ダイアトニック・コードとは!? これでほとんどの曲が弾ける

コードって、山ほどあります。
でも実は、ほとんどの曲が「ダイアトニック・コード」だけで、演奏可能なんです。

まずはダイアトニックコードを作ってみましょう。いきますよー!

Cメジャースケールを、ドン!

3度の音を上に重ねます。(インターバルとは?)えいっ!

もう一段、また3度上に重ねます。それっ!

これが、Cメジャー・スケールのダイアトニック・コードです。
音が3つ重なって・・・三和音

和音とは

和音(chord(コード))とは、3つ以上の高さの音が同時に響くことを言います。
和音 – Wikibooksより

おまけで、もう一段重ねちゃいます。とりゃぁ!

四和音ダイアトニック・コードです!

音が4つ重なって・・・・四和音

こうしてダイアトニック・コードは作られています。
スケールの上に、3度の間隔(1つ飛ばし)で音を重ねただけ。

ダイアトニック・コードとは!

ダイアトニック(diatonic)は「全音階の」という意味らしいです。全音階は、メジャースケールマイナースケールのこと。

Cメジャースケールの音に、3度ずつ音を重ねていってCメジャースケールのダイアトニック・コードを作りました。そして、重ねた3度の音は全て

Cメジャースケール内の音

ここが重要です。

例えば、C()の上にはE()で、長3度
D()の上にはF(ファ)で、短3度

面倒なら、ドレミファソラシを一つ飛ばして、
ファラシ」→ドミソ
「ドファシ」→レファラ
でも構いません。

全てスケール内の音です。もし、ドの上に「ミ♭」を重ねてしまうと、Cメジャースケール内の音から外れて、Cマイナースケールの音となり、Cメジャーのダイアトニック・コードではなくなります。

ダイアトニック・コードとは

「全音階(何かしらのスケール)の上に、そのスケール内の音だけを使って、(基本的に)3度音程積み重ねて作られたコード」

そして、音を3つ重ねたものをトライアド(三和音)、4つ重ねたものをセブンスコード、テトラッド(四和音)と呼びます。

三和音(トライアド)!

Cメジャースケールのダイアトニック・コードを見ていきます。

今回は三和音(トライアド)

色なんかも付けちゃって、フォイ。

変な文字が増えました。

一番下の「C、Dm、Em、F、G、Am、Bm(♭5)」
これが、Cメジャースケールのダイアトニック・コードです。楽譜でよく見かけるコードばかり。

Cメジャーのダイアトニック・コードなので、全てCメジャースケールの構成音から作られます。例えば、

(コードの)Cなら「C,E,G(ドミソ)」の三和音。
Dmなら「D,F,A(レファラ)」の三和音。
五線譜で、確認してみてください。

Bm(♭5)などちょっと難しそうなコードも、構成音は「B,D,F(シレファ)」の3音で、全てCメジャースケール内の音です。

ダイアトニック・コードの使い方

「ダイアトニック・コードの意味はわかったけど、これって何に使えるの?」

お答えします。
Cメジャースケールのダイアトニック・コードは、

「Cメジャーキーの曲で使えます!」

「おぉー」

もう言っちゃえば、KeyCの曲なら、Cメジャーのダイアトニック・コードだけで作れます!

いや・・さすがに言い過ぎました。普通はコードをちょいとオシャレにしたり(sus4、add9、テンションなど)、他のキーからダイアトニック・コードを借りたり(Cメジャーの曲で、CマイナーのⅣm(Fm)を借りるなど)、コードの流れを作ったり(dimやaug、スラッシュコードやセカンダリードミナント、裏コードにナポリの和音など)、一時的なものも含め転調させたりするので、ダイアトニック外(ノンダイアトニック)のコードを使っている曲がほとんどです。

ただし!ダイアトニック・コードだけでも曲になります。「初心者向けに、コードを簡単にしてみました!」なんてのは、大体ダイアトニック・コードに直したやつ。テンションを削ったコードです。

では何故、ダイアトニック・コードだけで曲が作れるのでしょうか?理由は簡単。

ダイアトニック・ードの構成音が全て、スケール内の音だから

うーん、そのまま。また「曲中にCメジャーキーのダイアトニック・コードが多いから。つまり、曲に出てくる音がほぼCメジャースケールの構成音だから、Cメジャースケールなんだ!」という考え方もできるでしょう。※メロディがメジャー/マイナー以外の音を多用する民族音楽は除きます。

以前のアドリブ練習でもそうでしたが、あの時も、スケール内の音ドレミファソラシだけで演奏しました。適当に弾いても、さまになったと思います。

KeyCメジャーキーの曲であれば、Cメジャー・スケールとの相性は抜群なのです。そして、それはコードでも言えること。

ローマ数字で表すダイアトニック・コード!

画像が見えなくなってしまったので、もう一度載せます。

一番上の
「Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶm(♭5)」
はどういう意味でしょうか。

ファイナルファンタジーシリーズで見るやつですね。
FF最新作・・・画質ヤバ過ぎでしょ。


(Amazonリンクです)

ウィンナーのクラウドさん・・・

この「Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ・・」はローマ数字というやつです。
Ⅰ(1)、Ⅱ(2)、Ⅲ(3)、Ⅳ(4)、Ⅴ(5)、Ⅵ(6)、Ⅶ(7)

では、何故ローマ数字で表すのか?
皆さんもお気づきでしょう。

移動ドを使うときにとても便利

なんです!(移動ドとは?)

