曲のキーの調べ方! 耳で簡単に探せる”終止感”

前回の「キーとは?」に続いて、いよいよキー探しです。

耳コピやアドリブにおいて、必要となるキー。実は、誰でも簡単に耳だけで調べることができるんです。楽譜はいりません。早い人なら、ほんの数秒です。

楽しいですよ(ワクワク)。

「キーってどうやって探すの?」

それは、階名を使います!

階名はドレミファソラシのこと。(階名の説明)
キーの中心音に合わせて、主音をあちこちに移動させます(移動ドの説明)。

では、いったい階名をどう使うのか?
ずばり!”ドがしっくりくるポジション”を探します。

「おぉー!・・・おっ?」

実際にやってみましょう。
※ギター以外の方は、それぞれの楽器に置き換えてください。

基本となる「ドレミファソラシ」。
今は、まだキーが何かわからないので、フレット数は空白。

このポジションが、指板のどこに(何フレットに)当てはまるのか?それを探します。

終止感を使った調べ方!

キーは、曲を流しながら探します。その時、基準にしてほしいのが

”終止感”

つまり、

”主音落ち着く位置を探す”

というやり方。

「落ち着くってなんやねん?」
終止感があるということです。
「終止感てなんやねん!」
落ち着く位置です。笑

終止とは

終止(しゅうし)とは、音楽用語で、音楽の段落の終わりのことである。
終止 – Wikipediaより

終止とは、段落の終わりのことなんですね(はじめて知った)。・・終止符か。
終止感を感じる音というのは

「あー、今の音で段落が終わったなー」

もっと言うと、

「あー、今の音でサビ終わったなー。やっぱ安定した音だわー。」

と感じる音。(説明下手)
例を見てみましょう。

「ドレミファソーラファ ミッレッドー」

唐突ですが、弾いてみてください。どのキーで弾いても構いません。KeyCで弾く場合は、3弦5フレット=Cに主音を重ねて。それではどうぞ。

・・・

「何か聴いたことあるフレーズだ!あれは確か・・ヤマh

それでは、次は最後の音変化させて、どうぞ。

「ドレミファソーラファ ミッレッミー

「ドレミファソーラファ ミッレッファー

「ドレミファソーラファ ミッレッソー

「ドレミファソーラファ ミッレッラー

「ドレミファソーラファ ミッレッシー

そしてもう一度

「ドレミファソーラファ ミッレッドー

どうでしょうか?
終止感。つまり

あーフレーズ(曲)が終わったなー

と感じるのは、やはり最後がのパターンですよね。

ミーやソーも違和感はありませんし、実際の曲でもミーやソー、それ以外の音で終わるパターンは山ほどあります。ですが「今、曲が(もしくはサビ、フレーズ)が終わったな。落ち着いたね。解決したよ。」と一番感じる音は、やはり

「ドで落ち着いた感じなんか全然しねぇ!」

という方も、いるかもしれません。音の感じ方は人それぞれ。しかし、その場合は残念ながら、今回紹介する”耳と終止感でキーを探す”方法は使えません。スケールの構成音やコード進行、譜面からKeyを探す方法がおすすめ。

キーの考え方そのものが

中心音(落ち着く音)に主音を移動させている

ので、ドで落ち着いて当たり前なんです。
例えば、さっきのヤマハのフレーズだと、原曲を聴いたことがないとキーが何かはわかりません。しかし、Keyがわからなくとも、階名で弾くことはできます。

「Keyの中心音落ち着く音C=」で、Key=C
「Keyの中心音落ち着く音G♭=」で、Key=G♭

ドはKeyの中心音なので、を見つけることができれば、その曲が何のKeyかわかる!ということです。

長くなりました。実際に、キーを探してみましょう!

耳で探すメジャーキー!

終止感を感じる音を探すのですが、ちょっとしたコツと注意点があります。

コツと注意点

①ドと響きが似ている音(ソなど)に注意。

②マイナーキーの主音はなので注意。(マイナースケール)

半音ファの2つだけなので、半音前後で合うか確かめる。

以上。

③だけ説明します。
メジャースケールにおける半音は、ファとシの2つだけ。それを利用しない手はありません。たとえば、「ここがだ!」と思ったら半音下を弾いてみます。その音がしっくりきた場合、今弾いた音は”ドシ”、もしくは”ファミ”の、どちらかのはず。

しかし!ファは半音で終止感がないので間違えにくい。となると、今弾いた音はドである可能性が高い。もし半音下の音がしっくりこなければ、「これはメジャースケールの音ではないな!」と考えて良し。例えば、半音下はソ♭で、メジャースケールの構成音から外れています。

かな?と思ったら半音下を弾いてみて、シがちゃんと存在するポジションを探します。最後に「ドレミファソラシド」を全て弾いてみて、しっくりきたら完璧。

もちろん、スケールの種類はメジャー/(ナチュラル)マイナーの2種類だけではないのですが、とりあえずメジャーかマイナーでキーを取って構いません。たとえ「ファ#」がスケール構成音だったとしても、「ド」を決めないことには、はじまりません。ちなみに、狭い意味でのキー(調)は、長調と短調の2種類とされています。ただ・・いや、詳しくは検索してみてください。

