コードの機能! ~トニック/ドミナント/サブドミナント~

コードの機能。楽曲の骨組みとなるコード進行を知るには、機能の知識が大切です。

皆さんは「コード進行」を、不思議に思ったことはありませんか?

何故、あの順番なのか?適当に並べてるんじゃないのか?

もちろん、人の数だけコード進行の可能性はあります。
ただ、コード進行にも法則があるのです。それを難しい言葉で”機能和声”と呼ぶらしい。なんだか、音楽理論らしくなってきました。

ただ、機能和声って使い慣れないので、単に”コードの機能”でいきましょう。

コードの機能!

コードの機能を学ぶにおいて、今までに紹介してきた知識をフルで使います。

それでは、今回使いそうな画像を↓
ダイアトニックコード(三和音)

(四和音)

そして、今回の主役「五度圏」

始めましょう。

コードには、それぞれ機能があります。
例えば、メジャー・ダイアトニック・コードは7種類。

なら、機能も7種類なのか?
そうとも言えるのですが、一般的に知られているコードの機能は、たったの3種類です。

その3種類の機能とは

・トニック
・ドミナント
・サブドミナント

そして!この機能を表すときによく”すべり台”の絵が使われます。私の手元にある本にも描いてありました。

なので!私も描きました
ジャジャーン↓

待ち受けにしても、いいんですよ?笑

1.トニック(Ⅰ)

トニックとは何でしょうか?

tonic=主音

それでは問題です。
KeyCを移動ドで考える場合、主音ドはどこに置きますか?

素晴らしい。
「C=ド」にします。

そして、このC=ド。
ダイアトニック・コードだと「Ⅰ」

トニックコード
三和音
ならコードのこと。
四和音ならⅠ△7
KeyCならコード「C」もしくは「C△7」
(※ナチュラル・マイナーならⅠm7がトニック。)

トニックコードとは

トニックコードは、ある音階の主音(トニック)を根音(ルート)に持つコードである。
聴感上、他の和音との関係性の中で、相対的に強い帰着感と安定感を持つ。西洋音楽的な調性感を持つ楽曲・楽節の始点や終点に高い頻度で使用される。
トニックコード – Wikipedia

どうでしょう。

書いてある通りなのですが、トニックコードは階名のなどと同じく「安定感」「終止感」を持ちます。

例えるならば、そうですねぇ。
「お母さん」のようなコード・・かな

違いますかね。笑

フレーズのはじめ終わり「トニックコード」がある場合が多いです。
では、先ほどの素晴らしい絵をもう一度貼ります。

「トニック」が、すべり台の「上りはじめ」「すべった後」にいます。そういうことです。

ちなみに、前回の指板を覚える練習で演奏したわたしの恋はホッチキスで言うと、

・1番の歌詞の出だし。
・サビの出だし。
・1番の終わり=サビの終わり

コード
似たメロディを2回ずつ演奏しているので、正確には約2倍あります。

トニックコードは、特に難しく考える必要はありません。「ド」のコードバージョンだな。くらいの認識で大丈夫。

次に説明する「ドミナント」が、コード機能の鍵です。

2.ドミナント(Ⅴ7)

ドミナントとは何でしょうか?

dominant=属音(属和音)

ぞ、属音?
見慣れない文字が、出てきました。
いや、ドミナントより属音の方が、見慣れている人もいるかも。

属音とは

属音(ぞくおん)は、全音階の主音から完全5度上の音、つまり第ⅴ度音を指す。ハ長調ではソ、イ短調ではミの音である。
属音 – Wikipedia

の音。
ドレミファと、5番目の「ソ」が属音です。

”主音”に対して”属する”といったイメージでしょうか?
適当に言いました。忘れてください。

それではもう一度、アーティスティックなすべり台の絵を見てみましょう。

ドミナントが、今にも落ちそうです。
めちゃめちゃ「不安定」
(・・!?て、手すりの上に乗ってる!?もう描き直しませんから!笑)

ドミナントコード。Ⅴ7コードは不安定な響きが売り。
何故、不安定な響きなのか?

