ギターの選び方! 初心者は”弾きやすさ”で

「よっしゃ、ギターはじめるぞ!まずはギター選びからだな」

ギター初心者の方のために、”最初の一本の選び方”について書きます。2本目、3本目をお探しの方も、是非参考にしてください。

ギターの選び方!

★「エレクトリック・ギター」と「アコースティック・ギター」

ギターは大きく、2種類に分けることができます。
「電気を使わないギター」と「電気を使うギター」です。

電気を使わない(ボディ内部で音を反響させる)方が、アコースティック・ギター。電気を使う方をエレクトリック・ギター(エレキギターもしくはエレキ)と呼びます。

左がアコギで、右がエレキ。

第一の選択は、エレキとアコギのどちらにするか。
「俺(私)は、同時に2本買うぜ!」という方は、是非そうしてください。

正直言って、ギターを続けていれば結局どちらも欲しくなるものなので、最初の一本は今すぐ弾きたい方を選んでください。

「うーん、そう言われても迷うなー」
という方。私が決めて良いのであれば、最初の一本は”エレキ”をおすすめしたい。

アコギの弦はエレキに比べて張力(テンション)が高く、弦を押さえるのが辛い。最初のうちは、コードを押さえる練習が多くなるので、張力は低い方が嬉しい。また、エレキの生音(アンプに繋がずに出した音)の方がアコギよりも圧倒的に小さいので、ご近所さんに優しく夜練習も安心。

「どっちにしようか迷う」という方は、エレキを。
ちなみに、私の最初の一本は”アコギ”でした。笑

バンプ・オブ・チキンの曲をアコギで弾きたかったので、迷わずアコギを手に。例にもれず、その後エレキも買いました。

★指板の素材

選ぶ際に気を付けたいポイントです。

まずは、ギター指板の木材。指板(フィンガーボード)は、演奏時に指が直接触れる部分です。素材によって、見た目はもちろんのこと肌触りも異なります。”音”は多少変わりますが、まずは見た目肌触りで選んでください。

ギターの演奏中、片手は必ず指板に触れているので、気に入ったものを選びましょう。

ギターに触ったことが無い方は、是非お店で触ってみてください。わざわざ店員さんを呼ばなくても、指板の感触だけなら立てかけてあるギターで確認できます。ギターを倒さないように、質感の違いを確かめてみてください。

指板に使用される木材は、一般的に『メイプル』『ローズ・ウッド』『エボニー』の3つ。

メイプル指板

白くてきれい。見た目で惹かれる人も多い指板。
メイプル指板の肌触りは、2パターンあります。一般的なツルツルと、つや消しのサラサラ。ツルツルが一般的ですが、つや消しサラサラもあり。

また、メイプル指板は弾き続けている内に、塗装がはげて黒く汚れていきます(塗装の種類や弾き方によりますが、数年で剥がれるようなものではありません)。

もちろん、塗装をし直せばいいだけなのですが、その汚れを「味があって良い!」と感じる人も。黒くなった指板を見て「俺はこんなに弾き倒したぜ」と歴史を感じられるかもしれません。※早く歴史を感じたい方は中古ギターにて。

アタック音がはっきりしているとか、パキンときらびやかな音がすると言われています。

ローズウッド指板

ローズウッド指板は、木!
塗装されていないので、木のぬくもりが指にダイレクトに伝わります。汗もある程度なら吸い取ってくれますが、吸った分だけ濡れるので、シャツと同じく濡れた部分は変色します。そして、シャツと同じく乾けば元通り。

色が元から黒いので、塗装はげのメイプル指板よりは汚れが目立ちにくいですが、塗装有りの(普通の)メイプル指板よりは目立ちます。オイルで拭いてみると、「こんなに汚れてたのか・・」と気がつくことも。

メイプルとの音の違いはデジマートさんの「メイプル指板とローズ指板でギターの音はどう変わるのか?」がわかりやすい。音で選ぶ際には「メイプルのアタック音が欲しいorいらない」で決めるといいでしょう。アタック以外はアンプのツマミでなんとでもなります。

ローズ指板の楽しみは、何と言ってもオイル磨き
クロスオイルで磨くだけで、良い香りがフワッと香ります。見た目もピカピカ!・・にはなりません(茶色のまま)。
↓は、私のお気に入り。


(Amazonリンクです)

