おすすめのギター用チューナー! クリップ式が手軽

家で使用するなら、クリップ・チューナーがおすすめ。理由の一つはチューニングするまでの”早さ”。もう一つは”精度”です。機能と価格の面からも見ていきます。

チューナーとは?

「チューナーはもう知ってる。結局どれがいいの!?」という方は
おすすめのクリップ式チューナー」へ。

さて、チューナーは、楽器をチューニング(調律)するための道具です。例えば、”ギター初心者セット”などについてくるチューナーは、↓のようなモノが一般的だと思います。

このタイプ(カード型チューナー)は、シールドで楽器本体と繋いでチューニング。内蔵マイクを使用して音(空気振動)を拾い、チューニングすることもできます。

シールドを通したときの音程は正確に測れるのですが、内蔵マイクのチューニング性能は、クリップ式チューナーと比べると劣る場合が多い(私の意見です)。

この性能の差は「マイクの性能がどうのこうの」ということではなく、音程を測る仕組み自体が、クリップ式チューナーと異なっているからなのです。

クリップ式チューナーの特徴

音程の測定方法。
クリップ式チューナーは、楽器に直接取り付けてチューニングします。

クリップ式チューナーは、楽器に直接取りつけて楽器自体の振動数を測ります。マイク式チューナーと比べて、周りの音に左右されにくい。シールドを使わないチューニング方法では、ダントツに精度が高いのです。

楽器自体の振動数を測る方式(Piezo式)なので、ライブハウスやスタジオなど、他の楽器が鳴っている状況だと、正確に測れないこともあります。スタジオなどでアンプから音を出すと、ドラムの「スネアヘッド(叩く部分)」が「さわさわさわー」と震え出します。

この共振についてですが、デジマートさんの実験動画で『【デジマート地下実験室】スカートが揺れるほどの爆音の中でクリップ・チューナーは機能するのか? 』という面白い企画を見つけましたので、参考にしてみてください。

【デジマート地下実験室】スカートが揺れるほどの爆音の中でクリップ・チューナーは機能するのか?

チューナーの違いと選ぶポイント

クリップ・チューナーは高いモノじゃなくて良いと考えています。選ぶポイントとして、

・壊れたころに、安くて性能のいいモノが出ている可能性が高い。
電子機器なので、機器として捉えた方が何かとお得。マルチエフェクターで考えてみると、つい10年前の製品と現在の製品を比べると、(同価格でも)スペックや音質が全く異なります。

高いお金を払うならペダル式チューナー(フロアチューナー)に使ってください。いずれライブで必要になるかもしれませんし、私ならペダル式チューナーに投資したいです。

・とりあえず「KORG」を買っておけば安心。
クリップ式チューナー市場を見ると、やはり「KORG(コルグ)」の製品が人気。特にギターだと、「〇〇ならこのメーカー」的な意識が強く、たとえ良い製品だとしても”売れなければ”開発は縮小していきますから、独り勝ちになりやすい。特にこだわりが無ければ「KORG」が熱いと思います。

・起動速度。
チューナーの起動後、音を拾ってメーターが反応するまでの早さです。1秒から2秒の差なのですが、遅いと結構イライラしてしまいがち。気にする方は、商品説明やレビューなどを参考にしてください。

・チューニング精度と反応速度。
そんなに差は無い(あっては困る)のですが一応。店頭で使用して確かめるのは難しいので、店員さんの意見や、ネットなら商品レビューを参考に。

・チューナーに求める機能。
チューナーに「何を求めるか」によります。「半音下げチューニング」はできるのか?細かい「周波数(440Hzなど)の変更」はどうか?など、自分が必要だと思う設定は、購入前に確認してみてください。

・つけたまま演奏したいのかどうか。
主にアコギで多いと思いますが、「(路上ライブなど)演奏本番中も、チューナーをギターに着けっぱなしにしたい!」場合、チューナーのグリップ力見た目の重要度が増してきます。当然、重いほど落ちやすくなりますし、アコギを大きく動かすプレイなら・・いや、それは着けないほうがいいです(笑)。最低限チューニングさえできればいいので、サイズが小さく目立たないものが良いかなと思います。練習用と分けるのもアリです。

・「見た目」と「見やすさ」
「見た目」は各自の好みで。カラーバリエーションが豊富な機種もあります。「見やすさ」は、”明るい場所””暗い場所”において見やすいのかどうかです。暗い場所は、バックライトがあれば大丈夫だと思うのですが、意外と”明るい場所”で見づらい製品があります。太陽の下だと「ゲームボーイの画面が見づらい」あれと一緒です。笑

おすすめのクリップ式チューナー!

