BUMP OF CHICKEN『ギルド』歌詞の意味と解釈! 懐の深さ

今、作詞にハマっていまして、BUMP OF CHICKENの歌詞からヒントを探すついでに、感じたことなど書きます。ちなみに、私はバンプオブチキンについての”隠れたエピソード”などは、持ち合わせておりません。よろしくお願いいたします。

まずは『ギルド』から。

BUMP OF CHICKEN『ギルド』歌詞解釈!


(作詞:藤原基央 / 作曲:藤原基央 / 唄:BUMP OF CHICKEN)

いつも口ずさんでいる曲。
そのくせ、歌詞は未だにうろ覚え。

『ギルド』は、出だしの「人間という仕事を与えられて どれくらいだ」が強烈です。

1フレーズ歌うだけで「コーヒー1/2杯分くらいのリラックス効果」がありそうな歌詞。ちなみに、私は紅茶派です。

帰り道、風呂など、1日の終わりに歌いたくなる生活密着型ソング。

『ギルド』冒頭から後ろで小さく鳴っているツルハシ?の一定リズムが心地よく、高音域で刻む金属音の面白さ。ドラムのシンプルなリズムと、アップストロークが印象的なギターのリズムが混ざって更に良い。

タイトルの『ギルド』や、歌詞の「仕事」で考えると、「退屈(シンプル)な作業を、重ね・繰り返すことで日常、社会ができている。それを土台とし、自由な楽器演奏が加わって美しく豊かな曲に」みたいな妄想もできます。

”ギリギリ聴こえる”金属音、バンプお得意の”重ねギター”、ボーカルも重ねてますよね(ディレイ)。音に包まれ癒されます。

歌詞は「生きることを”仕事”と捉えていた自分がクビになって、怯えながらも”沢山の眩しさ”と向き合って・・」というストーリーでしょうか。

歌詞の「仕事でしかなくなっていた」から、「仕事=相応しい給料を貰うことが目的、奪われたり奪い取ったり」のようなマイナスのイメージ。”繰り返す”ことで、少しずつ忘れた。

実際には「仕事ではない」ので「休みをください」と言う相手はいない。人間を休む=社会からの逸脱?「悲しいんじゃなくて 疲れただけ」。集団生活に疲れ、仕事(美しいだけの自分が許されない関係)を繰り返して感情も鈍く(忘れた)?

汚れちゃったのはどっちだ 世界か自分の方か」。”自分”と”世界”の間で、奪われたり奪い取ったりを繰り返し、美しくなくなった。でも、「瞳は開けるべきなんだよ」。

奪われたり奪い取ったりを繰り返している、「気が狂う程まともな日常」(仕事、学校、社会、自然界)。でも、それを「”まとも”だと感じていない」ので気が狂う。もしくは「”まとも”だと受け入れている自分」の気が狂っている。

と、1番だけでもこれだけの要素があり、これを基にたくさん妄想ができそうです。文字通りに読むと「”まとも”な社会生活を送る中で、汚れちゃった色んなもの」について考えさせてくれそうな曲。

深読みすると違った見方もできる、懐の深い曲です。例えば「奪われたり奪ったり」を「人と人」ではなく、炭鉱のイメージから「人間と自然界(地球資源)」で考えると、「この世の真理、法則的なものに対する疑問」のようにも思えます。

妄想なら、「腹を空かせた抜け殻」が食べたいものが”愛”だとして、仕事を与えられる前(汚れていないとき?)は”愛(餌)”を無条件で貰えたが、”仕事でしかなくなって”からは、”奪われたり奪ったり”の中で獲得。それは気が狂う程だけど、”愛”は生きるために必要、まともな日常・・のような妄想にも耐えられます。笑

そして、相も変わらず言葉のセンスがすごい。2番の「逃げ込んだ檻 その隙間から引きずり出してやる」は、わけがわかりません。”檻”は閉じ込めて出られないようにするものなのに、自ら逃げ込む。そして、扉からではなく”隙間”から引きずり出す・・。

よくわからないのに、気持ち良い。「檻=学校、会社、窮屈な社会システム、外からの危害が加えられない牢獄、ギルド?」に逃げ込む。そして「隙間=正規の方法ではない、逸脱、脱出の痛み・危険?」から引きずり出す。

プラスとマイナスを絶妙に含んだ言葉選び。「愛されることに怯えて」いた自分?を強引に引きずり出すということでしょうか。愛する主体が”神”なら、「エデンの園で罪を犯し、神に怯え、労働を余儀なくされ・・」みたいな聖書物語妄想も。

「檻=ギルド(同業者組合)」と考えると、抜け出すことのリスクは半端じゃない。それでも引きずり出す、強い言葉です。

2番はじめの「人間という仕事をクビになって」は、1番と2番の歌詞から、「沢山の眩しさに向き合える良いきっかけ」のようなプラスイメージで捉えられます。ですが、”ギルド”という単語が出てくる世界観から「人間という”身分”をクビになって」、もしくは「汚れた、檻→罪を犯した→人間をクビになって罪人に」と捉えても、”呼吸が続く、その姿、汚れた”と合わせて、違った世界観がみえます。

「日常生活の疲れ」「生きる意味・活力」「人の業」「労働歌」「賛歌」・・いろんな角度で楽しめる、素晴らしい曲。

人形劇もあたたかい。

以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