曲のキー(調)とは?

音楽で出てくる「キー(key)」とは何でしょうか?
耳コピアドリブをする際、最初に調べるキー。キーを知るのに楽譜は必要ありません。耳を使って、誰でも一瞬(早い人なら数秒程度)で知ることができます。

カラオケでいじる、あの「キー」です。

曲(音楽)のキーとは?

Key(キー)とは

ある曲が特定の音階に基づくことを調といいます(厳密には正しくない定義ですが、ここではそのように考えていいでしょう)。
調 (音楽) – Wikibooks

たとえばカラオケで、Cメジャー・キー(ハ長調)の曲を歌うとします。メジャーキー(長調)の並びは、「ドラミファソラシ」。ピアノで見ると↓

こうなります。メジャースケールの音の並びは、音楽の授業で習った通り、主音ドから「全全半全全全半」の間隔。こんな感じ↓

音には、「ドレミファソラシ」などの階名の他に、「CDEFGAB」や「ハニホヘトイロ」などの音名という考え方があります。(※詳しくは音名と階名

Cメジャースケールを音名で見ると↓

ここで語弊を恐れずに言うと、”メジャーキーの曲”であれば、メロディの音は、ほぼ全て「ドレミファソラシ」の音でできています。試しに邦楽ヒット曲の、楽譜のメロディーパートを見てください。転調が無い場合、音符の横に「#」や「♭」が付く頻度は、かなり少ないはず。キーってそういうことなんです。

それでは!
歌っている最中に、友人が勝手にカラオケの「キー」をいじって、keyCからkeyGに変えられました。Cメジャーキーから半音7個分音程を上げて(もしくは半音5個分下げて)、Gメジャーキーへの転調です。

keyGを「ドレミファソラシ」で見ると↓

メジャースケールなので、主音ドから「全全半全全全半」の間隔。

音名だと↓

KeyC→keyGなので、「C=ド」→「G=ド」として、あとは「全全半全全全半」の順に並べる。カラオケのキーをいじると、この作業を勝手に機械がしてくれるのです。

とまあ、よくわからない前置きをしましたが、ともあれ「キー」を体感してみましょう。

キーを体感してみよう!

実際に弾いてみましょう。
何の曲がいいですかねぇ。
うーん、それじゃあこの曲!

BUMP OF CHICKEN

天体観測
(作詞:藤原基央 / 作曲:藤原基央 / 唄: BUMP OF CHICKEN)


(Amazonリンクです)

私も大好きなバンド。ライブも最高でした。
そして、とうとうバンプからライブ映像が!

(※以下、しばらくバンプの話が続きます。興味の無い方は飛ばしてください)
ここ最近のバンプ曲ではゼロが本当に好きです。
アコギも引っ張り出して、弾きに弾きました。

PSPのゲーム「FF零式」のテーマ曲です。
バンプがゲームやアニメとコラボすると、何故あんなに良い曲ができるのか。

もちろん、メンバーがFFシリーズ大好きということもあるのでしょうが・・メロディから歌詞からFFの終末観にピッタリ。ライブの最初に出てくる映像に、FF10の”シンっぽいやつ”が出てきたときは、笑いましたけど。機材トラックにもドット絵描いてましたし、本当に好きなんですね。

ライブ映像にはアコースティック演奏も収録されていましたが、バンプはアコースティックが本当に合います。あれ、原曲アコースティックだったっけ?てくらい。

私がアコギを買って
初めてコピーした曲がスノースマイルでした。

ギターを買ったばかりで耳コピなんかできるはずもなく、バンドピースを買ったか、友達から借りたかは忘れましたが・・初めて弾いたときの、美しい旋律。

「アコギのアルペジオって、こんなにきれいなんだ・・・」

感動しながら、毎日少しずつ弾ける小節が増えていって・・。
ーーーーーーーーーーーーバンプ語りここまで!

