おすすめのストラトキャスター用ピックアップ! 人気のヴィンテージ・トーン、ノイズレスなど

ストラトキャスター用ピックアップ、まとめました。

ピックアップの選び方!

ストラトキャスターは、フロントPU、センターPU、リアPUの3つとも同じシングルコイルピックアップを搭載しています。もちろん、(本家フェンダーを含め)それぞれ巻き数が異なるPUを搭載していたり、一部をハムバッカーに変えてあったりと例外はたくさんあります。が、3つとも同じで問題はありません。

交換の際は、気になる箇所だけ交換するか、3つすべて交換。3つともバラバラのメーカーを搭載することもできるので、楽しみ方もさまざまです。

さて、ピックアップは最終的に自身のギターに付けてみるまでわかりません。もっと言うと、アンプとの相性(セッティング、出力、歪み、etc…)もあります。

マグネットに出力、トーンチャートなど、比較方法はありますが・・やはり、のせてみないとわかりません。

「このピックアップはパワーがありますよぉ!」みたいな売り文句が書いてあったとして、実際に弾いてみると「思ったとおりの歪みにならねぇじゃねぇか!」となる可能性もあります。

ピックアップの世界は深すぎるので、周りのギタリストやお店の人に意見を聞くか、ネットなどで世界中の人(Bill Lawrenceなど)の意見を参考に、選んでみてください。

ただ、こう書くとあまりにも無責任なので・・一つだけポイントを。ずばり、「自分の中で基準となるピックアップを見つける」です。私の場合、シングルコイルはダンカンを基準にしています。ネットで情報を調べるときは「ダンカンと比べてどうなのか?」を基準に探すと、”なんとなく”ですが音のイメージがわきます。

まだ1つもピックアップを交換したことが無い方で、特に選ぶ基準が無い方は、とりあえず”有名なメーカーのもの”を一つ手に入れてみてください。するとお店でも「○○を使っているのですが、アレと比べてどんな感じですか?」と質問しやすい(答えやすい)。

個人的には、”飛びぬけた特徴のない、ハイパワーすぎないピックアップ”の方が、アンプやエフェクターできれいに味付けでき、汎用性が高くて好きです。特定のジャンルをよく演奏するという方は、逆の意見かもしれません。

おすすめのストラトキャスター用ピックアップ!

3つとも同じPUで問題ないのですが、ノイズ対策(ハムキャンセル効果)の為に、コイルが逆巻きのリバースモデル(センターRW・RP)をセンターに搭載する人もいます。具体的な配線などここでは紹介しませんので、音の変化(デメリット)も含めて興味のある方はGoogle先生に。

有名、人気のメーカー/ブランドをいくつか紹介して、最後にストラト本家、Fenderピックアップを紹介します。

Seymour Duncan(セイモア・ダンカン)

定番の人気ピックアップメーカーです。創業者はSeymour W. Duncan。ヴィンテージからモダンまで幅広いジャンルに対応しているので、探せばお気に入りの1基が見つかると思います。価格も手頃。「セイモアダンカン搭載!」のように、10万円超えの機種に採用されるケースも見かけます。

ピックアップから顔を出している棒(ポールピース)。高さが異なるStaggered(スタッガード)と、高さが一定のFlat(フラット)タイプがあります。

○SSL-1 / SSL-2

Vintage Staggered Strat SSL-1

(公式サイトで音を確認)

税抜6,000~7,500円程度(調査時)

ダンカンを代表する、人気ストラト用シングルコイル。50年代のストラトPUを再現。なめらかで輝きのある、ガラス質のベルトーン。歯切れの良い鮮明な高域に、明瞭な低域。

ポールピースに高さをつけたSSL-1 Vintage Staggered。SSL-1と同じコイルデザインでポールピースがフラットSSL-2 Vintage Flatは、指板Rがフラットなギターにおすすめです。
【参考スペック】
・マグネット:Alnico 5
・直流抵抗:6.5k
・Treble/Middle/Bass:9/3/5

クリックでサイトへ

○その他

まとめていくつか紹介します。

SSL-3

(公式サイトで音を確認)

高めの出力で、ミドルを強化。高域を若干削った、暖かくパンチのあるヴィンテージサウンド。リアPUを強化したい方にもおすすめです。

SSL-5/SSL-6

(公式サイトで音を確認)

トーンチャート的にはSSL-1より高出力で、SSL-3より中域が少なめ。ヴィンテージサウンドに、パワフルさをプラスしたモデル。SSL-6は、ポールピースがフラットなタイプ。

APS-1/APS-2

(公式サイトで音を確認)

SSL-1に比べて、甘くて丸い高域。全体的に柔らかい音で、クランチで弾くと心地よいヴィンテージ・サウンドを味わえます。APS-2は、ポールピースがフラットなタイプ。

SSL-4/SSL-7

(公式サイトで音を確認)

人気のモデル。直径1/4インチのロッド・マグネットを使用。伝統的なストラト用シングルコイルPUに比べて、2倍以上のパワーを持つモデル。ファットなサウンド、サスティーンが特徴。SSL-7は、ポールピースに高さの違いをつけた(スタッガード)タイプ。

STK-S4n/ STK-S4m/ STK-S4b

(公式サイトで音を確認)

ハムのようにコイルを横に並べるのではなく、上下2層にして、ノイズを軽減したスタックタイプ。暖かいヴィンテージトーン。

SL59-1n/ SL59-1b

(公式サイトで音を確認)

