ギター指板上のインターバル位置関係!

指板(フィンガーボード)上のインターバルが見えると、演奏の幅が広がります。コードも簡単に作れます。

指板の覚え方!(度数)

1度

1度から見ていきましょう。
もう、ただ覚えるだけです。

6弦から見たインターバル

【6弦と1弦】

6弦と1弦の音名は同じ(レギュラーチューニングの場合)。
6弦から見て1弦は、2オクターブ上の音。

【6弦と4弦】【3弦と1弦】

6弦から見て4弦は、1オクターブ上の音。
3弦→1弦も同じです。

2音同時に弾くのが、オクターブ奏法

注目すべきは、
6弦・4弦のフレットの開きは3フレットであるのに対して
3弦・1弦のフレットの開きは4フレットだという点。
3弦と2弦のズレのせいです。

【6弦と3弦】【4弦と1弦】

6弦から見て4弦は、1オクターブ上の音。
4弦→1弦も同じです。

ここも3弦と2弦のズレのせいで、
4弦・1弦のフレットの開きが3フレットと狭いです。
6弦・3弦のフレットの開きは4フレット

5弦から見たインターバル

【5弦と3弦】

オクターブです。

【5弦と2弦】

3弦と2弦を挟んでいるので、距離が短い。

4弦から見たインターバル

【4弦と2弦】

オクターブです。3弦と2弦を挟んでいるので、距離が長い。

【4弦と1弦】

3弦と2弦を挟んでいるので、距離が短い。

【1度まとめ】


↓※C=1とした場合。

1度は以上です。

3度


3度を見ていきましょう。

6弦から見たインターバル

【6弦と5弦】【4弦と3弦】

ルート(1度)から見た、長3度の位置。

【1弦と3弦】

ルートが高音にあるパターン。
1度でフレーズを弾いて、それに合わせて3度も一緒に動かしたりと、よく使います

1度に対して長3度と短3度を使い分ける練習は、指板の把握にもおすすめ。

例えば、
ならド・ミ・ソのⅠで、長3度
ならレ・ファ・ラのⅡmで、短3度ファ
といった具合。メジャーならM3、マイナーならm3です。

【6弦と3弦】

この弾き方もよく使います
コードを組み立てる上でも、覚えて損はありません。

5弦から見たインターバル

【5弦と4弦】【3弦と2弦】

3弦と2弦、半音ズレています。

【5弦と2弦】

同じく3弦と2弦で半音ズレています。

4弦から見たインターバル

【4弦と3弦】【2弦と1弦】

【4弦と1弦】

【2弦と4弦】

【3度まとめ】

↓※C=1とした場合。

短3度(m3)ならこんな感じ↓

5度


最後は、一気にいきます。

【5度まとめ】

↓※C=1とした場合。

これでトライアドの位置関係はバッチリ。残りの、2度、4度、6度、7度も含め、全パターン載せておきます。

全インターバルの位置関係

C=1とした場合。

【完全1度】

【短2度】

【長2度】

【短3度 or 増2度】

【長3度】

【完全4度】

【増4度 or 減5度】

【完全5度】

【増5度 or 短6度】

【長6度】

【短7度】

【長7度】

指板上のインターバル

今回は度数の紹介だけなので、ちょっと淡白な説明になってしまいました。次回も指板です!
ありがとうございました。

次回は>指板の覚え方!(ベース音を動かす)

スポンサーリンク
関連コンテンツ