ギターの各部名称と簡単な説明!

ギター雑誌なんかを見ていると「牛骨のサドルってなんだ?」と、いまいちピンとこないパーツ名が出てくることがあります。今回は、ギターを構成する部品(パーツ)の名前と機能を説明します。

部品交換のときなど、覚えておくと役立ちます。

エレキギター(エレキ)各部名称!

【ヘッド】

ギターの「頭」。ネックの先端部分です。ギターの種類によっていくつか形があり、ブランド名がプリントされているのも、この部分です。 

■ペグ

弦を巻き付ける部分。ストラトのように片側に全てペグが付いているものや、レスポールのように両サイドに3つずつ分かれて付いているものがあります。 

【ネック】

ヘッドとボディを繋ぐ、サオの部分。弾きやすさに大きく関わる部分で、ネックの太さや長さ、横幅(ナット幅)に形状、材質、塗装、肌ざわりなど、できたら購入時にチェックしたい部分です。

■スケール

長さは大きく
・ロングスケール(647.7mm)
・ミディアムスケール(628.65mm)
・ショートスケール(609.6mm)

の3つに分けられます。
詳しくはネックのスケールをご覧ください。

■シェイプ


(画像はFenderホームページより)

ネックの形状は、「Cシェイプ」や「Uシェイプ」など、太さもさまざまです。

■ナット

弦が横にズレないように、ナットには溝が掘られています。その溝に弦をはめて弦を支える仕組み。ナットとサドル(ブリッジ)の間の弦が振動するので、開放弦はここが支点となります。「牛骨」や「プラスチック」など、素材にも種類あり。

■指板

メイプル↓

ローズウッド↓

エボニー↓

指板(フィンガーボード)は、直接指が触れる部分。現在一般的な指板木材は、「メイプル」「ローズウッド」「エボニー」の3種類。

それぞれの特徴や違いについては指板の素材をご覧ください。

■フレット

指板にはめ込まれた金属の棒。押さえるフレットで、音の高さが決まります。ナット側から「1フレット、2フレット・・」のように数え、1フレットごとに半音ずつ上がります(ド、ド#、レ、レ#・・)。サイズや素材にも違いがあり、すり減ってきたら交換します。

■ポジションマーク

フレット数を目で確認しやすいように、指板に描かれたマークのことです。一般的に「3、5、7、9、12、15、17、19、21・・フレット」にあり、指板表面以外にネックの側面(ギターを構えたときに見える側)にも付いています。ポジションマークが無いギターも存在します。

【ボディ】

ギターの胴体部分。ボディに使用される木材によって、重さが変わります。アコギだと音色に関わる大切な部分ですが、エレキだとアコギほど音に影響はありません。木材は一般的に

・アッシュ
・アルダー
・バスウッド
・マホガニー
・ウォルナット
・メイプル

などが使用され、XJapanのhideのギターで有名な「アクリル材」のボディ、ボディが空洞のギターなんていうのもあります。

■ピックアップ

シングルコイル↓

ハムバッカー↓

エレキギターにおけるマイクの部分。ピックアップで拾った弦の振動を、アンプで増幅させて音を出します。音質や音色に大きく関わる部分なので、第一にこだわりたい部分でもあります。

ピックアップは大きく「シングルコイル」と「ハムバッカー」に分けられ、個人での交換・改造も一般的です。

それぞれの違いはシングルコイルとハムバッカーをご覧ください。

■ピックアップセレクター

多くのエレキギターには、2つ以上のピックアップが搭載されています。セレクター・スイッチを使用して、「フロントピックアップ」「ハーフトーン(フロント+リア)」「リアピックアップ」などの切り替えを行います。

■コントロールノブ

ピックアップで拾った音の音量(ボリューム)や音色(トーン)を調整します。トーンノブを回すと、高音が削られます。

ボリュームノブを使用した「ボリューム(バイオリン)奏法」なんていうのも存在します。

■ピックガード

ピックを使用する際、ボディに傷が付かないように取り付けられています。ボディを占める割合が大きく、見た目にも大きく関わる部分。色や柄、形のバリエーションもいくつかあります。

■ブリッジ

弦を固定、調整する部分。弦の振動をボディに伝え、ナットの反対側を支えています。弦が乗っかっている(支点となる)部品を自転車と同じくサドルと呼びます。また、ギブソン系のギターに搭載されている、弦の端を留めているあの部品はテールピースといいます。

サドルやブリッジを調整することで、弦高調整やオクターブチューニングを行います。

ストラトなど「トレモロアーム」が搭載されている機種では、アームを動かすことでビブラートなどをかけることができます。「ブリッジミュート奏法」のブリッジは、この部分のことです。
弦高調整とオクターブチューニング

■ジャック

シールド(ケーブル)を挿し込む部分。「ガリ」と呼ばれる接触不良による不具合が起きだしたら、メンテナンスや交換を検討してください。

■ストラップピン

ストラップを取り付けるためのピンです。演奏中にピンからストラップが外れることも多く、ストラップをロックするアイテムを搭載する人もいます。

アコースティックギター(アコギ)各部名称!

エレキギターと重複する
・ヘッド
・ペグ
・ナット
・ネック
・フレット
・指板
・ポジションマーク
・ボディ
・ピックガード
・ブリッジ
の説明は省略します。

【ボディ】

■サウンドホール

音が出る穴の部分。弦の振動でボディが共鳴し、その音がサウンドホールから外に出ます。円形の「ラウンドホール」以外に、楕円形の「オーバルホール」や、バイオリンでよく見られる「Fホール」など種類があります。

■サドル

エレキにもサドルはありますが、アコギの場合、弦高を調整したい場合はこのサドルを削って調整します。調整の際は、すでに取り付けられているものではなく、別にサドルを購入してから、やすりで削って交換・取り付けをおすすめします。

■ブリッジピン

弦の端を固定するためのピンです。アコギ弦の一端は「ポールエンド」と呼ばれる、輪っかの形状をしており、この輪っかをピンで押し込んで固定します。弦交換の際には、必ずポールエンドを少し曲げましょう。でないと、張力に耐え切れずにピンがはじき飛びます。
アコギの弦交換

以上です。
ありがとうございました。

部屋に>戻る

スポンサーリンク
関連コンテンツ