【D オルタード・スケール】をベース指板上で! ~5弦・6弦あり~

Dオルタードの構成音

d-super_locrian_scale_bass01.png

【音程】~ベース指板~

d-super_locrian_scale_bass02.png

【音名】~ベース指板~

d-super_locrian_scale_bass03.png

d-super_locrian_scale_bass06.png

【階名】~ベース指板~

d-super_locrian_scale_bass04.png

【数字】~ベース指板~

d-super_locrian_scale_bass05.png

【5弦&6弦ベース】~Low-B & High-C~

※6弦の開放弦がB(Low-B)、1弦の開放弦がC(High-C)チューニングです。5弦ベースの方は、ご自身のチューニングに合わせて(一方の弦を無視して)ご覧ください。

【音程】~ベース指板~

d-super_locrian_scale_bass07.png

【音名】~ベース指板~

d-super_locrian_scale_bass08.png

d-super_locrian_scale_bass09.png

【譜面】~五線譜と音~

d-super_locrian_scale_bass20-1.png

オルタード・スケールとは?

オルタード・スケール(オルタード・ドミナント・スケール)は、メロディック・マイナー・キーの第7音から派生したスーパー・ロクリアン・モードと構成音が同じで、音程だと「T,m2,#2,M3,#4,m6,m7」。階名だと「ド,レ♭,レ#,ミ,ファ#,ラ♭,シ♭」です。

ドミナント・セブンス・コードにおけるオルタードテンション(♭9,#9,#11,♭13)を含んだスケールで、オルタード・コード[Ⅴ7alt]、ドミナント・セブンス・コード[Ⅴ7]などで使用されます。

メロディック・マイナーは、ジャズで頻繁に使用されるスケールです。具体的な使い方については『ザ・ジャズ・セオリー』に詳しく紹介されています。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