1.天体観測

『天体観測』のKeyは聴いた感じ、D♭です。
(※耳で取っているので、おそらく。)

それでは、弾くポジションを見てください↓
※ギター以外の方はそれぞれの楽器に合わせて。
KeyD♭です。

一応指板も↓

それでは、以前のアドリブ練習の時と同じく、内から溢れだすメロディに身をゆだねて、「ドレミファソラシ」を存分に弾き倒してください!・・と、その前に。
今回は、フレーズを1つ紹介します。

「ッミファミソー ッミファミソー ドレドー
ッミファミソー ッミファソドー ミファミー」
(※”ッ”は八分休符)

ドレドーとミファミーは高い方(1弦側)。
ダイアグラム(さっきの表)には書かれていない高い音を使いますが、耳でさぐってください。笑

楽譜で書けよと、自分でも思いましたがめんどくs
弾けばわかります。それではどうぞ。

※↓YouTubeリンク
『天体観測』

どうでしょうか?
バンプ・・懐かしい。

2.天体観測(カバーver.)

キーの移調!

忘れてませんよ!今回の本題「キー」
理解する為に、今度は同じ曲のカバーバージョンを弾いてみましょう。

Keyが変わりますG♭です。
原曲(keyD♭)より完全5度下(完全4度上)keyD♭からkeyG♭への移調

移調(いちょう)とは音楽の用語で楽曲の調の主音を移行して演奏することである。
移調 – Wikipediaより

キーが変わったので、押さえる位置(フレット)も変わります。
ギターの場合はこう↓

 それではどうぞ。

Goose house ver.

Goose houseによるカバーでした。
交互に止めながら聴いてみると、よりキーの違いを感じます。

ここで、最初のWikibooksの説明にあった

ある曲特定の音階に基づくことを調(Key)といいます”

を、整理しておきましょう。

・ある曲=天体観測
・特定の音階=バンプD♭メジャースケール
 Goose houseのカバーはG♭メジャースケール

と直して、ちょこっといじると・・

天体観測(バンプver)は、D♭メジャースケールに基づくので、KeyはD♭メジャー!”

・・ややこしい。
基づくというのは、「『天体観測』の大部分D♭メジャースケールの構成音(D♭、E♭、F、G♭、A♭、B♭、C)でできている。」ということ。これがKeyの考え方です。

「んー!わかりにくいし、そんな構成音なんてわからない!」

大丈夫です。構成音を調べる以外にも、Keyを判別する方法があります!
それは・・

Keyの中心音(KeyD♭ならD♭)終止感を探す!

というもの。後のページで練習します。
もう少しだけ、キーについての定義を見てみましょう。次はWikipedia。

調(ちょう、key)は音楽用語の一つ。
メロディーや和音が、中心音(tonal centre)と関連付けられつつ構成されているとき、その音楽は調性(tonality)があるという。伝統的な西洋音楽において、調性のある音組織を調と呼ぶ。
調 – Wikipedia

wikiの定義も、天体観測に当てはめてみると

天体観測のメロディや和音が、中心音D♭と関連付け・構成されるとき(中略)音組織(D♭メジャースケール調(Key)と呼ぶ。”

どうでしょう?
合ってますか?
もう説明は大丈夫ですね。

KeyCメジャーなら「C」が中心音。KeyCの曲中で中心音Cを鳴らすと「終止感」が感じられます。「移動ド」の場合は「C=ド」。つまり「CKeyの中心音=移動ドの場合のド(主音ド)終止感を感じる音」です。

ようするにキーは、

中心音を見つけりゃ勝ち

なんです。だって、それがKeyですから。
ただし、その音階がメジャースケールかマイナースケールかの判断は、プラスαの知識が必要。

それでは最後に転調を簡単に説明します。次回は実際に演奏しますよ!

転調とは?

転調とはなんでしょうか?
簡単です。

カラオケで何か曲を入れてください。
あなたの番が来ました。さあ、歌ってください!
では、曲の途中ですがキーを変えます!(ピッ!)

これが転調です。
ちょっと、説明不足な気もするので、wiki先生より

転調(てんちょう)とは曲中で調を全く違う調に移しかえること
転調 – Wikipediaより

カラオケの途中でキーを変えると、曲の雰囲気ガラッと変わる転調があります。一方で、「あれ?そんなに雰囲気変わらない?良い感じじゃん」というような転調も。転調にも秘密がありそうです。

それでは、次回はいよいよ
「キーを探す楽しさ」を体験しましょう!
ありがとうございました。

次回は>耳でKeyを探そう!(メジャーキー)

スポンサーリンク
関連コンテンツ