『Someday My Prince Will Come(いつか王子様が)』の名盤・名演たち

曲名:Someday My Prince Will Come
作詞:Larry Morey(1905~1971)
作曲:Frank Churchill(ピアノ/1901~1942)


(写真はFrank Churchill – D23より)

Someday My Prince Will Come

『白雪姫 ― オリジナル・サウンドトラック』


(画像はAmazonリンクです)

1937年、ウォルト・ディズニーの長編アニメ映画第1作目『白雪姫』 の挿入歌。

Snow White | Someday My Prince Will Come | Lyric Video | Disney Sing Along

『Portrait in Jazz』/ Bill Evans

まずは何と言ってもビル・エヴァンス。他のジャズ・ピアニストで彼のフレーズっぽい箇所を見つけると、少しニヤけてしまう。モダン・ジャズ。

YouTubeで検索

 『Someday My Prince Will Come』/
Miles Davis

評価されているので紹介。
繰り返すベースが特徴的。
個人的にこの演奏はあまり・・。

YouTubeで検索

『Someday My Prince Will Come』/ ANDREA MOTIS JOAN CHAMORRO GRUP

Someday My Prince Will Come ANDREA MOTIS JOAN CHAMORRO GRUP

「Andrea Motis」をAmazonで探す

このサイトで推しているAndrea Motis
曲の入りは、マイルスと同じくベースの刻みから。

『Dave Digs Disney』/ Dave Brubeck Quartet

Paul Desmond目当てで聴いてしまう、素晴らしい1枚。

YouTubeで検索

『Some Day My Prince Will Come』/ Martin Taylor and Julian Lage

Martin Taylor and Julian Lage – "Some Day My Prince Will Come"

「Martin Taylor」をAmazonで探す

「Julian Lage」をAmazonで探す

ギターサイトとして、紹介しない訳にはいかない名演。

『Someday My Prince Will Come』 / 東京JAZZ2006 ver.

Hank Jones Trio, Sadao Watanabe, Chick Corea, Hiromi, Austin Peralta – Tokyo Jazz 2006

東京JAZZ2006

今は亡きHank Jonesの紹介ではじまり、ナベサダの安定感。今のプレイスタイルが良いChick Corea。彼のコールを受けて、レスポンスから入る上原ひろみ

個人的に上原ひろみは、速弾きよりもブルージーなフレーズが好き。”セッション”を100%楽しめている感じも大好きです。

ドラムのOmar Hakimもカッコ良すぎ。ソロの引き立て方、煽り方が最高です。ドラムが遊べる空白(7:11あたりの3拍目アクセントフレーズ)を作ってあげるひろみ姉さんにも、プロっぽさを感じます。

ドラムは3拍目を避けつつ、1拍目を濁していき・・ここでリズムを見失った人(観客)は不思議な感覚に。ピアノのアクセントを1拍目だと錯覚した人は、最後のタメでドキドキ。再びリズムがピタリと合ったときに「かっこいい!」と感じるはず。

さらにその後(7:32あたり)、ひろみ姉さんの左手2拍子(頭は右手フレーズに合わせて)、右手3拍子(頭を半拍ずらした8分音符フレーズ)のポリリズムで・・。ドラムとしては、こういったリズム遊びができると、絶対嬉しいはずです。

『Blue Monk』も含め、全体を通してニヤニヤが止まらない演奏。

ジャズ・スタンダード一覧に戻る

スポンサーリンク
関連コンテンツ