CAGEDシステムと5つのポジションでギター指板を覚える!

CAGEDシステム。指板を把握するために必須の知識。
基本となる「型(フォーム)」を習得します。

「CAGED」ポジションで指板を覚える!

ギターの指板は5つ「ポジション」に分けられます。
「型(フォーム)」と言われたりしますが、用語の使い方はどうでもいいです。

考え方を知りましょう。

CAGED

ご存知でしょうか?
ギターの指板は、レギュラーチューニングである限り、この5つのポジション「C・A・G・E・D」として捉えることができます。

↓こんな感じ。(※C=1の場合)

ちょっとごちゃごちゃして、見づらいですね。
Cポジションだけ取り出してみます。

Cポジション(※C=1の場合)

そして、C型のメジャー・トライアド

次に、Aポジションを見てみましょう。

A型のメジャー・トライアド

なんとなくわかるかと思います。

Cポジション


CAGED」のC

開放弦でCを弾く場合、コードの押さえ方はいくつか考えられますが、初心者向けのコードブックで一番最初に出てくるのはコレ↓

何故こんな形なのか、疑問に思ったことがあるかもしれません。コードの作り方を読んでくださった方は、ピンときたと思います。

はい、「R, M3, P5」です。
メジャートライアドは「ルート、長3度、完全5度」
つまり「ルート、3度、5度」の構成音から作られます。
その「ルート=C」にすると、Cメジャー・トライアド「C(R), E(M3), G(P5)」になります。

指板で見てみましょう。
まずは音名だけ取り出して・・

コード「C」の構成音だけ色を付けると・・

そしてもう一度Cポジションの度数

コード「C」は、画像の「1、3、5」の数字と対応しています。


1=ルート、3=長3度、5=完全5度。

これがCポジションです。
Cフォームが使えるポジション。メジャートライアドを(開放弦を含まない押さえ方なら)5弦ルート小指で押さえることができるポジションです。

「Cポジション」

ちなみに、以前紹介したhitoshiさんのEADGCサイクルなら、2弦ルートでこんな感じ↓

Aポジション

「CAGED」のA
Cポジションの右隣
5弦ルートを共有するポジションです。

左から2番目。C型と重なっている枠があります。
注目すべきは5弦の「。C型と」を共有しています。

C型からA型へ移動するときの目印にすると便利。Aポジションだけ取り出してみます。

さて、皆さんは開放弦でコード「A」を弾くとき、どう押さえますか?
普通こうでしょう↓

開放弦を含むので、指で押さえるのは2fの3音だけ。でも、実際に鳴らしている音は5音なんです。

この形でコード「C」を弾くことは可能でしょうか?
もちろん可能です。ルートをCに移動させれば完成。

5弦3フレット「C」に移動。

できました!横に平行移動させただけです。
度数で確認すると↓

「1、3、5度」つまり、「R, M3, P5」。
ルートがCなので、コード「C」の完成です。

「Aポジション」をみてみましょう。

これが、Aフォームが使えるポジション。メジャートライアドを、5弦ルート人差し指で押さえることが出来るポジションです。

Gポジション


「CAGED」のG
Aポジションの右隣
3弦ルートを共有するポジションです。

左から3番目、A型の右隣。A型とG型が共有しているルートは、3弦の「

G型だけ取り出すと・・

開放弦でコード「G」を弾くときの押さえ方ですが・・一般的な押さえ方はこう↓

では、この形でコード「C」を弾いてみましょう。
ルートを移動させて・・6弦8フレット「C」

できました!度数で見てみましょう。

ちなみに、「EADGCサイクル」なら3弦ルートで、こんな感じ↓

ルートから「1、5、1、3、5度」の順。

「Gポジション」はこう↓

以前使用した、あの!ポジションが入っています。

いつも使っていたポジションは、「Gポジション」の一部だったんです。

これが、G型フォームが使えるポジション。メジャートライアドを6弦ルート薬指で押さえることができるポジションです。

Eポジション

「CAGED」のE
Gポジションの右隣
6弦(1弦)ルートを共有するポジションです。

左から4番名、G型の右隣。
G型と重なっている部分もあります。
G型とE型が共有しているルートは、6弦と1弦の「

E型だけ取り出すと・・

では、開放弦を使ってコード「E」を押さえてください。一般的な押さえ方は、こう↓

では、この形でコード「C」を弾いてみます。ルートを6弦8フレット「C」に移動させて・・

できました!そして、見覚えのあるこの形!
初心者の壁と言われる「Fコード」の形です。
度数で見てみましょう。

度数を見るとわかるのですが、単に「1、3、5度」を押さえれば、メジャートライアドができます。つまり、無理してバレーコード(人差し指でセーハするやつ)を、使う必要は無いんですね。

でも実は、バレーコードも簡単に押さえられます。(Fコードを押さえるコツ

「Eポジション」をみてみましょう。

Eフォームが使えるポジション。メジャートライアドを、6弦ルート人差し指で押さえることができるポションです。

Dポジション

「CAGED」のD
Eポジションの右隣
4弦ルートを共有するポジションです。

左から5番名。E型の右隣。E型とD型が共有しているルートは、4弦の「

D型だけ取り出すと・・

では、開放弦を使ってコード「D」を押さえてください。一般的な押さえ方は、こう↓

またまた、この形でコード「C」を弾いてみましょう。
ルートを4弦10フレット「C」に移動させて・・

できました。度数でみると・・

「Dポジション」をみてみましょう。

これが、Dフォームが使えるポジション。メジャートライアドを、4弦ルート人差し指で押さえることができるポジションです。

以上が「CAGED」全てのポジションでした。
Dの次は、またCに戻ります

まとめ

全てのポジションを、もう一度貼っておきます。

キーが変われば「(R)=メジャーキーの中心音」へポジションも移動します。平行移動させるだけなので楽ちん。

※以下、Cメジャーキーの場合。

Cポジション

Aポジション

Gポジション

Eポジション

Dポジション

以上です。

指板上の音一覧
ポジションごとのコードフォーム

「CAGED」ポジションはギターを演奏する限り、ずっとお世話になるポジションです。仲良くしていきたいものです。

次回は、指板でスケールを弾いていきます。
ありがとうございました。

次回は>指板(フィンガーボード)の覚え方!part5