ギターストラップの種類と選び方! 練習と本番用に分ける

ギターストラップは練習用本番用、私は分けて選んでいます。選ぶときに注目したいポイント、人気のストラップを紹介します。

ギターストラップの種類!

基本は、綿合成樹脂です。特に樹脂系は種類がいくつかありますが、有名なものだけ紹介します。

「種類とか選び方はいい。結局どれがいいんだ!?」という方は
おすすめのギターストラップ」へ。

○革(レザー)

「レザーは滑らない」と言われますが、重要なのは裏地です。実際に肩に当たる部分は革の内側。

革1枚ならいいですが、裏地が別の素材、怪しげな合皮(ほとんどの合皮は問題ありません)を選ぶ場合、目的に合ったものなのか確認してください。

また、モノによってはカスが服に付くこともありますが・・そのときはそのときです。

クリックでサイトへ

○綿(コットン)

使うと毛羽立ち、ホコリも付きやすいですが、私は大好きです。素肌に直接触れても優しい。夏に試してみてください。

革よりも滑ります。種類によりますが、合成樹脂よりは滑りません。なんというか、本当に自然なフィット感。

クリックでサイトへ

○合成樹脂

分類するとキリが無いので、ナイロン、ポリで始まる樹脂、その他日常では耳にしない合成樹脂は、全てここに含めます。

とにかくデザインが豊富なナイロンと、ERNIEBALLで有名なポリプロピレン。

滑りやすく強度が強いものが多いですが、ストラップピンに止める部分は(ほとんど)別素材。穴が広がるのは仕方が無いです。

クリックでサイトへ

ストラップの選び方!

私は練習用見せる用に分けて考えています。家での練習は肩に優しく、ライブなど人前で見せるときには、見た目重視で。

・肩への負担

昔は見せる用として、細い革のストラップを使っていました。相当肩に負担がかかります。特に細いストラップが気に入っている方は、家での練習用と分けた方が、無駄なストレスから開放されます。

・素材と滑り

素材によって滑りが変わりますが、大事なのは裏地です。店頭で選ぶ場合は、服の袖などを使ってスリスリとチェックしてみてください。裸で弾く人は感触も。

一般的に革(レザー)が最も滑りにくく、

(レザー) → 綿(コットン) → ナイロンポリ系

の順で、滑りがよくなります。
革は本当に滑らないです。Tシャツ1枚で激しく動くと、シャツごと持っていかれます。

・長さ

長さは何より重要です。「適切な長さに調整できるか」を必ず確認してください。

「よくわからない」という方は、(構え方を)参考にしたいギタリストの画像を検索、自分も同じ高さで構えてみる。その長さを基準に、前後どれくらい余裕があるかで考えてください。まだストラップが1本も無い方は、梱包用のビニールの紐などで(ギターが落下しないように)。

・デザインと色

色やデザインを選ぶ楽しみ。

私は「黒は1本持っておく」と決めています。柄の入ったストラップは差別化できますが、ギター本体より目立ってしまうと・・私はイヤ。単色なら、少なくとも悪目立ちすることはありません。このあたりは、ギター本体、(個人やバンド全体の)キャラ、演奏ジャンルなどに合わせて。

・穴の強度

ストップピンに引っ掛ける穴付近の素材がやわいと、穴が広がっていきます。分厚い革でもない限り、いつかは千切れます。そこは消耗品と割り切って、穴が千切れる前に交換してください。

針と糸で補修すると、ある程度持ちます。

・練習用

中が空洞のギターを除き、一般的な重さのエレキギターだと、最低でもストラップ幅5cm以上は欲しい。

幅5cmのストラップを使っている人がほとんどだと思いますが、負担がきついと感じる方は、練習用にもう少し幅が広いものを使ってみてください。

「本番用とできるだけ同じ感覚で弾きたい」という方は同じ素材。こだわりがなければ、安いので。

・本番用

ギター初心者の方であれば、「革以外も1本持っておく」ことをおすすめします。

立って弾く場合、腰あたりにギターを構えると、開放弦付近と12フレット以降を弾くときとでは、手首の角度が変わります。いろいろ試してみるためにも、滑るストラップを1本持っておいて損はありません。

おすすめのギターストラップ!

「このストラップが絶対良いよ!」とおすすめできるものは、正直ありません。滑り、感触、色、デザイン、長さと選ぶ基準が広い。

ただ、素材と長さが同じであれば、ピックや弦ほど演奏に影響するものでもありません。今回は、無難で安心という意味での”おすすめ”をいくつか紹介します。

★Ernie Ball

アーニーボール。
ポリプロピレン製で、伸びにくく滑りやすい。色のバリエーションも豊富。多くのギタリストに使用されてきた歴史、そして何より安い

BUMP OF CHICKENの藤原基央さんも、アーニーボールのストラップを使用しています。画像検索してみると、確かにロゴが写ってました。

クリックでサイトへ

★Live Line

ライブライン。
突き抜けた特徴はありませんが、デザインが豊富で、大体どこの楽器店にも置いてあります。

クリックでサイトへ

★Fender

こちらも定番。
定番すぎて、(柄が)よくかぶります。ある程度の厚さがあり、ストラップのかけ心地は良い

Fenderのロゴが、「気に入る」か「気になる」か、もしくは「気にしない」かです。

クリックでサイトへ

★Levy’s

レビース。
革(レザー)ストラップなら、一度は検討してみてください。コスパが良く、シンプルなデザインも良い。どんなギターにも合うので、1本あると便利です。

クリックでサイトへ

☆AIR CELL

デザインはともかく、肩にやさしい。
立ち練習が多い方は、是非一度。

ちなみに、私の最近のお気に入りはLIVE LINEの「LS1800BK」です。コットンとアクリルの合わせ技。黒以外は「LS2000C」の型番で、赤、白、茶、緑、グレーなど。

ストラップと一緒についてくるは、アコギのナット側に結びつけるときに使います。必要であれば、残しておいてください。

クリックでサイトへ

ギターが落ちる!

ピンからストラップが外れるのは、よくあること。そして、ギター本体からピンが外れるのも、よくあることです。ギター購入数ヶ月で外れることもありますし、十年以上外れない人も。

外れる瞬間は、本当に焦ります。私が最初に外れたときは、裂いた爪楊枝ボンドで穴を埋めました。笑

ホームセンターで穴を埋めるやつを買っても良いですが、1度目なら、爪楊枝か割り箸なんかを裂いてつめとけば、結構もちます。ネジ穴を作らないと意味が無いので、ボンドが乾いてからネジ止めしてください。

ストラップピンがギター本体から外れた場合、穴を埋めるしかありません。しかし、「ストラップがピンから外れる」という問題は、未然に防ぐ方法があります。

ストラップロック

ストラップを、ピンから外れないようにするアイテム。ストラップロックという呼び方が一般的でしょうか。いくつか紹介します。

●ピンの上から装着するタイプ

ストラップが外れないように、上から装着します。

プラスチック製とゴム製が一般的ですが、ピンに傷がつかないゴム製をおすすめします。

クリックでサイトへ

●ピンごと取り替えるタイプ

ロックピン。ストラップピンごと、取り替えます。ピン部分とロック部分に分かれ、ドッキングして完成。

最初の取り付けが少々手間ですが、安心感はすごいです。

クリックでサイトへ

以上です。
ありがとうございました。

ギター以外に必要なものに>移動

スポンサーリンク
関連コンテンツ