実際にやってみましょう。
KeyCではなく、KeyDのダイアトニック・コードで考えてみます。まずは、KeyDのDメジャースケールを並べてみましょう。

Dから「全・全・半・全・全・全・半」

かっこよくやるなら「完全1度・長2度・長3度・完全4度・完全5度・長6度・長7度」

英語なんか使っちゃったりして「P1,M2,M3,P4,P5,M6,M7」てな感じで・・・恥ずかしい。

こうですね↓

「D、E、F#、G、A、B、C#」

そして、これにローマ数字を当てはめて

「D=、E=、F#=、G=、A=、B=、C#=

それでは、Dメジャースケールのダイアトニックコードを作るために、ローマ数字のダイアトニックコードを書き出します。

「Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶm(♭5)」

これ↑は覚えましょう。ゆっくりで大丈夫です。

覚え方としてはⅠ、Ⅳが△7(Ⅰ△7、Ⅳ△7)、Ⅴが7で超大事(Ⅴ7)。メジャーキーではこのスリーコード(Ⅰ、Ⅳ、Ⅴ)が大活躍!Ⅶだけm7(♭5)なのでのけ者にされ(Ⅶm7-5)、残りのⅡ、Ⅲ、Ⅵがm7(Ⅱm7、Ⅲm7、Ⅵm7)になってスリーコードを支える!でバッチリ。最初から四和音で覚えた方が、後で楽です。

そして、スケールを当てはめると↓

「D、Em、F#m、G、A、Bm、C#m(♭5)」

完成です!

これが、Dメジャースケールのダイアトニックコード
Dメジャーキーの曲で使えます。

よく見ると、「Em」や「G」なんかは、Cメジャーのダイアトニック・コードとかぶっています。このように、Keyが違ってもかぶる(同じ)コードはいくつかあります。

ん?移動ド出てきました?
いえ、ここからです。このDメジャーのDに主音を置くと

「D()、E()、F#()、G(ファ)、A()、B()、C#()」

それでは、コードのDを弾いてみてください。どうぞ。

「!?」

はい。難しいです。
簡単にできた人は、コードはバッチリ。

では、移動ドで考えてみます。

コードのDはKeyDメジャーだとにあたり、Ⅰの構成音を階名で表すと、Keyが何であれドミソとなります。移動ドで考えると、KeyDなのでD=ド。

ということは、そうです。「ドミソ」を弾けば良いだけなんです。

では、Emならどうでしょう?
KeyDのⅡmなので「レファラ」を弾けば良いだけ。

ならドミソ
Ⅱmならレファラ
Ⅲmならミソシ
ならファラド
ならソシレ
Ⅵmならラドミ
Ⅶm(♭5)ならシレファ

朝飯前です。

移調とダイアトニック・コード

移調した場合はどうでしょうか。

KeyC

「C→F→G→C」

というコード進行があったとします。

急に、ボーカルが「どうしてもKeyDで歌いたい!」と言いだしました。各パートは、すぐにキーを変えて弾いてください。さあどうぞ。

(ピアノ)あわあわあわ・・・

(ギター)はい。任せてください!


※ピアノをディスっているわけではありません。移調する場合、ピアノの鍵盤の配置からみて、ギターの方が移調しやすいということを表現しています。私の経験上、むしろピアノは習っていた人が多いため、ギターよりも早く対応できる人が多い。(偏見)

まずは、コード進行をローマ数字に直します

「C()→F()→G()→C()」

そして、KeyDのDメジャースケールの音を書き出して

「D、E、F#、G、A、B、C#」

ローマ数字を当てはめて

D=、E=Ⅱ、F#=Ⅲ、G=A=、B=Ⅵ、C#=Ⅶ」

そして、エイッ!!

「D→G→A→D」

できました!!
昼飯前です。

コード・トーン

それでは、真ん中に書いてある、小さな文字を見ていきましょう。

コードCの上にある「R,M3,P5」というやつです。これはもう、皆さんお気づき。R=ルート、M3=メジャー3rd、P5=パーフェクト5th。そう、インターバルです。

ルート(R)からの距離を表しています。例えばコードCなら、

CR
E(Rからの距離がM3
G(Rからの距離がP5

という具合。

Ⅰ、Ⅳ、Ⅴは、「R,M3,P5」で構成されています。
これがメジャー・トライアドのコード・トーン。

m、Ⅲm、Ⅵmは、「R,m3,P5」で構成。
これがマイナー・トライアドのコード・トーン。

そして、Ⅶm(♭5)だけが「R,m3,♭5で構成されています。
これがディミニッシュ・トライアドのコード・トーンです。

四和音のダイアトニック・コード

それでは、最後に四和音も少しだけ。
考え方は、三和音(トライアド)と同じ。

三和音のダイアトニックコードに、7度の音が加わって

「Ⅰ△7、Ⅱm7、Ⅲm7、Ⅳ△7、Ⅴ7、Ⅵm7、Ⅶm7(♭5)」

これも覚えてください。ゆっくりで大丈夫です。

色付きも。フォイ。

次回は、実際にコードを作っていきます。
ありがとうございました。

次回は>コードの作り方・覚え方part1