おすすめのクリップ・チューナーを紹介していきます。

【KORG(コルグ)】

正直、KORG製品はどれもおすすめなので、あとは値段求める機能との兼ね合いです。今回は、現時点での値段順に紹介します。(※ギターに使用する前提で紹介させていただきますので、管楽器などの方は、適したモデルをお求めください。)

以下のリンクから「KORG クリップチューナー」の検索結果にジャンプします。

クリックでサイトへ

クリップチューナーに使用されている一般的なボタン電池は「コイン型リチウム電池(CR2032)」です。電池が切れるか、切れる寸前に取り替えてください。

クリックでサイトへ

KORG headtune(HT-G1,HT-G2)


(メイプル色がHT-G1、ローズウッド色がHT-G2)

クリックでサイトへ

ギターのヘッド部分をイメージしたデザインで、お手頃価格。「レギュラーチューニングさえできれば良い!」という方におすすめ。

特徴!KORG headtune
価格:税抜850円~1,000円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・軽量&コンパクト
・LEDが見やすい。
・電池寿命約35時間。
・オート・パワー・オフ機能。
・音律:12平均律(A4=440Hz)
・測定範囲:E2(82.41Hz)~E7(2637.02Hz)
KORG headtune イントロダクション・ムービー

※HT-B1はベース用、HT-U1はウクレレ用です。

KORG Pitch Clip

クリックでサイトへ

カラーバリエーションが豊富。機能はシンプルですが、価格もお手頃。Amazonでかなり人気でした。

特徴!KORG Pitch Clip
価格:税抜900円~1,000円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・軽量
・LEDは高コントラスト・高視野角。
・電池寿命約17時間。
・オート・パワー・オフ機能。
・スイッチ長押しでメーター表示が上下逆転。
・音律:12平均律(A4=440Hz)
・測定範囲:(サイン波) AO(27.50Hz)~ C8(4186Hz)
KORG pitchclip クリップ・オン・チューナー Official Introduction

KORG GripTune

クリックでサイトへ

他のクリップチューナーに比べてサイズが小さく、重さは13g。「ギター・ヘッドに付けっぱなしにしたいけど、目立たせたくない」という方におすすめ。ヘッドの裏に付けると、すっぽり隠れてしまいます。

特徴!KORG GripTune
価格:税抜1,100円~1,800円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・軽量(13g)、超小型。
・14~22mmの厚さのヘッドに装着可能。
・ヘッドの表側/裏側のどちらにもセット可能。
・電池寿命約17時間。
・オート・パワー・オフ機能。
・メーター表示を上下逆転するリバース機能。
・音律:12平均律(A4=440Hz)
・測定範囲:(サイン波) AO(27.50Hz)~ C8(4186Hz)
KORG GripTune Clip-On Tuner

KORG PitchHawk-G(AW-3G)


(※PitchHawk-G2もありますが、今回は紹介しません。)

クリックでサイトへ

現在使用中。可動範囲が広く、機能もまあまあ揃っています。起動してからメーターが反応するまでちょいと時間がかかる(3秒程度)ので、イラッとする方は注意してください。画面もやや暗いです。おすすめポイントとしては「ピッチを変更できる」ところ。miwaさんの曲『441』のように「A4=441Hz」でのチューニングも可能です。

私が今購入するなら、新しいシリーズ(AW-4G)を買うと思います(笑)。ただ、見た目は気に入ってます。

特徴!KORG PitchHawk-G(AW-3G)
価格:税抜1,300円~2,000円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・自由度の高い角度調節。
・ボタンを前面に配置した操作性。
・基準ピッチ範囲436~445Hz(1Hz単位)
・フラット・チューニング1~5半音(半音ステップ)
・カポタスト対応1~7半音(半音ステップ)
・電池寿命約8時間。
・オート・パワー・オフ機能。
・音律:12平均律
・測定範囲:(サイン波) AO(27.50Hz)~ C8(4186Hz)
Korg PitchHawk Clip-On Tuner: Don't get caught out-of-tune!

KORG PitchCrow-G(AW-4G)


AW-4G ブラック/ホワイト / バイオレット / インディゴ / ブルー / グリーン / イエロー / オレンジ / レッド / ピンク

さっきのAW-3Gの、新シリーズという理解で良いと思います。カラーバリエーションが豊富で、上の写真以外にも黒や白タイプもあります。従来モデルよりもサイズがコンパクトになり、クリップ部分も改良。電池寿命もアップしたようです。

クリックでサイトへ
特徴!KORG PitchCrow-G(AW-4G)
価格:税抜1,700円~2,000円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・自由度の高い角度調節。
・従来モデルよりも約20%小さい。
・高い視認性を誇るカラーLCDディスプレイ。
・1弦巻き過ぎ警告機能。
・超高精度チューニングが可能(±0.1セント)
・基準ピッチ範囲436~445Hz(1Hz単位)
・フラット・チューニング1~5半音(半音ステップ)
・カポタスト対応1~7半音(半音ステップ)
・電池寿命約24時間。
・オート・パワー・オフ機能。
・音律:12平均律
・測定範囲:(サイン波) AO(27.50Hz)~ C8(4186Hz)
The new PitchCrow Clip on tuner from Korg

KORG Sledgehammer(SH-G1)