磨きすぎには、気を付けましょう。

エボニー指板

エボニー指板。ジャズ・ギタリストがよく使っているイメージ。

高級な木材で、硬くて真っ黒。惹かれるものがあります。他の弦楽器の指板としても、使用されているそう。

音の立ち上がりが早くサスティーンもあり、メリハリのあるサウンドと言われていますが、同機種で弾き比べたことがないのでわかりません。メイプル、ローズウッドに比べて数が少ないので、お高めのギターに使用されています。

現在は供給量の減少で、「リッチライト」と呼ばれる人工素材で代替するメーカーも増えているとか。

★指板R

気にしてほしいポイント。
指板Rは、指板面の”カーブの度合い”のこと。カーブの緩い平らな指板、フェンダー社のようにカーブのきつい指板などさまざま。

指板RのRは、半径のr。
円の面積(S)=半径(r)×半径(r)×3.14(π)
の「r」です。

文字だけでは限界があるので、「『指板Rって?』 もっと自由に大きな音で!OZIMAS Guitar Atelierのブログ」の素晴らしい記事を参考に。

「最初の一本には、どのカーブがおすすめなのか?」と聞かれると・・私としては、指板Rの値よりも”ネックを握ったときのしっくり感”を基準に、選ぶことをおすすめします。

ギターに初めて触る方でも、5本くらい握ってみると「このネックがしっくりくるなぁ」と感じる一本があるはずです。

★ネックの横幅/形状(シェイプ)/フレットサイズ

”ネックの横幅(ナット幅)”と”ネックの形状(シェイプ)”は、ギターのモデルごとに大体決まっているので、チラっと確認する程度で構いません。

私を含め、手の小さい人は特に「ネックの横幅(ナット幅)が狭いと弾きやすくなる」と思いがち。ですが、話はそう単純ではなく、狭すぎると”弦落ち”といって、弾いている最中に弦が指板から落ちてしまいます。演奏においても、ネックの幅が狭いせいで弾きにくくなることも。

ただ、親指を使って握り込む弾き方は、ネックの幅が狭い(もしくは手が大きい)ことで成せる技。ある程度ギターが弾けるようになってから、最高の一本を探してください。

小学生でもギターを弾いています。最初から気にしすぎる必要はありません。

ネックの形状(シェイプ)は特に、握りやすさに影響します。ネックの裏側の形状ごとに「Cシェイプ」や「Uシェイプ」「Vシェイプ」など、いくつか種類があります。
104-01NeckShape.PNG
(画像はFenderホームページより)

フレットサイズは、フレット(金属の棒)の高さ太さ。これも個人の好みになります。「高いほうが押弦が楽」と一般的に言われており、”超人的な速弾き”を目指す方には重要なポイントかもしれません。フレット間をえぐる、スキャロップ加工を施した”変態的な”指板も存在します。気になる方は検索を。

低めのフレットでも、当然速弾きはできます。バイオリンをはじめ、いくつかの弦楽器はフレット無しで速弾きしています。最初の一本は、いろんな演奏技術を練習するので、高すぎないフレットがおすすめ。個人的にも低めのフレットが好きです。

指板・ネックだけでも選ぶ基準がいくつかあるのですが、”最初の一本”を選ぶにおいては、やはり”握ったときのしっくり感”を大切にしてください。

★ネックのスケール

ギターのネックの長さは、

ロングスケール(レギュラースケール)647.7mm
ストラトキャスター、テレキャスター、ジャズマスターなど。
ミディアムスケール628.65mm
レスポール、フライングV、SGなど。
ショートスケール609.6mm
ムスタング、ジャガーなど。

3種類

ドリンクのように「じゃあストラトのショートで」と選ぶことはできません。細かく選びたい方は、オーダーメイドをご利用ください。基本的には、ギターのモデルごとに一種類です。

3種類とも使用している私の感覚だと・・

ロングスケール

一般的な長さ。12フレット以降のハイポジションでは、フレットの間隔が広いため弾きやすく、長い分テンション(張力)もあるので、カッティングフレーズにはピッタリ。※ちなみにテンションは、弦の太さでなんとでもなります。

「ロングスケールは一番長い」と敬遠してしまう人は、「ベースの方が長い」と自分に言い聞かせましょう。笑

ミディアムスケール

最初に買ったエレキがミディアムだった・・はず。私的には安心する長さです。ローポジションでのコードが押さえやすい。

ですが、12フレット以降になるとフレットの間隔が若干狭くなり、ロングの方が弾きやすいと感じる方もいます。テンションはロングより緩くなるので、少し太めの弦を張ることも珍しくありません。

