『Someday My Prince Will Come(いつか王子様が)』の名盤・名演たち

曲名:Someday My Prince Will Come
作詞:Larry Morey(1905~1971)
作曲:Frank Churchill(ピアノ/1901~1942)


(写真はFrank Churchill – D23より)

Someday My Prince Will Come

『白雪姫 ― オリジナル・サウンドトラック』


(画像はAmazonリンクです)

1937年、ウォルト・ディズニーの長編アニメ映画第1作目『白雪姫』 の挿入歌。

Snow White | Someday My Prince Will Come | Lyric Video | Disney Sing Along

Snow White | Someday My Prince Will Come | Lyric Video | Disney Sing Along

『Portrait in Jazz』/ Bill Evans

まずは何と言ってもビル・エヴァンス。他のジャズ・ピアニストで彼のフレーズっぽい箇所を見つけると、少しニヤけてしまう。モダン・ジャズ。

YouTubeで検索

 『Someday My Prince Will Come』/
Miles Davis

評価されているので紹介。
繰り返すベースが特徴的。
個人的にこの演奏はあまり・・。

YouTubeで検索

『Someday My Prince Will Come』/ ANDREA MOTIS JOAN CHAMORRO GRUP

Someday My Prince Will Come ANDREA MOTIS JOAN CHAMORRO GRUP

Someday My Prince Will Come   ANDREA MOTIS  JOAN CHAMORRO GRUP

「Andrea Motis」をAmazonで探す

このサイトで推しているAndrea Motis
曲の入りは、マイルスと同じくベースの刻みから。

『Dave Digs Disney』/ Dave Brubeck Quartet

Paul Desmond目当てで聴いてしまう、素晴らしい1枚。

YouTubeで検索

『Some Day My Prince Will Come』/ Martin Taylor and Julian Lage

Martin Taylor and Julian Lage – "Some Day My Prince Will Come"

Martin Taylor and Julian Lage - "Some Day My Prince Will Come"

「Martin Taylor」をAmazonで探す

「Julian Lage」をAmazonで探す

ギターサイトとして、紹介しない訳にはいかない名演。

『Someday My Prince Will Come』 / 東京JAZZ2006 ver.

Hank Jones Trio, Sadao Watanabe, Chick Corea, Hiromi, Austin Peralta – Tokyo Jazz 2006

Hank Jones Trio, Sadao Watanabe, Chick Corea, Hiromi, Austin Peralta - Tokyo Jazz 2006

東京JAZZ2006

今は亡きHank Jonesの紹介ではじまり、ナベサダの安定感。今のプレイスタイルが良いChick Corea。彼のコールを受けて、レスポンスから入る上原ひろみ

個人的に上原ひろみは、速弾きよりもブルージーなフレーズが好き。”セッション”を100%楽しめている感じも大好きです。

ドラムのOmar Hakimもカッコ良すぎ。ソロの引き立て方、煽り方が最高です。ドラムが遊べる空白(7:11あたりの3拍目アクセントフレーズ)を作ってあげるひろみ姉さんにも、プロっぽさを感じます。

ドラムは3拍目を避けつつ、1拍目を濁していき・・ここでリズムを見失った人(観客)は不思議な感覚に。ピアノのアクセントを1拍目だと錯覚した人は、最後のタメでドキドキ。再びリズムがピタリと合ったときに「かっこいい!」と感じるはず。

さらにその後(7:32あたり)、ひろみ姉さんの左手2拍子(頭は右手フレーズに合わせて)、右手3拍子(頭を半拍ずらした8分音符フレーズ)のポリリズムで・・。ドラムとしては、こういったリズム遊びができると、絶対嬉しいはずです。

『Blue Monk』も含め、全体を通してニヤニヤが止まらない演奏。

ジャズ・スタンダード一覧に戻る

スポンサーリンク
関連コンテンツ