以前にも触れましたが
「Ⅴ7」の不安定な響きの正体は、
M3(長3度)」と「m7(短7度)」の音程。
つまり増4度トライトーン)」です!
全音3つ分で、トライトーン。

トライトーンの振動数の比は、「32:45」でした。振動数の比が複雑になると、人間の耳は不協和に感じるらしい。そして、不協和は協和へと向かう・・。

では、一体どういった動きをするのか?
あの絵を見てください。

ドミナントが、すべり降りた(落ちた)先
そうです。トニックがいます。

ドミナントコードは
トニックへ力強く進もうとする性質”があります。
”不安定”から”安定”へ。自然な流れです。

ドミナントトニックへ落ち着く(解決する)と、「終止感」を感じます。
「ドミナントが調を決定する」といっても過言ではないくらい、存在感のあるコードです。

2-1.ドミナントモーション

Ⅴ7はドミナント7とも言われます。
さて、ドミナントモーションの登場。

KeyCで説明します。
KeyCのⅠはC。Ⅴ7はG7

注目すべきはⅤ7→Ⅰのコード進行。
G7→C

G7

↓ドミナントモーション。
C

どうでしょう?
G7のトライトーン(M3とm7)が、それぞれ逆方向に半音移動して、Cの「R」と「M3」に解決しました。

音名と度数で見てみます。

(↓)→
(↓) →

つまり、ドミナントモーション

トライトーン(B,F)がそれぞれ逆方向に半音で移動して、Ⅰコードのコード・トーン(C,E)へ解決する動き。

Ⅴコードのルート音(G)が、Ⅰコードのルート音(C)へ解決する動き。

2つが合わさった動きです。
ただ、例えば①のトライトーンの解決だけ。もしくは②のルートの動きだけでも、解決感は出ます。なので「ドミナントはこうあるべきだ!」と、神経質に意識する必要はありません。

では実際に、弾いてみてください。

①G7のトライトーン「B, F」から、Cのコードトーン「C, E」への解決。
続いて②G7のルート音「G」から、Cのルート音「C」への解決。
そして、最後はコードG7からCへ。

どうでしょうか?
これがⅤ7。ドミナント→トニックです。

極端に言えば、この「ドミナントトニック」の機能だけで曲ができていると言えなくも・・。

「でも、Ⅴ7とⅠ以外にもコードがあるじゃないかー」

まあ・・極端に言えばです。
すべり台を上がっては降りる、の繰り返し。

すべり台を上がる距離や角度。
すべり台を降りる距離や角度。
に違いはありますが、結局はすべり台を上り下りしているだけとも考えられます。

それでは、前回練習したわたしの恋はホッチキスでみてみましょう。
「・・(書いてみる)よ もしかして 気まぐれ・・」

「・・(あればいいの)に キラキラひかる・・」

「・・(閉じちゃお)- はじまりだけは・・」

のコード進行が→Ⅰです。
フレーズの最後がⅤで、次のフレーズの最初がⅠのパターンが多いですね。サビ前の最後の歌詞がⅤで、サビの最初がⅠのような感じ。

3.サブドミナント(Ⅳ)


サブドミナントとは何でしょう?

subdominant=下属音(下属和音)

か、下属音・・
下の属音?

下属音とは

下属音(かぞくおん)は、全音階の主音から5度下の音、つまり第ⅳ度音を指す。ハ長調ではファ、イ短調ではレの音である。
下属音 – Wikipediaより

つまり、主音Ⅰから完全5度下の音。Cなら5度下はF。五度圏で確認してみてください。Cの左隣はFです。

ただし、音程は転回できるので転回のルールを使ってKeyCだとです。
普通にKeyCで考えても、FはⅣ。

このコードがサブドミナントなのです。
それでは、すべり台をみてみましょう。

サブドミナントさん。すべり台を上っています。
機能的にはトニックやドミナントほど、個性は強くありません。
Keyの中ではやや不安定な響き。

サブドミナントの覚えておきたい使い方
「(Ⅰ)→→Ⅴ7→Ⅰ」。
→Ⅴと、より不安定なドミナントへ向かいます。

たとえば、前回練習したわたしの恋はホッチキスだと
「・・書いてみるよ もしかして・・」

「・・あればいいのに キラキラひかる・・」

のコード進行が→Ⅴ→Ⅰです。

もう一つ覚えておきたいのは
→Ⅰ」。
Ⅴへ上がらずに、Ⅰへ解決します。必ずしもⅤへ行く必要はありません。

コード進行は「自分の耳が良いと思う進行」なら、全てアリ。

わたしの恋はホッチキスだと
「・・そーだホッチキスで・・」

のコード進行が→Ⅰ。

「トニック」「ドミナント」「サブドミナント」は大丈夫でしょうか?
実際の曲で探してみてください。

今回はこれにて終了。
次回は、代理コードいきましょう!

ありがとうございました。

次回は>代理コード!