感動・泣ける歌! 曲の世界に浸りたい

メロディ、歌詞、歌声、思い出、過去、経験。歌はいつの世も、私たちに感動を与えてくれます。

じっくり聴きたい歌、紹介します。いつもどおり無駄話を混ぜつつ、ポップス、アニソン、ボカロなど、ゆっくり更新(下に追加)していく予定です。

心震わせる感動曲!

☆ハイブリッド レインボウ

ハイブリッド レインボウ
(作詞:SAWAO YAMANAKA / 作曲:SAWAO YAMANAKA / 唄:the pillows)


(Amazonリンクです)

※↓クリックでYouTubeにジャンプします(検索キーワード記入済)。

YouTubeで探す

the pillowsの名曲を、BUMP OF CHICKENがカバー。ピロウズはライブでの演奏、バンプはCDのカバーが素晴らしい。

歌詞もじわりと熱くなるものがあります。それをバンプらしく、優しくアコギで包み込む。曲中での心情の変化、歌詞と演奏が共に”力強く”なる流れ、サビの爆発するような叫び。

☆恋愛スピリッツ

恋愛スピリッツ
(作詞:橋本絵莉子 / 作曲:橋本絵莉子 / 唄:チャットモンチー)

YouTubeで探す

ピンポイントですが、「WASH THE LIVEHOUSE ’09@Zepp Tokyo」で演奏された『恋愛スピリッツ』が、ただならぬパワーで驚き感動しました。

(Amazonリンクです)

はじめのフィードバック(ハウリング)で、鳥肌。逆光の中、かきならすレスポール。彼女の歌、スピリッツ。かっこいいです。

☆Moon River

Moon River
(作詞:Johnny Mercer / 作曲:Henry Mancini )

MOON RIVER ANDREA MOTIS, JOAN CHAMORRO , JOSEP TRAVER

(動画:Joan Chamorroさん)
動画で歌っているのは、個人的にドハマリしているAndrea Motis。映画『ティファニーで朝食を』は、お面を万引きするシーンくらいしか覚えていませんが、曲は最高。

夜に聴きたい、弾きたい曲。静かに歌いたい歌。

☆時代

時代
(作詞:中島みゆき / 作曲:中島みゆき / 唄:中島みゆき)

中島みゆきさんの歌。動画は、冨田麗香さん。

冨田麗香 「時代」 高円寺路上ライブ

(動画:冨田麗香さん)
湯上りに縁側でくつろぐかのごとく、閉まったシャッターの前に腰掛けて。

人もまばらになった商店街。通り過ぎる人、足を止めて拍手を送る人。子供をおんぶして、バックでフレームインするおばちゃん。一度通りすぎたはずなのに、投げ銭するために戻ってきて、また小走りで去っていくおっちゃん。

優しくゆったり刻むリズム。路上の音。ありえない高架下リバーブ。徐々に大きくなる、どこか懐かしい歌声。

路上で思いっきり歌うことが出来る。足を止めて演奏を聴くことができる。今私たちが生きている時代。

ポエムっぽい(笑)。
本当に素敵な動画です。

☆世情

世情
(作詞:中島みゆき / 作曲:中島みゆき / 唄:中島みゆき)

中島みゆき、つながりで。

YouTubeで探す

バレエティで幾度と再現された、あのシーン。金八先生、レンタルで観ました。第1シリーズの”ハクい”山田麗子が大好きでした。そして、第2シリーズの腐ったミカン。

今のテレビでは踏み込めなさそうな話も取り上げ、やらなくても良さそうな思想的主張もしっかり盛り込まれて・・。「官憲横暴」。笑

ベトナム戦争、文化大革命、学生運動、オイルショック、冷たい戦争。暗く、どこか虚しい歌だと感じます。

☆糸


(作詞:中島みゆき / 作曲:中島みゆき / 唄:中島みゆき)

中島みゆき、冨田麗香さんつながりで。

冨田麗香『糸(中島みゆき)』@桜木町 20140813

(動画:冨田麗香さん)
サビに入るまでのメロディ。階段を上がるように高音に達し、徐々に低くなるハードルを飛ぶように下がる(←わかりづらい)。聴いても、歌っても気持ち良い。

歌詞のおさまりも良く、縦糸を男性、横糸を女性に喩えている、流石の名曲。これが逆だと成り立たないんですね。

○蝶々結び

蝶々結び
(作詞:野田洋次郎 / 作曲:野田洋次郎 / 唄:Aimer)

