ギターアンプの種類! 見た目と中身の違い

ギターアンプには、いくつかの種類があります。
違いと特徴を知って、最適な1台を選んでいきましょう。

アンプとは?

エレキギターなどで使用するアンプ。
ご存知の通り、”音を増幅・音色を加工”する目的で使用します。エレキギターから送られた電気信号を受け取り、アンプ内部で増幅・調整・加工を施して、スピーカーから音を出す仕組み。

音を増幅させる機能の他、音の加工によるエフェクト機能、細かい音の調整をするイコライジング機能など、最近では、小型アンプでも多くの機能が搭載されているモデルも増えてきました。

アンプの種類!(見た目)

ライブ会場やスタジオでよく見かけるスタック・タイプと、自宅練習用としても有名なコンボ・タイプを覚えればバッチリです。ラック式のアンプもありますが、とりあえず置いておきましょう。

【スタック・タイプ】


”二段積み”や”三段積み”のように、キャビネットの上にヘッドアンプを乗っけたスタイル。アンプと言ったら、このイメージの人も多いのではないでしょうか。

○ アンプヘッド

これが、”アンプ部分”です。キャビネットの上に乗っけて使うことが多いので、アンプヘッド(ヘッドアンプ)と呼びます。この中に、プリアンプパワーアンプが入っています。

・プリアンプ

プリアンプは、ギターなどから入力された信号を調整・増幅。ギターから入力された弱々しい信号を、パワーアンプに渡せるように”パワー”を与えます。

アンプに設置されたツマミを回して歪みを足したり、「Treble・Middle・Bass」をいじって音調(トーン)を調整するのもこの部分。ディレイなどのエフェクトをかける機能も、プリアンプに含めて考えてもいいと思います。

おまけ(センド/リターン)

さて、ディレイなどの空間系エフェクターを使用する時に、初めてその存在を知ることとなる”センド/リターン”端子。実はプリアンプと、次に紹介するパワーアンプとを繋ぐ端子。プリアンプとパワーアンプの間に、エフェクターなどを挟むときに使用します。


(Roland JC-120)

例えば、ディレイセンド/リターンに繋ぐ場合だと・・

プリアンプで”歪み”などを作る】

センド端子(プリアンプから出力)

ディレイをかける】

リターン端子(パワーアンプに入力)

パワーアンプでパワーアップ!】

が、アンプヘッド内で起きているのです。

・パワーアンプ

パワーアンプは、プリアンプで作った音を、増幅させる装置(回路)。「30w」や「100w」などのワット数(出力)は、アンプのレベルのこと。ここで増幅させた音を、最終的にキャビネット(スピーカー)を通して出力します。

おまけ(VOLUMEとMASTER)

スタジオなどにある大きなアンプを使うとき、

「音量調節するツマミが2つもあるやんけーー!」

と驚いたことがあるかと思います。
一種の通過儀礼です。笑

機種によって違いますが、基本的に”VOLUME”はGAINなどと一緒にクランチ系の歪み(ゲイン)作りに使用。”MASTER”最終的な音量の調整に使用します。

実際の内部構造はわかりませんが、私のイメージは、”VOLUME”はプリアンプの調整、”MASTER”はパワーアンプの調整という感じ(実際は違うかも)。

そもそも”歪み”というのは、アンプの”音量”を上げていくことで(音が潰れて)得られる効果なんですね。

○キャビネット(スピーカー)

この、いかにも大きな音が出そうな装置が、キャビネット(cabinet=外箱)です。中にスピーカーが入ってます。キャビネットは、プリアンプから受けた信号を実際に”音”として出力する役目を担います。

スピーカーなので、「キャビネットを使用せずに音を出す」という選択肢もあります。例えば、演奏会場の都合で「左右スピーカーから”のみ”音を出したい」場合、「アンプヘッド→ミキサー→左右スピーカー」という選択肢も、無いことはありません。ただ、”インピーダンス”という面倒臭い術式が使える能力者がいないと、機材が壊れる可能性も・・。

【コンボ・タイプ】


これです!これを紹介したかったんです!

コンボ・タイプは、プリアンプ・パワーアンプ・スピーカーが全て一体となったアンプ。”小型アンプ”の種類が豊富で、自宅練習用アンプには持ってこい!なのです。

最近だと、ここにデジタルに再現した音を足した、モデリングアンプが人気。マルチエフェクターのアンプ版みたいな感じです。

ギターとアンプをシールド1本でつないで、ジャンジャン弾いてみましょう。

アンプの種類!(中身)

アンプは中身(増幅回路)によって、大きくトランジスタアンプ真空管アンプの2種類に分けることができます。

また、アナログ回路デジタル回路という分け方もできます。デジタル回路にもトランジスタは使われていますし、最近はデジタル技術を使ったアンプが多いため、どこで線を引くかが問題です。個人的には、デジタルアンプ≒モデリング・アンプと単純に考えています。

【ソリッドステート(トランジスタ)】

ソリッドステートアンプ(トランジスタアンプ)は、増幅回路に”トランジスタ”を使用したアンプです。小型アンプの大部分がソリッドステートアンプで、特に”真空管アンプ”と記載されていない場合は、大体ソリッドと考えて良いでしょう。壊れにくく、メンテナンスもほぼ必要ありません。

サウンドは真空管に比べて、”冷たい音”と表現されることもあります。なんというか、”生感”が真空管に比べて薄いです。

真空管が緩やかに歪むのに対して、トランジスタは急激に歪みます。クランチの幅が狭いとも言えます。ただ、ギター自体の特徴を素直に表現し、比較的音作りもしやすい。そして何より小型アンプの種類が豊富なので、自宅練習用アンプとしてはおすすめです。

【真空管(チューブ)】


真空管アンプ(チューブアンプ)は、アンプの増幅回路に真空管を使用したアンプです。暖かく柔らかいサウンドが特徴と言われ、音圧があり、”歪み”が豊かな、古き良きアンプです。スタジオなどで実際に使用して、違いを確かめてみてください。

注意する点は、トランジスタに比べて、少ないワット数でも音量が稼げるということ。「トランジスタが15wで丁度良かったし、真空管も15wにしよ」と思ったら、「お、音でけぇー」となる可能性もあります。

一概にワット数で比較できませんが、大体「真空管は、トランジスタの半分のワット数でも、同程度の音量が出せる」というイメージで良いかと思います。

あと単純に、真空管の方が危険(感電しやすい)です。重量もあり、メンテナンスも必要。手間のかかる、愛着のわきやすいアンプとも言えるでしょう。

【モデリング・アンプ】

上の2つとは分類方法が異なりますが、最近の小型アンプ市場では、アンプの音をデジタルで再現したモデリング・アンプが人気です。

近年のマルチエフェクターの進化を見ればわかるように、モデリングのクオリティは、どんどん本物に近づいています。デジタル回路で再現できるため、小型アンプにピッタリ。PCと接続して音色をカスタマイズする機能で、より自由に。

アナログとデジタル。それぞれにメリットがあるので、上手く使い分けていきたいです。

練習用アンプを探している方は、自宅練習用アンプの選び方も是非。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