ギターピックの種類! 100枚から導き出したおすすめの1枚

これまで100種類以上のピックを試してきた私が、ピックの種類、選び方、おすすめのピックを紹介します。

100種類以上・・バカみてぇ。笑
まず、「ピックを変えたからって、上手くなるわけではない」です。ただ、ピックが合っていないと「上達速度が下がる」可能性はあります。

ピックの種類!

ギターのピックは、形状・サイズ、素材、厚みの組み合わせによって、さまざまな種類が存在します。

「種類とか知ってるから。おすすめはどれなの!?」という方は
おすすめのピック」へ。

一般的な形状

一般的な形状は、以下の4つ。
この形で納得いかなければ、既製品で探すか、自分で削り出すことになります。かつて、下敷きを削って作った友人がいましたが、次の日には普通のピックを使っていました。

★ティアドロップ型

ティアドロップ。
涙のような形、おしゃれ。

ギターのピックと言えばこの形。汎用性が高く、あらゆるプレイに使えます。色や素材、厚みの種類も豊富。1枚持っておいて損は無いですし、購入せずとも何かの拍子に手に入ることも(おまけ・もらい物など)。

クリックでサイトへ
ティアドロップの使い心地

ポイントは、サイズです。一般的なティアドロップのサイズは、親指の腹(指紋がある部分)が全て隠れるくらいの面積。それを「丁度いい」と感じるか「少し大きい」と感じるかで、評価がわかれます。

握る位置によっては、親指を内側に曲げたとき”若干引っかかる”ことがあり、「少し違和感がある」と感じる人も。

ただ、親指の腹でしっかりと押さえられるので、ホールド感は抜群。単音弾きにアルペジオ、コードストロークからカッティング、ほとんどのプレイに使えます。

★おにぎり(トライアングル)型

おにぎり型。
角が3つあるので、全ての角が丸くなるまで使えます。全て削れた後には円形ピックとしても使えますが、薄いものだとその前に割れます。

握れる面積が広いのでズレにくく、コードジャカジャカに向いています。

クリックでサイトへ
おにぎり型の使い心地

辺が丸くカーブしているものをおすすめします。演奏中に中指でクルっと回して丸い部分でピッキングすると、ものすごくやわらかい音色が。

アコギのコードジャカジャカで使うなら、まずは薄いモノから。ピックが弦にハジかれてしまう心配も少なく、気持ちよくストロークできます。ただ、薄いのですぐ削れて割れます。あと、ペチペチと小さな音も。

★ジャズ型

ジャズピック。
だいたい先端が尖っています。一般的に、ティアドロップより小さめのサイズ(高さが短い)です。1.0mm前後、もしくはそれ以上が、ジャズピックのポテンシャルを生かせる厚さだと思います。単音が弾きやすいので、速弾きやアルペジオにおすすめ。

反面、サイズが小さいとハジき飛ばされる確率も上がり、コードストロークでは技術が必要です。

クリックでサイトへ
ジャズ型の使い心地

ティアドロップよりも小さい(短い)サイズが一般的。この小ささが「指に馴染む」と感じるのか「小さすぎる」と感じるかです。

親指の腹が少しはみ出すサイズで、どの角度で弾いても指の一部として馴染むようで、気に入っています。

アコギのコードジャカジャカ弾きや、1曲のほとんどがコードジャカジャカの曲では使いにくいですが、ティアドロップの次にオールマイティなピックだと感じます。

★サムピック

サムピックは、親指にはめて使用します。主に指弾きで使用しますが、何もつけずに親指で弾くときと感覚が違い、慣れが必要です。

ピックなので、親指に比べてはっきりとしたアタック音が出ます。

クリックでサイトへ
サムピックの使い心地

主にアコギで使います。そもそも上の3つとは用途が異なり、”親指(爪)の代理”として使用します。慣れると便利。

親指に何もつけずに弾くと、親指が丸まるフォームになりがち。指の独立から考えると、親指を伸ばせるサムピックを使う方が、良いのかもしれません。

ベースラインが独立したフレーズ、特に6弦と5弦をいったりきたりするフレーズは、「サムピックでないと難しい」と感じることがあります。アコギをよく弾く方は、是非練習してみてください。

その他形状

☆円形

円形ピック。
角が無いのでやわらかなサウンド。購入する前に、一度コイン(硬貨)で試してみてください。

クリックでサイトへ

☆その他

「ホームベース型」や「多角形」。「ハート」や「変な形」、その他にもいろんなピックが存在するようです。

ピックの厚み

サウンドハウスで見ると、

0.5mm以下 Thin(薄い、やわらかい)

0.7mm前後 Midium(中くらい、普通)

1.0mm以上 Hard / Heavy(硬い、厚い)

とのこと。
エレキギターの演奏が主な方は、Midium、Hardの両方。アコギでコードジャカジャカされる方は、おにぎり型とティアドロップのThinも試してみてください。

