クリーンがきれいな【VOX Pathfinder 10】! 歪みはアレだがコスパは最強

私の自宅練習用メインアンプとして使っている、VOXのPathfinder 10。衝撃を受けたクリーンと、ラクラクな使い心地。欲しい人にはたまらない1台です。

VOX Pathfinder 10!

VOXが誇る小型アンプ『Pathfinder 10』。
魅力は、値段だけではありません。
主な特徴は、

・クリーンのクオリティ。
・丁度良いワット数。
・設定の手軽さ。
・エフェクトのノリ。

あと、やはりコストパフォーマンス。

クリーンの透明感

まず鳴らして感動するのが、クリーンの透明感。もちろん大型アンプにはかないませんが、アンプとの距離1mで得られる感動としては、他になかなか見つかりません。というより、このクリーン目当てで(私は)購入しました。

丁度いいワット数(10w)

10wという出力数が、丁度いい。モノにもよりますが、30w程度の小型アンプだと、自宅で思いっきりツマミを回すことができません。広い家で思いっきり音を出せる方なら問題ないでしょうが、そういう環境であれば、コンボではなくスタックを使いたい・・。

自分の部屋で夜も鳴らすとなると、10w程度の出力が満足のいく音で鳴ってくれるのではないでしょうか。

オーバードライブ

「マーシャルみたいな歪みが欲しい!」という方は、マーシャル・アンプを使ったほうが良いです。マーシャルの15wアンプでも、大型アンプと似たような歪が得られます。

「メインの歪として使いたい!」と考えるのであれば、Pathfinder 10はあまり期待できません。ただし、私のように”クランチ”を多様するギタリストにとっては、ちょうどいい歪みなんです。

結構回さないと歪まないので、クランチの幅が広いとも言えます。ツマミが少ない(ミドルが無い)ので、音作りの選択肢が狭まり、無意味な時間をかけなくてすみます。そして、諦めもつきます。笑

音作りは、「このアンプの性能は、もっと引き出せるはず!(コントロールノブいじいじ)」とやってる時間が、結構もったいないんです。

歪が欲しいときは、エフェクターをポンと繋いでしまえば大体なんとかなります。あくまで自宅練習。クリーンに雑味が無いので、エフェクトの乗りも良いように感じます。

コストパフォーマンス

「歪はエフェクターで作る!」という方には、コストパフォーマンスの面でもめちゃくちゃおすすめです。

私の場合、他にもいくつかアンプがあるので、「この1台でなんとかしたい!」と思って購入したわけではありません。「この1台でじゃんじゃん歪ませたい!」という方にはおすすめしませんが、「クリーンとクランチを楽しみたい」と言う方には、文句なしにおすすめです。

Pathfinder10の機能など

クリックでサイトへ
特徴!VOX Pathfinder 10
価格:税抜5,500円~6,000円程度(調査時)
出力:10w
重量:4.8kg
サイズ:幅 380mm / 高さ 260mm / 奥行き 170mm
コントロール&機能:【コントロール/スイッチ】
ボリューム/ゲイン/ベース/トレブル
クリーン/オーバードライブスイッチ、電源スイッチ
その他:・クリーンがきれい。
・価格が安い。
・初心者用アンプとして圧倒的人気。
・コンパクト&軽量
・ヘッドフォン/ライン・アウトを装備。

動画はMann’s Musicさんの『VOX Pathfinder 10 Demo Video』

VOX Pathfinder 10 Demo Video

VOX Pathfinder 10 Demo Video

以上です!
ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