『ひだまりスケッチ』アニメ第4話に歌詞をつけてみた! 「歌うショートケーキ」感想

まだ青い、青虫回。

ひだまりスケッチ 第4話「歌うショートケーキ」!

【あらすじ】

5月18日、午前6時00分、ひだまり荘201号室。

目覚ましが鳴る寸前に目覚めたゆの

天気は良好。
ゆのはふとんを干し、
宮子はアジを干す。

屋外スケッチ。
牛乳で腹痛の宮子。保健室より、家の方が近い。

おじぞうさんの頭を拭き、傘をかぶせる。
カラーコーンやまぶき地蔵。

田舎からの贈り物に青虫さん。

4話のまとめ
目覚ましが鳴る寸前に目覚めたゆの→晴れ→布団を干すゆの→アジを干す宮子→屋外スケッチ→牛乳腹痛宮子→保健室より近いひだまり荘→竹林→チクリン→乙女の逢引→手ぬぐいカラーコーン地蔵→実家からの贈り物with青虫→アジ泥棒→アジな真似しよって→カラオケダイエット→キャラソンか?→ふかふかヒロ吉野屋先生ひとカラ→空気椅子ヒロ→音痴ゆの→完コピ宮子→牛乳背伸び→薄壁お風呂。

【感想】

青虫そういうことか。

あったかいお話回。
5月ということで、カラオケもどことなく緊張していたように感じる。掃除に洗濯、一人暮らし。4月にはない、5月の妙なリアルがあった。

吉野屋先生の彫った彫刻が、雨風にさらされ、やまぶき地蔵になったとのこと。酸性雨環境問題を、自らの作品で見事に表現する。さすが教師といったところか。

好きな1枚↓

ひだまりスケッチ 第4話を作詞してみた!

青虫を主役に。

『いつか蝶になって』

(※サビ)
青の中へ ボクのままで
甘い甘い 夢を見て 小さな足 順番子に

青の中で ボクのままで
菜の色が 変わる頃に 描くから 羽に模様

(※Aメロ)
起き抜けに一かじり 太陽のできあがり
穴から見えたあの子は どこへ行くの

(※Bメロ)
必要なものはここにある
描きたい花はどこに咲く
背中のあたりがうずき出す
飛び出そう 5月の空

※サビへ

イメージ:ミディアムテンポ。サビの最後は音程下がる。
自己評価:テーマを青虫にしぼり、空の青、キャベツの青と色を意識したが、5月っぽい歌詞は難しいなと感じた。また、青虫、蝶からイメージできるものが少ない。苦し紛れに「花の蜜→甘い→夢」としたが、微妙か。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