クリックでサイトへ

演奏中に片手で操作できる、シャトル・スイッチが搭載されています。

特徴!KORG Sledgehammer(SH-G1)
価格:税抜2,000円~2,500円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・自由度の高い角度調節。
・高い視認性を誇るカラーLCDディスプレイ。
・片手で操作できるシャトル・スイッチ
・1弦巻き過ぎ警告機能。
・基準ピッチ範囲436~445Hz(1Hz単位)
・フラット・チューニング1~5半音(半音ステップ)
・カポタスト対応1~7半音(半音ステップ)
・電池寿命約8時間。
・オート・パワー・オフ機能。
・音律:12平均律
・測定範囲:(サイン波) AO(27.50Hz)~ C8(4186Hz)
Korg Sledgehammer and Sledgehammer Pro Clip-on Tuners

KORG Sledgehammer Pro(SH-PRO)

クリックでサイトへ

「3Dビジュアル・メーター」なるものを搭載し、光の立体表示による、高い視認性が特徴のようです。公式動画を見た感想としては、画面から伝わってくる”テクノロジー感”はすごいです。ただその機能、まあ、うん、必要・・なのかな?

特徴!KORG Sledgehammer Pro(SH-PRO)
価格:税抜2,800円~3,000円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・自由度の高い角度調節。
・光を立体表現する3Dビジュアル・メーター。
・3種類のメーター・ディスプレイ・モード。
・片手で操作できるシャトル・スイッチ
・超高精度チューニングが可能(±0.1セント)
・基準ピッチ範囲436~445Hz(1Hz単位)
・電池寿命約14時間。
・オート・パワー・オフ機能。
・音律:12平均律
・測定範囲:(サイン波) AO(27.50Hz)~ C8(4186Hz)
Korg Sledgehammer and Sledgehammer Pro Clip-on Tuners

KORG Sledgehammer Custom 100(SH-CS100)


SH-CS100 / ホワイト / レッド / ブルー

KORGクリップチューナーの最上位機種(現在)です。
「単4電池」の使用で連続駆動がなんと”約100時間”。カラーバリエーションも、上の写真の他に黒タイプもあります。

最強のチューニングを求める方は、検討してみてください。

クリックでサイトへ
特徴!KORG Sledgehammer Custom 100
価格:税抜3,800円~4,000円程度(調査時)
電池:単4形乾電池
その他:・自由度の高い角度調節。
・光を立体表現する3Dビジュアル・メーター。
・3種類のメーター・ディスプレイ・モード。
・片手で操作できるシャトル・スイッチ
・超高精度チューニングが可能(±0.1セント)
・基準ピッチ範囲436~445Hz(1Hz単位)
・電池寿命約100時間。
・音律:12平均律
・測定範囲:(サイン波) AO(27.50Hz)~ C8(4186Hz)
KORG Sledgehammer Custom 100: Ultra-high-precision clip-type tuner

【その他】

KORG以外の、人気クリップ・チューナーを紹介します。

Flanger FT-12C

クリックでサイトへ

この価格でこの機能!?とびっくりしてしまう商品。Amazonでの評価が高く、1,000円あたりで迷っているなら検討したい。

特徴!Flanger FT-12C
価格:税抜1,000円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・ボタンは2つだけのシンプル・デザイン。
・調弦タイプ:クロマチック/ギター/ベース/ヴァイオリン/ウクレレ
・ピッチ測定範囲:430Hz~450Hz(1Hz単位)
・移調範囲:C,F,B♭,E♭
・測定範囲:A0(27.5Hz)~C8(4186Hz)

YAMAHA YTC5

クリックでサイトへ

YAMAHAが手掛けるクリップ・チューナー。とにかく安い。シンプルなデザインで、操作や機能もシンプルです。

特徴!YAMAHA YTC5
価格:税抜1,000円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・調弦モード:CROMA/GUITAR/BASS/UKULELE
・オート・パワー・オフ機能。
・電池寿命約25時間。
・調律範囲:A0~C8
・ピッチ測定範囲:A4=440Hz

SNARK SN-5G

クリックでサイトへ

安価で高機能。反応速度が速い、そして精度。敏感過ぎず鈍感過ぎず、丁度良い感じで針が動くのでイライラしません。丸い形も特徴的ですね。

特徴!SNARK SN-5G
価格:税抜1,500円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・フェイス部が360°回転。
・2段階パワーセーブ機能。
・基準ピッチ:440Hz固定

Planet Waves NS Micro Headstock Tuner(PW-CT-12)

クリックでサイトへ

国内外のプロが使用していることでも知られています。サイズが小さく、ヘッドの裏に付けるとスッポリ隠れてしまうので、付けたままライブをしても目立ちません。その他機能も、充実しています。

特徴!Planet Waves PW-CT-12
価格:税抜1,800円~2,000円程度(調査時)
電池:コイン型リチウム電池(CR2032)
その他:・完全クロマチックチューナー。
・小型で目立たない。
・ビジュアルメトロノーム機能(20-270bpm)。
・キャリブレーション範囲:410hz-480hz
・オート・パワー・オフ機能。
D'Addario: Introducing the NS Micro Tuner

以上です。
ありがとうございました。

ギター以外に必要なものに>移動

スポンサーリンク
関連コンテンツ