何とかなりますが、このスケールを知らないと(楽器を演奏する上での)難易度はベリーハードに。是非覚えておきたい音階です。

構成音である7つの音を基準に、教会旋法(チャーチモード)なるものが発生します。長音階に飽きたとき、そっと弾いてみてください。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