Fコードの省略フォーム! バレーコードができない人必見

バレーフォームができなくても、Fコードは弾ける!
実際に演奏してみましょう。(タブ譜あります)

コードの押さえ方は1つではない!

皆さんはコードの「F」を押さえるとき、どのように押さえているでしょうか?
こうですか?↓

こんなのはどうでしょう?↓

コード「C」はどうでしょう。
↓は、一番最初に知る(はず)の押さえ方。

開放弦は押さえません。
これ以外にも↓

フレットを移動すると、

バレーコードでも押さえられます。
つまり・・

コードには複数の押さえ方がある!

そうなんです。

Fコードの省略フォーム!

この記事を読んでくださっている方は、ギターを始めて間もない方だと、勝手に仮定して話を進めさせていただきます。

それでは、さっきのコード「F」
多くの人が悩むFコード、実は3つの音だけで演奏できます。「F・A・C」です。キーCのときの階名で言うと、「ファ・ラ・ド」

ギターの指板で見てみます。

さっきのFコードだけ抜き出してみると、


こうなります。「F・A・C」3音だけ。
(※このF、A、Cは音名と言います。)

「F・A・C」の3音があればいいので、

↑こんな押さえ方でも良いはず。
ベース音がFでなくてもよければ、


↑これもアリ。
Fがルート(一番低い音)にくる場合は「コードF」ですが、そうでない場合、つまりFが一番低い音でない場合は転回形と言います。

このように、

バレーコードでなくてもFコードは弾ける

のです。
ギター初心者がバレーコードでつまずくのは、非常にもったいないと感じます。ギターの面白さに出会う前に、壁が立ちふさがる。でもその壁は、迂回して通ることのできる壁です。

真面目な人ほど「このFコードが押さえられなければ、次へ進めない」と自分ルールを作ってしまいがち。

もちろん、バレーコードも大事ですが、まずは1曲を演奏する楽しさを知ってからでも遅くはないです。

それで今回は!

バレーコードを1度も使わないで、1曲を演奏する

ため、タブ譜を作りました。

バレーコードを使わずに1曲を弾いてみる!

今回使用する曲は、テレビアニメ「けいおん!!」の劇中歌『天使にふれたよ』

天使にふれたよ!
(作詞:稲葉エミ / 作曲:川口進 / 唄:放課後ティータイム(平沢唯(豊崎愛生)/秋山澪(日笠陽子)/田井中律(佐藤聡美)/琴吹紬(寿美菜子)/中野梓(竹達彩奈)))

(Amazonリンクです)

タブ譜は1番だけです。

(※タブ譜ソフトでお馴染みのPower Tab Editorですが、”五線譜がかなりの確率でバグって表示されます”TAB譜だけ、ご覧ください)

天使に触れたよ(バレーコードなし-001.png

天使に触れたよ(バレーコードなし-002.png

最初は、曲なしで演奏してみてください。(できれば弾き語り風に)

・・・

どうでしょうか?
コード「F」も出てきましたが、バレーコードは使いませんでした。でも、ちゃんとコード「F」の音がしたと思います。

コードの構成音については、コードの作り方をご覧ください。

さて、一つだけ説明したい”押さえ方”があります。

↑これです。
押さえ方はこうなります↓

5度を省いている点については、今回は省略。注目すべきは、4弦を押さえていないということ。この4弦は、”ミュート”を使います。

5弦3fの音は人差し指、もしくは中指で押さえるのが一般的なので、その指を使って4弦に触れることで、音を鳴らさないようにミュートします。ミュートすることによって、ピックを使ってジャラーンと弾いても、4弦の音は鳴りません。簡単ですので、試してみてください。

最後に!

「まあバレーコードなしでも弾けるのはわかったけど、やっぱりバレーコードは弾けるようになりたい」

と、思うのが当然。安心してください。
バレーコードは弾けます。

バレーコードの押さえ方のコツで紹介していますので、是非!

以上です。
ありがとうございました。

スポンサーリンク
関連コンテンツ