シングルコイルサイズのハムバッカー。全てのポールピースが調整可能。4芯リード線なので、タップスイッチを使用したシングル/ハムバッカーの切り替えも容易。

Seymour Duncanのピックアップ(ストラト用)

クリックでサイトへ

Lindy Fralin(リンディー・フレーリン)

ヴァージニア州リッチモンドに本社を置くリンディー・フレーリン。設立者のLindy Fralinと、(現時点で)10人の従業員で、ピックアップを製作しています。パーツには全てUSA製品を使い、組み立てから製品のテスト、最初から最後まで丁寧な手作業で行っています。世界的にも有名なメーカー。

手巻きでヴィンテージ・トーンを手に入れたい方におすすめです。

○Real 54’s

Real 54’s – Strat

(YouTubeで音を確認)

※セットで税抜32,000円程度(調査時)

1954年製のFenderストラトと、同じ磁石素材を使用したモデル。明るくガラスのような音、手巻きコイルによる本格的なヴィンテージトーンで人気です。

○その他

まとめていくつか紹介します。

Vintage Hot – Strat

(YouTubeで音を確認)

ヴィンテージサウンドで人気のモデル。低音から高音までバランスの取れた音で、幅広いジャンルに使用できます。

Blues Special – Strat

(YouTubeで音を確認)

厚みのある単音、心地よく歪む和音。Vintage Hotよりわずかに明るさを抑え、わずかに厚みが増した、人気のモデル。

Lindy Fralinのピックアップ(ストラト用)

クリックでサイトへ

Vanzandt(ヴァンザント)

テキサス州でピックアップ製作を行う、ハンドメイドピックアップメーカーです。ヴィンテージ系のサウンドで、”良い部分”を強調したサウンドが特徴。

○True Vintage

True Vintage

(YouTubeで音を確認)

税抜8,000円程度(調査時)

50年代のストラト・トーンを再現。有名ギタリストも愛用。キラキラと明るく明瞭なサウンド。丁度良い太さと、倍音。ストラトらしい音で人気です。

Vanzandtのピックアップ(ストラト用)

クリックでサイトへ

DiMarzio(ディマジオ)

定番のピックアップメーカー。創業者はLarry DiMarzio。他社ブランドのピックアップ製造も手掛け、ギタリストとの共同開発も有名です。

高出力のピックアップで、人気のイメージ。

○DP175

True Velvet DP175

(YouTubeで音を確認)

税抜6,500~7,200円程度(調査時)

ヴィンテージPUをただクリーンで明るくするだけでなく、甘さを追加。パワフルで明瞭なサウンド。フロントPUにDP175、センターPUにDP175S、リアPU用がDP176です。
【参考スペック】
・マグネット:Alnico 5
・直流抵抗:6.21k
・Treble/Middle/Bass:8.5/4.5/3.5

DiMarzioのピックアップ(ストラト用)

クリックでサイトへ

EMG

アメリカのピックアップメーカー。ピックアップ内にプリアンプを内蔵し、電気的に増幅させるアクティブ・ピックアップで有名です。出力に対して非常にノイズが少なく、サスティーンも特徴的。エレキを更にエレキにしたい方におすすめ。

○SA

SA

(公式で音を確認)

税抜9,300~14,000円程度(調査時)

ノイズの無い、アクティブシングルコイルピックアップ。ストラトらしい明るさを残し、暖かいミッド、アクティブらしいドライブが特徴。「S」がセラミック・マグネット、「SA」はアルニコ5・マグネットです。

EMGのピックアップ(ストラト用)

クリックでサイトへ

Fender(フェンダー)

ストラトキャスター本家。
”本物”のストラトサウンドが欲しい方、よりグレードアップさせたい方におすすめ。

○Custom Shop ’54 Stratocaster

Custom Shop ’54 Stratocaster

(YouTubeで音を確認)

※セットで税抜18,000~20,000円程度(調査時)

1954年のストラト・トーン。クリアで明るく、高音の抜けが良い。ストラトらしい音を求める方、カッティングプレイを多様する方にもおすすめです。
【参考スペック】
・マグネット:Alnico 5
・直流抵抗:Neck/Middle:5.9K Bridge:6.5K

○その他

まとめていくつか紹介します。

Gen 4 Noiseless Stratocaster

(YouTubeで音を確認)

ストラト用ノイズレスピックアップ。フェンダー・ヴィンテージサウンドをノイズレスで。クリアでパワーのあるサウンド。

Custom Shop Fat ’50s Stratocaster

(YouTubeで音を確認)

アメリカン・スタンダードに搭載されているモデル。1950年代ヴィンテージトーンの、低音を強調。現代の演奏にも十分耐えうる、パワーを持っています。

Pure Vintage ’59 Strat

(YouTubeで音を確認)

1959年ストラトのヴィンテージ・トーンと、パフォーマンスを再現。丸みのある暖かいトーンが特徴。

Fender Texas Special Strat

(YouTubeで音を確認)

アメリカン・スペシャルに搭載されているモデル。タイトな低音、パワーと暖かみのあるヴィンテージ・トーン。

Fenderのピックアップ(ストラト用)

クリックでサイトへ

配線材 / 交換方法など!

テレキャスター用ピックアップ!」にまとめています。基本的な配線の考え方は同じなので、参考にしてください。ピックアップ以外のパーツを交換される方は、当たり前ですがストラトに適した部品を。

よくわからなければ、グーグルで【ストラトキャスター 配線】(画像)で検索してみてください。

以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