絶対音感と相対音感! 違いを簡潔に説明

神より授けられし「絶対音感」
演奏者が身に付けるべき「相対音感」

絶対音感!

絶対音感とは

絶対音感とは、他の音との比較なしに、音を聞いただけでその音名が分かる能力である。
絶対音感とは (ゼッタイオンカンとは) [単語記事] – ニコニコ大百科より

wikiだと

絶対音感(ぜったいおんかん)は、ある音(純音および楽音)を単独に聞いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力である。
絶対音感 – Wikipediaより

絶対音感を持っている人は、おそらく「この音はC=ド!」「この音はD=レ!」と一対一でラベリングして音を認識しているので、Keyが変わっても音が絶対的に聴こえます。

日本で絶対音感というと
「小さいころからピアノやバイオリンを習っていた人達の能力」
というイメージが強い。

彼ら、彼女らの音感レベルは”神の領域”。たとえば、私が聞き取れないフレーズを一瞬で耳コピしてくれます。笑

そして、この絶対音感と対になる用語がありまして、それを相対音感と言います。

相対音感!

相対音感は、皆さんがすでに身に着けている能力です。

前回の「固定ドと移動ド」の記事で
「ドレミファソーラファ ミッレッドー」
を、KeyCG♭で歌ってみました。

そのときに
「雰囲気は違うけど、両方ともドレミファ・・に聞こえた。」

もしくは
「意識すれば、そういう風に聞くこともできる。」
と感じたその感覚。それが相対音感です。

相対音感とは

相対音感(そうたいおんかん、)は、基準となる音(純音および楽音)との相対的な音程によって音の高さを識別する能力である。音楽を美しいと感じるには、相対音感が必要であるから、ほとんどすべての人が本質的に持っている能力と言える。
相対音感 – Wikipediaより

この”基準となる音”を、ドやラにするわけです。

相対音感と移動ドはセット
演奏するとき、歌うときに、これほど便利なものはありません。

「すでに絶対音感があるけど、相対音感は意識したことがない」
という人は是非、相対音感も使ってみてください。両者を使い分けて演奏すると怖いものなしです。

さて、前回と今回の説明を聞いて「何がなんやら・・」という方もいるかもしれません。でも安心してください。音楽理論は、

”ある程度知識が増えてくると、ある時全てが繋がる

という類のもの。

「あぁもうわかんねえ!」
と、途中で投げてしまった人は、非常にもったいない。

あと少しだけ学んでいれば、
”今まで学んだ知識の、点と点が繋がった
かもしれないのに・・。

「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ・・・」
とブツブツ言いながら、

「今日は疲れたから、次は明日でいいや!」
「・・一週間後でいいや!」
「・・やっぱり一か月後!」
「・・年が明けたら・・」
でも、全然かまいません。

「そういうことだったのかぁ!」

と感じる、その時まで、ゆっくりと音楽を学んでいきましょう。
理論がみえてくると、音楽の可能性が広がります。

「あきらめないで」by 真矢〇き

次回は「キー」について説明します。
ありがとうございました。

次回は>Key(キー)

スポンサーリンク
関連コンテンツ