ピックは薄ければ薄いほど、早く削れます。

ピックの素材

素材厚みで、硬さ(やわらかさ)、しなりが決まります。言葉での説明が難しいのと、「名前が違っても元の素材は一緒」というケースも結構あり、(私では)区別がつかないので名前だけのせておきます。

素材ごとのおすすめピックも載せました。
是非手にとって、試してみてください。

○セルロイド

・Fender Medium

○ナイロン

・Jim Dunlop Jazz III

○ポリアセタール

・FERNANDES スプリ-ム・ピック・シリ-ズ

○デルリン(ポリアセタール)

・Jim Dunlop Delrin

○ジュラコン(ポリアセタール)

・AriaProII HYPER TOUCH

○トーテックス

・Jim Dunlop Tortex

○ウルテム

・Clayton ULTEM

○金属系

・Big-West Creation

○その他
・べっ甲
・アクリル
・牛骨
・ゴム
etc…

おすすめのギターピック!

形状別に、おすすめのピックを紹介します。
サムピックは、指のサイズや好みの爪に幅があるので省略しました。

●ティアドロップ型

FERNANDES Heavy


FERNANDESのティアドロップ。
安心します。

変な特徴もありません。ミディアム、ヘビーあたりがしっくりきます。

クリックでサイトへ

Fender Medium


一人勝ち。
Fenderのミディアム。

セルロイドでティアドロップといったらこれ。ポイントは、「製造中止になる可能性が少ない」こと。慣れたピックを使いたいので、結構重要です。

クリックでサイトへ

Jim Dunlop Tortex Wedge


薄めのティアドロップなら、Jim DunlopのTortex。

すべりにくいサラサラとした質感がいいのですが、”色つき”よりも若干滑らかに感じる”白”が好きです。

クリックでサイトへ

●おにぎり(トライアングル)型

厚めのおにぎり型はどれでも良いと思いますので、省きます。

Fender Medium


たまに使います。

メインがコードジャカジャカで、たまにアルペジオ、僅かな単音弾きが出てくる曲の場合、丁度良いやわらかさです。

クリックでサイトへ

Clayton ULTEM


コードジャカジャカ弾きなら、まずはこのピックから試してみてください。「ピックが弦に負ける」ので、引っかかってつまることがありません。厚さは0.38mm0.45mmあたり。

薄いのですぐに削れますが、おにぎり型は角が3つあるので、お得です。ただ、削れる前に割れることもあります。笑

クリックでサイトへ

●ジャズ型

Jim Dunlop Jazz III


Jim DunlopのJazz III。
ジャズ・ピックで厚めならコレ。

赤と黒、サイズはXLもありますが、ジャズ・ピックは小さい(XLではない)サイズをおすすめします。

クリックでサイトへ

Jim Dunlop Tortex Jazz


ジャズ型なら、色つきのTortexが使いやすい。1.14mmを気に入って使っていますが、1.0mmも良い感じ。

クリックでサイトへ

AriaProII HYPER TOUCH Jazz


HYPER TOUCHの1.00mm
最近のレギュラーピックです。ジャズ型はいろいろ試してきましたが、1.0mmはこれに落ち着きました。

感触が好きで、指の一部のよう。

クリックでサイトへ

最後に!

ピック選び、苦労します。
特にスランプ、伸び悩んでいるときは「こ、このピックが悪いんだ!」と当たってしまいがち。

あと、アコギの場合、厚めのおにぎり型があると便利です。

アコギあるあるの一つ。「皆で何か歌うから、伴奏でアコギ弾いてよ」という状況。例えば、何らかのコミュニティで歌を歌うとき。ピアノを使うほど本格的ではない、屋外で集まってちょっと歌う場合。

マイク(もしくはピックアップ+アンプ)が用意できないと、アコギ一本で伴奏の音量をまかなわなければいけません。

アルペジオでポロポロなんて許されるはずがなく、コードジャカジャカの一択。ある程度厚く、大きなピックで、「弦がキレるのではないか・・」と震えながら、激しいストロークをすることに。

路上ライブを見て、「そんなに力強くアコギかき鳴らさなくてもいいのに・・」と思った経験がある方は、外(音が反響しない場所)、マイク(アンプ)なしで、どれだけの音量を出せるのか是非試してみてください。

エレキ・アコギを問わず、どのピックにしようか悩んでいる方は、形状、厚さ、素材の違うピックを10枚くらい購入して、比べてみてください。サウンドハウスだと、1枚単位で購入できます。

・ティアドロップの1.0mm前後
・ティアドロップの1.0mm以下(好みの薄さ)
・おにぎり型の0.5mm前後
・おにぎり型の0.7mm前後
・おにぎり型の1.0mm前後
・ジャズ型の1.0mm前後

の6枚くらいあると、普通のプレイで困ることはありません。おにぎり型だけ3種と多いのは、アコギを想定しているからです。迷う方は、↑に書いた「おすすめのピック」も参考にしてください。

ありがとうございました。

ギター以外に必要なものに>移動

スポンサーリンク
関連コンテンツ