糸、紐つながりで。

Aimer 『蝶々結び』 ※野田洋次郎(RADWIMPS)楽曲提供・プロデュース

最近知った曲です(←遅い)。作詞/作曲がRADWIMPSの野田洋次郎さん。歌がAimerさんです。

前回、興奮冷めやらぬまま歌詞の解釈を試みましたが、今再び聴いて、やはり良い歌です。

☆螢


(作詞:野田洋次郎 / 作曲:野田洋次郎 / 唄:RADWIMPS)

RADWIMPSつながりで。

YouTubeで探す

虫ソング。蛍にしろ、セミにしろ、短い命の生き物は、心の琴線に触れやすいのでしょうか。限られた時間の中でセミは鳴き、蛍は光る。

”光ってないとね 誰も僕を見ないんだよ”

自然界は残酷で、ある意味正しい。
火の鳥の羽。FF的にはフェニックスの尾で1体復活させることができ・・。

命を燃やして光る。光って消える、そのとき一番眩しかった星。流れ星のような蛍、悲しく美しい歌なのかもしれません。

☆ゼロ

ゼロ
(作詞:藤原基央 / 作曲:藤原基央 / 唄:BUMP OF CHICKEN)

FFから。

YouTubeで探す

何故、ゲームやアニメの楽曲で、こうも名曲が生まれるのか。『ファイナルファンタジー零式』の主題歌。

ゲーム的には(CV)沢城みゆきさんのサイスを主体に、(CV)小清水亜美さんのクイーンに癒され、真面目な(CV)杉田に笑いをこらえつつ(笑)、楽しめました。

神話と哲学、戦争に統治、特に世界史が好きな人にはおすすめしたい作品です。『ゼロ』は、皆さんにおすすめしたい曲です。

☆メリーとニコラウス

メリーとニコラウス
(作詞:buzzG / 作曲:buzzG / 唄:buzzG feat.初音ミク / 朗読:沢城みゆき )

沢城さんつながりで。

コンピレーション・アルバムの1曲。朗読は沢城みゆき。ボカロ文化を生み出した、クリエイターに発表の場を与えたニコ動は偉大です。

☆炉心融解

炉心融解
(作詞:kuma(alfred) / 作曲:iroha(sasaki) / 唄:iroha feat.鏡音リン)

ボカロの良さの一つ、”商業音楽では出せない(であろう)曲。ボカロブームに火がついた当時、暴力的で破滅的、憂鬱で暗い文学的な歌詞、テレビでは流れないような曲が競うように誕生し、ある意味で”ロックの最前線”はニコ動にありました。

ヘッドホンで聴くと、残響フレーズで闇に吸い込まれていくような、不思議と気持ち良い感覚。

☆ODDS&ENDS

ODDS&ENDS
(作詞:ryo / 作曲:ryo / 唄:初音ミク )

ryo(supercell) feat.初音ミク 『ODDS&ENDS』

supercellのryo。ボカロPとして一番出世したクリエイターかもしれません。二次元に愛を注ぐのは、ジャパニーズ・カルチャーです。

☆Tell Your World

Tell Your World
(作詞:kz / 作曲:kz / 唄:livetune feat.初音ミク)

livetune feat. 初音ミク 『Tell Your World』Music Video

「初音ミクが世界で人気!」などと言われて「大げさでしょ」と思っていたら、知り合いの女の子(外国人)が髪を青緑に染めていた衝撃。・・そこ真似する?

私を含め(漫画・アニメ好きの)日本人の感覚は、髪色に関して若干麻痺している気がしますが、ミクさんの青緑をリアルで見ると、インパクト大です。

☆My Dearest

My Dearest
(作詞:ryo / 作曲:ryo / 唄:supercell)

supercellの曲。動画の歌は向日葵さん。


(動画:向日葵さん)
”歌ってみた”マイリストが、火を吹きます!笑

向日葵さん。本当に良い感じで、音程が低いんです(※個人的な意見)。ふわっと素敵な声に、色っぽいしゃくり。声からわずかに漂う、サディスティックな香り。たまんない。

☆by your side

by your side
(作詞:小川大輝 / 作曲:小川大輝 / 唄:初音ミク)