慣れてきたらとりあえず一音を弾いてみて、「ドレミファソラシ」のどれかの音だ!と思ったら、そこから、半音上や下、全音上や下を弾いて、パパッと主音を見つけてみましょう。

階名での、半音、全音など関係↓

を見つけたら、その音がKeyの中心音なので、音名を調べます。それが、その曲のKeyです。

さて、指板の音名の配置をまだ説明していなかったので、下の画像を参考にしてください。

全部書くのは疲れるので、1弦と3弦だけ書きました。
は、もう、脳内で補完してくだ

ウソです☆

1.天体観測

まずは、天体観測のKeyを探します。


(Amazonリンクです)

終止感を感じる音を探すので
曲やフレーズを終わらせる気持ちで。
それではどうぞ。

※↓YouTubeリンク
『天体観測』

どうでしょうか?
正解は・・↓

私はD♭に終止感を感じたので、D♭に主音をセットします。

完成!
中心音はD♭なのでKeyはD♭です。
(正確にはD♭メジャーキーですが、省略します)

ちなみに、何秒かかりましたか?

・・・

ふむふむ、なかなかですねー。

「わからなかったよー!」

という方、心配ありません。まだ1曲目ですから。
一緒にドを探してみましょう。

YouTubeでは、動画の左下に再生時間が表示されています。曲を最初から再生して、再生時間10秒の所で止めてみてください。
そこで、今見つけたド(D♭)を鳴らしてください。

・・・

どうでしょう。終止感は感じられましたか?
また再生して、13秒の所で止めてド(D♭)をポロン(別に止めなくても良いです)。

次は19秒
次は33秒
次は44秒
1分08秒、1分14秒、1分33秒

秒数は、私の感覚でなんとなく終止感を感じやすそうな箇所を書いただけです。

ボーカルのメロディがドでシンクロする位置もありますが、それは重要ではありません。コードも特別意識していません。とにかく全力で、終止感を感じる音を探すのです。

それでは!
次は曲を流しながら、どこでも(何秒でも)いいので(1弦8フレットか3弦5フレット)を弾いてみてください。そして「なんか惜しい!」と感じたらすぐに半音上を弾いてください。

シードーです。

他には

ラから始めて「ラシドー
ソから始めて「ソラシドー」「ソファミレドー
ファから始めて「ファミレドー
ミから始めて「ミレドー
レから初めて「レドー

3音以上弾く場合は、1本の弦だけを使って探すと、視覚的に「全全半全全全半」が見えやすくなります。そして、「これがっぽいぞ!」と感じたら、一度ドレミファソラシドと弾いてみます。

☆ポイント

もし「なんか音が外れてるなー」と感じる音があれば、

①Keyが間違っている
②マイナーキー
③メジャーとマイナーでは判断しづらい。

のどれかでしょう。

①ならば、もう一度探し直し。

②ならば、今の方法ではいつまで探しても見つかりません。後のページで説明します。

③については、現時点ではあきらめましょう。笑
ただ、先にも書いたように、部分的な転調、似たようなスケール構成なら、メジャー/マイナーの2パターンでとりあずキーを取って問題ないでしょう。

それでは、もう一度

ドレミファソラシド(ドシラソファミレド)」

を『天体観測』で弾いてみてください。
それではどうぞ。

・・・

どうでしょうか?
ピッタリ合ってる感じがしましたか?
それでは、逆に!ピッタリ合ってない感じを知るために、今のポジションより半音下にずらして、KeyCで「ドレミファソラシド」を弾いてみてください。

曲を流しながら、どうぞ。

・・・

どうでしょうか?
このずれてる感じ。

この最終チェックでしっくりくれば、今見つけた「ド=Keyの中心音」ですb

2.Dragon Night

ドラゲナイいきましょう。

ドラゲナイとは、SEKAI NO OWARIの楽曲『Dragon Night』の空耳である。
ドラゲナイとは (ドラゲナイとは) [単語記事] – ニコニコ大百科より

SEKAI NO OWARIより

Dragon Night
(作詞:Fukase / 作曲:Fukase / 唄:SEKAI NO OWARI)

それではどうぞ。

『Dragon Night』

どうでしょうか?

KeyB♭です。合ってますよね?笑

たぶん転調もないと思います。(転調の説明)
Keyを見つけられなかった方は、最初から再生して7秒で止める。そこで主音(B♭)を鳴らしてみてください。

次は12秒
次は39秒
次は54秒

いかがでしょうか?

キーが取れない曲!

ちなみに、ポピュラー音楽以外、特に”複雑なことやりたい系”の曲の中には、調性感が薄い曲も当然あります。

こういった分け方をすると「ポピュラー音楽は幼稚」だとか、逆に「複雑な曲は自己満。心に響かない」といった、排他的で二者択一的な話になりがち。そのバトルを、傍から眺めてニヤニヤするのは好きです(笑)。

ただ、特定のジャンルしか聴かないのは、単純にもったいない。嫌い(苦手)な曲は、「嫌い(苦手)だなー。嫌いな所100個探してやる」と意識して聴くと、意外と面白い発見があるものです。逆に「好きな曲の、好きな所30個探すぞ」と頑張っても、納得いく結果が得られないことも。

少し話がそれました。
次回は、アニソンのキーと転調を探してみます。
ありがとうございました。

次回は>耳でKeyを探そう!(転調)

スポンサーリンク
関連コンテンツ