『ひだまりスケッチ』アニメ第11話に歌詞をつけてみた! 「まーるキャベツ」感想

クロッキー。

ひだまりスケッチ 第11話「まーるキャベツ」!

【あらすじ】

4月28日、午前6時30分、ひだまり荘201号室。

春の校外学習。
動物園へ。酔い止め対策はバッチリのゆの
バスに酔うガイド吉野屋先生。

みんなでワイワイ描いた後は、お弁当タイム。
宮子の弁当:キャベツ1玉+マヨ

ひだまり荘を懐かしむ吉野屋先生。
写真集300冊完売の謎。

11話のまとめ
校外学習→バス酔いガイド吉野屋→サングラスゆの→ゲロごっくん吉野屋先生→ヌーの大群を食べる沙英→サル芝居→逆おにぎりバクバク→恋するアザラシ→妄想カバクロッキー→キャベツ弁当宮子→行き倒れ吉野屋→衣装は全て手作り→コスプレではない→写真集300冊→広がる噂→永遠の17歳→感性は若々しく→吉野屋、そして伝説へ。

【感想】

動物以下の弁当を持参した宮子

4月ということで、ひだまり荘の住人同士(1年と2年)も、ぎこちない感じ(宮子を除く)。

11話にして明かされる事実、「吉野屋先生の衣装はコスプレではない」「写真集がある」。

吉野屋先生回だった。

好きな1枚↓

ひだまりスケッチ 第11話を作詞してみた!

さて、困った。
アレしか(思い浮かば)ない。

『吉野屋’17』(替え歌)

(※Aパート)
クロッキー モンキ 動物園(ごくっ)
逆立ちカバは 酔いやすい

かばんのなかみ 「えっキャベツ!?」(でも)
マヨで草食 模写モシャリ

(※Bパート)
黄金比率(守ってたって)
産休妄想(セクハラ・サンキュー)
残念美人(ギャップがいいの)
変態だけど art を teach

(※つなぎ)
吉野屋よしや 校長くるで
まともとちゃうな
へーんじん!

(※サビ)
まつっや すきっや なかっう よしや
よしっの やっ 好き っやから

吉野屋 好きって 言ってもいいの
よしっの やっ 好き っやから

(※アウトロ)
来年も 17歳
再来年も 17歳

イメージ:替え歌。ご存知『まりっか’17(セブンのティーン)』を意識して。
自己評価:不思議な満足感。言葉遊びには楽しさがある。ラップが流行る理由はこれか。

ありがとうございました。

関連コンテンツ