(動画:月葉さん)
月葉さん。まず、初投稿の動画を見ていただきたい。人に歴史有り。歌はもちろん、時の流れに感動しました。

☆想像フォレスト

想像フォレスト
(作詞:じん(自然の敵P) / 作曲:じん(自然の敵P) / 唄:IA )


(動画:ありさん)
絵のことは全くわかりませんが、物語の世界がすっと入ってきます。オケ含め、プロい曲。

☆secret base 〜君がくれたもの〜

secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)
(作詞:町田紀彦 / 作曲:町田紀彦
/ 唄:本間芽衣子(茅野愛衣)、安城鳴子(戸松遥)、鶴見知利子(早見沙織))

YouTubeで探す

アニソン!(早い)。ZONEが歌っていた頃は、ガールズバンドがよくカバーしていました。

そして、テレビアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のEDで突然流れた”10 years after Ver.”。

余計な絵を足さない、アニメのED映像が綺麗。是非、めんまの体育座りを見ながら聴いてください。笑

☆memories

memories
(作詞:大槻真希 / 作曲:MORI JUNTA / 唄:大槻真希)

YouTubeで探す

ワンピースのエンディングといえば、この曲。立ち止まって振り返る歌詞。いつまでも忘れない曲。

ちなみに、ワンピースの個人的最強キャラは、斧手のモーガンです。

☆Underground River (ft.Raj Ramayya)

Underground River (ft.Raj Ramayya)
(作曲:Kevin Penkin)

YouTubeで探す

『メイドインアビス』第1話の挿入歌。
ここ最近で、一番震えたアニソン。

エレピが入ってきた時点でもうダメ。そして『メイドインアビス』怖い、深い(穴が)、最高。

☆金魚花火

金魚花火
(作詞:愛 / 作曲:愛 / 唄:大塚愛)

YouTubeで探す

思い出の邦楽とか。
大塚愛。可愛い系の曲が有名な彼女ですが、しっとり曲の世界観がすごい。メロディはもちろん、単語の選び方、並べ方のセンス。

金魚、花火、泳ぐ、この夏だけの命。
鳥肌立ちます。どことなく夏目友人帳っぽくもある。

☆ソラアイ

ソラアイ
(作詞:Kaori Mochida / 作曲:HIKARI / 唄:Every Little Thing)

YouTubeで探す

Every Little Thing。もっちーの癒し声。
聴くと思い出す、あの先輩(異性)。当時の部屋の雰囲気とか頭に浮かんで、歌は記憶と関係しているのでしょうか。

☆NAO

NAO
(作詞:Izumi Nakasone / 作曲:Izumi Nakasone / 唄:HY)

YouTubeで探す

HYの仲宗根泉(鍵盤)が力強く歌う、失恋曲。がしっとつかまれるのは、ラストのゴスペル調コーラス。

恋が成就したときは歌なんていらないですよね。きゃっきゃうふふしとけば良い、勝手に。しみるメロディが欲しいときってのは。

☆やさしさで溢れるように

やさしさで溢れるように
(作詞:Shinquo Ogura/Seiji Kameda /
作曲:Shinquo Ogura / 唄:JUJU)

JUJU。動画の歌は先ほどの月葉さん。
当時「そんなに・・」だった曲なんですけど、今聴いてみると・・。そういうのってありますよね。

☆愛のメロディー

愛のメロディー
(作詞:KOKIA / 作曲:KOKIA / 唄:KOKIA)

YouTubeで探す

KOKIA。
”泣ける”方の感動ではありません。歌に”圧倒”される方の感動。ライブ映像なんか、ほぼ宗教(褒め言葉)。

聴く者を震えさせる歌唱力と、美しいハーモニー、石の部屋で聴きたいメロディ。生で聴いたら召天するかもしれない。

BSマンガ夜話「のだめカンタービレ」回で、勝手にイメージしていたキャラを(良い意味で)裏切られ、ニヤニヤした記憶。

☆On My Own

On My Own
(作詞:英語版Herbert Kretzmer / 作曲:Claude-Michel Schönberg)
↓2012年映画版

YouTubeで探す

ヴィクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブル』を原作とするミュージカル、第2幕でエポニーヌが歌います。汚れた娘も恋心は美しい。作品を1ミリも知らずとも、つかまれます。歌詞の世界に浸ってください。原作も是非。

※ゆっくり更新中です。

ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