ショートスケール

なんというか・・慣れが必要。

特に手の小さい女性の方は気になるところだと思いますが、”短い”からといって、「めちゃくちゃ弾きやすい」ということでもありません。

ただ、フレット間隔が狭いだけあって、ローポジション(5フレット以下)のバレーコードは、押さえやすいかもしれません。一方で、15フレット以降のハイフレット間隔が狭くなるので、そこもチェックしたいところ。

指をおもいっきり広げる”ストレッチ・フィンガリング”は弾きやすく、ムスタングの愛用者Charが「これ(ショートスケール)でしか弾けないフレーズがある」的なことを、テレビか何かで言っていた記憶があります。

ちなみに、アコギ(阿漕)な楽器店だと「初心者の方はショートスケールが弾きやすいですよ~」などと言って、”売れ残り”のショートスケールギターを売りつけることも(※知人が被害に)。本当に心からショートスケールをすすめているのか、見極めてください。

初心者におすすめの長さ(スケール)は?

”最初の一本”を検討中の方は、そもそもまだ指が開かない状態だと思いますので、ネックのスケールは気にしすぎず、気に入ったギターを選んでください。

「それでも気になる!」という方には、ミディアムスケールをおすすめします。最初に練習するローコードが押さえやすく、ハイポジションも(フレットの間隔的に)問題なく弾けます。そして、ロングスケールへの持ち替えも違和感が少ない。

★ハイフレットの弾きやすさ

初心者の方こそ、意識して欲しいポイント。
今回は、15フレット以降を”ハイフレット”と呼ぶことにします。

実は、”ハイフレットが弾き辛い”ギターがあります。

ボディの片方をカットしている「シングルカッタウェイ」、両方カットしている「ダブルカッタウェイ」が存在するのですが、一般的に「ダブルカッタウェイの方がハイフレットを弾きやすい」と言われています。

ただし、絶対的な基準ではありません。機種による違いもあります。例えば、レスポールとテレキャスターは両方「シングルカッタウェイ」ですが、ハイポジションはテレキャスの方が弾きやすい。同じタイプでも、メーカーによってハイフレットが弾きやすい機種もあるので、ギターを選ぶ際に確認してみてください。

下の画像をみてください。
「レスポール」


「SG」


上の「レスポール」は、15フレット辺り(右から6個目の白いポジション・マーク)から、ネックの裏側が太くなっています。親指を後ろに回せないので、ハイフレットの演奏は大変そう(弾き方のコツはあります)。

対する「SG」は、ハイフレットも弾きやすそう。

このように、ギターによってハイフレットの弾きやすさに違いがあります。ただ、ニコニコ動画やYouTubeなどで演奏動画を見るとわかりますが、レスポールでもがんがんギターソロは弾けます。確かにハイフレットはきついですが、最初の一本は好きなギターを選びましょう。練習意欲の方が大切です!

★シングルコイルとハムバッカー

エレキギターは、「ピックアップ」と呼ばれる装置(マイク)で弦の振動を拾い、その振動をアンプなどで増幅させて音を出します。

ピックアップの種類は「シングルコイル」「ハムバッカー」の2つを押さえてください。

シングルコイル


主に「ストラト」や「テレキャス」など、フェンダー系のギターに使用されているピックアップ。

明るくチャキチャキした音で、カッティングにはピッタリ。強弱などのニュアンスを素直に再現してくれる反面、ノイズを拾いやすく、実力がモロに出るピックアップです。

ハムバッカー


ハムバッキングとも言い、「レスポール」や「SG」など、ギブソン系のギターに使用されています。

シングルコイルに比べると強弱のニュアンスが付けにくい反面、ノイズが少なく粗が目立ちにくい。中低域の周波数が強調され、歪ませないサウンドは暖かく、歪ませたサウンドは図太くロックです。

★ボディ材

ギターのボディに使用されるボディ材。
アコギであれば重要ですが、エレキなら、さほど気にする必要はありません。

ボディ材で生音の響きは変わりますが、結局はピックアップで音を拾うので・・気になる方は確かめてみてください。

ただ、ボディ材で重さが変わるので、重量はチェックしたいところ。いくつか挙げると、

アッシュ
アルダー
・バスウッド
・マホガニー
・ウォルナット
・メイプル

など。
例えば、「アッシュ材」と書かれていても、実際には「ホワイト・アッシュ」や「スワンプ・アッシュ」などあり、「この材はこう!」と断言できません。

hideでお馴染み、「アクリル材」なんてのもあります。

いよいよギター選び!

いよいよギター選び。
ギターの種類をまとめましたので、参考にしてください。

続きは>ギターの種類!

スポンサーリンク
関連コンテンツ