初心者こそアドリブ練習! 【メロディ編】

前回のリズムを意識したアドリブ練習に引き続き、今回はを意識したアドリブです。「ドレミファソラシ」をバンバン弾きます!

アドリブ練習!

1.【ド・ソ】でアドリブ

今回、意識するのは音の響き
の2音からはじめます。
指板のポジションは↓(※ギター以外の方は、各楽器のC(ハ)とG(ト)を)。

①1音ずつ弾く。
②ドとソの2音を同時に弾く。
③何も弾かない。

の3パターンの弾き方が可能。
そして! 今回の練習の目的は

・ドとソの響きの違い
・ドとソを同時に弾いた時の響き
・ドとソがメロディと溶け合う箇所
・ドとソがメロディと溶け合わない箇所
・ドとソを長く伸ばすと気持ちいいor不自然な箇所

など、意識する点はたくさんあります。

やっている内に発見することもあるので、「なんや、音意識してみよかぁ」と、楽な気持ちで練習してみてください。前回説明した”目的以外は単純に”も忘れずに。音以外にあたるリズム簡単にして(変に意識しないで)ください。

曲は前回と同じ、WANDS
世界が終るまでは…
(作詞:上杉昇 / 作曲:織田哲郎 / 唄:WANDS)


(Amazonリンクです)

KeyC。それではどうぞ。

※↓YouTubeリンク
『世界が終るまでは…』

どうでしょうか?
ドもソの音も、適当に弾いているのにしっくりきませんか?
もちろん「この部分では、もうちょっと暗い音が欲しい!」「ドミナント的な響きが欲しい!」と感じた方もいるかもしれません。

とにかく今は
・6~4弦の弦は全て切れてしまった。
・左手は何故かドとソしか押さえられない。
・それでも何とかして、良い感じに演奏したい!
という、もしもの状況を想定して・・

「ドとソの響きがどうしても合わない!」と感じる箇所には 「休符を入れて、弾かないぞ!」と徹底して、ドとソを使い倒してください。

さて、同時に2音弾いた時の響きはどうでしたか。ドとソの2音は心地よく響いたでしょうか。また、「音を伸ばすと、なんか気持ちいいー!」箇所もあったと思います。

・歌パート(メロディ)が音を伸ばしている箇所
・ギターフレーズ終わりの余韻の部分
・サビの終わりの部分
・歌詞の出だしの部分
・歌詞(1フレーズ)の終わりの部分

あたりが気持ち良い。歌のメロディを拾ってみるとわかりますが、ドやソをフレーズの終わりで使うパターンは、めちゃくちゃ多いです。

2.【ド・ミ・ソ】でアドリブ

音を増やします。 足す音は
ドとソと合わせて、 使える音はドミソ3音です。

今度は、ミとソ、ドミソを同時に弾くために低音のソも追加ました。

①一音ずつ弾く。
②”ドとミ”、”ミとソ”、”ドとソ”、”ドミソ”を同時に弾く。
③何も弾かない。

などが考えられます。
それでは、WANDS『世界が終るまでは…』に合わせてどうぞ。

・・・

ミの響きはどうでしょう?

ボーカルパートとシンクロした!」
ドーシンクロ率高過ぎぃ

なんて人もいますよね。
2音や3音を同時に弾いたときの響き、響き方の違い。 言葉で表すのは難しいですね。

ただ曲のコピーをしているだけでは気が付かなかったことが、どんどん見えてきます。

3.【ド・レ・ミ・ソ・ラ】でアドリブ

を足して、ドレミソラ5音

この5音だけで、メロディが作られている曲も。
たとえば・・『男はつらいよ』のテーマ曲とか(古いですね)。
昔、テレビに合わせて耳コピしてて、気がつきました。笑

映画自体大好きで、特にシリーズの最初の方(初代おいちゃんあたり)はたまりません。また寅さんの妹、さくら役の倍賞千恵子さんの演技も最高で・・妹に欲しい。童謡も、この5音でできている曲が多いと、よく理論書に書かれています。

さて今回はルールを一つ追加して、
”2音や3音を同時に弾くのは無し”
で、いきましょう。

別に弾いてもいいんですけど、音数が多いので全パターン試そうと思うとポジションを広げないと・・うーん、面倒くさい。笑

今回は、このポジション内でお願いします。

①単音で弾く。
②何も弾かない。

それではどうぞ。

・・・

どうでしょうか?
「アドリブしてるぜ!」感が増しました。
がしっくりくる箇所。メロディとのシンクロ率。

今弾いた音。これがメジャー・ペンタトニック・スケールです。正確に言うとCメジャー・ペンタトニック・スケール。スケールに関しては後のページで説明します。「ふーん。ペンタねー」と思っておいてください。

ちなみに、ペンタ(penta)はギリシャ数字で数字の5を表すそう。英語で「五角形」は「pentagon」。ペンタトニックスケールは「ド・レ・ミ・ソ・ラ」の5音。

ちなみにちなみに、ギリシャ語源で数字の8”octa”。そう、「オクターブ(octave)」です。
②レ③ミ④ファ⑤ソ⑥ラ⑦シ⑧
の8音。

ちなみにちなみにちなみに、
・アイオニアン・スケール
・ドリアン・スケール
・リディアン・スケール
・ミクソリティアン・スケール
・エオリアン・スケール
・ロクリアン・スケール

というスケール(モード)。これらは「古代ギリシア地方」の地名が由来らしいです。ポリスがどうだー、アテネがー、スパルタがー、とか習ったあの地域。・・おもしろい。

4.【ド・ファ・シ】でアドリブ

次はファを足して、 レミラ抜いてドファシだけです。

それではどうぞ。

・・・

どうでしょう?

「なんか合わない!」
「早くやめたい・・」

そうでしょう。笑

5.【ド・ミ・ファ・シ】でアドリブ(1)

それでは次は足して
ドミファシだけ。

それではどうぞ。

・・・

どうでしょうか?

「んー、さっきのドミソやメジャーペンタよりは、使い方が難しいなぁ」

特にファくせ者。使い方が難しい理由の一つは半音だということ。ざっくり言えば、コードトーン(ミ)と半音(短9度or短2度)でよくぶつかる(アボイド)ということです。

そして、しっくりこないもう一つの理由。それは、ファの音程がトライトーン(増四度)だということ。これも、後のページで説明します。

「半音とかトライトーンとか言ってるけど、ファもシも普通に弾けたけど?」

・・・さすがです。

6.【ド・ミ・ファ・シ】でアドリブ(2)

それでは、もう一度ドミファシを弾いてください。

「もう、曲が耳にこびりついてしまったよー。もう歌えるし。」

素晴らしい!もう余裕でメロディの耳コピができる状態です。

さて、さっきと使う音は同じですが、今回は

ファを弾いたらにひとまず落ち着く
を弾いたらにひとまず落ち着く
できる人はハンマリング&プリングオフを使って落ち着く

弾き方でお願いします。ハンマリングやプリングオフを知らない方は、無視してください。

ここで言う”落ち着く”というのは ”ファやシの音に長くとどまらずに、すぐにミやドに移る”ということ。とりあえず、フレーズをミかドで終わってみてください。

それではどうぞ。

・・・

どうでしょうか?

「ファもシも意外と使えるじゃないか!」
と思った方、そうでなかった方 、どちらも正しいです。たださっきよりは、ファとシの違和感が減ったのではないでしょうか。

7.【ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ】でアドリブ

いよいよラスト。
ドレミファソラシいきましょう!

指板上のCメジャー・スケール

それではどうぞ。

・・・

どうでしょうか?
今、あなたは確かに・・アドリブをしていました。

何度でも弾いてください。

今弾いた”ドレミファソラシ”が
メジャースケールです。

縛りプレイが上達への道!

「縛りのある遊び」が、音楽・楽器の上達にとってプラスになると私は思っています。つまり、「さあ、このギターを使って好きに遊べ!」ではなく、「音を5音に絞って遊んでみよう!」がベター。

日本人の文化的にも「引き算」が好まれます。俳句は五・七・五ですし、ファミコン音楽も(容量の関係もあり)音数が少ない。「縛る」ということは「あるもので何とかする」。「わび・さび」的なモノにも繋がる?

そして、足りないものは妄想でおぎな・・。
遊びの土台として、アドリブを取り入れてみてください。

次回は、実践で役立つ音楽理論の世界に。
ありがとうございました。

次回は>音名と階名!

スポンサーリンク
関連コンテンツ