ギター初心者におすすめの練習曲! 難易度レベル4まで紹介

【レベル3】ギターをはじめて半年~1年

レベル3のポイント。

●J-POPのギターテクニック

レベル3の層が厚い。

ギターソロ(主に速弾き)を除くと、邦楽の大部分がレベル3に入るでしょう。「3か月練習すれば習得できそうなギターテクニック」盛りだくさん。

●耳に残るギターフレーズ

特に「面白味のある、エレキギターフレーズ」が入ったバンド曲を選びました。

「コードじゃかじゃか」や「パワーコード」「オクターブ奏法」「アルペジオ」といった基本奏法だけでなく、「耳に残るメロディライン、リフ」「ギタリストの色を感じるフレーズ」を弾きたくなるのが、ギター歴半年頃。

BUMP OF CHICKEN

バンプ。

エレキギターのパートをコピーしても良いのですが、あえてアコギパートのコピーをおすすめしたい。

ただコピーするだけではなく、「どのコードで、どのコードトーンを弾いているか?」「コードのつなげ方」など意識してみてください。

ベース音を半音でつなげていたり、コードが進行しても弾く音を固定していたりと、勉強になります。

ソロギターアレンジも、面白いかもしれません。
ソロギターに関して、以下の記事もよろしければ。

ソロギターの作り方! 見知らぬ、和音

『スノースマイル』指弾きの夜
スノースマイル 弾き語り

(動画:MEMENTOMORI29さん)

ギター1本の魅力。弾き語りの楽しさがつまった曲。

指弾き」がレベル3ポイントです。コードじゃかじゃかではなく、指でポロポロと奏でる弾き語りも乙なもの。夜、自室での演奏、窓から星なんか眺めちゃったりして、雰囲気抜群の1曲。

頭では譜面はおろかコードも完全に忘れているのですが、最初にコピーした(弾きまくった)こともあって、ギター構えると勝手に手が動きます。

『ゼロ』零式ソロギター
Solo guitar 'Bump of chicken '~ゼロ「ZERO]~(FF零式opening ver.)

(動画:naruhito1103さん)

ソロギター」にもチャレンジしてみてください。

指をそれぞれ異なるタイミングで動かすので、良い練習になります。まずは単純に、コードとメロディを合わせて作ってみましょう。

『ゼロ』といえばFF零式。最高でした。
弾き語るなら「FINAL FANTASY零式オープニングver.」がおすすめ。きれいな音で、耳コピしやすいです。

『車輪の唄』チャリでチャマの家


(動画:Chameleonさん)

コードジャカジャカも合いますね。
ジャカジャカはレベル1です。

「チャリで来た」思い出した。笑

『sailing day』レベル3の基準


(動画:白輪さん)

バンプでエレキギターなら、この曲が面白い。

ギターフレーズを歌える」くらい、耳に残りやすいギターパート。レベル3の特徴です。

めちゃ失礼ですが「バンプのエレキが楽しい・・だと・・?」と震えた曲。増川さん、そして何故かポンツカを思い出す。

『sailing day』は、映画『ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険』の主題歌。アニメだと、アラバスタ編が終わったあたり・・ワンピースはアラバスタ編が一番好きです。世界史っぽいというか”物語”が一番濃いと感じます。

好きなキャラはもちろん「斧手のモーガン」ですね。右腕に斧を埋め込む魔改造。回転力は己の腕で作り出す、柄の特性を殺した改造、並みの神経じゃできません。FF7バレットもびっくり、まさに海賊!って感じ(※海軍大佐です)。

『ダンデライオン』チキンピッキング
ダンデライオン/BUMP OF CHICKE ギター 弾いてみた

(動画:mid_126さん)

チキンピッキング風のイントロが印象的な曲。ピックだけでも弾けますが、せっかく(チキンピッキング風)なので、右手の中指や薬指も使って演奏してみてください。

私を含め、周りのギターキッズは皆このイントロだけコピーしてました。

単純に、00年代でカントリーの雰囲気漂うJ-POPが珍しかった(ギターのコピーといえばロックだった)ので、演奏するときも新鮮だった記憶。

ダンデライオン、オズの魔法使なのかな。

『fire sign』アコギとブルース
ニコニコ動画で見る

(動画:axele7さん)

まあカッコいいアレンジ。カントリー・ブルースっぽい?

ニコニコの良さは、これです。もちろんコピーさせていただきました。忘れている方もいると思いますが、アコギはブルージーな曲との相性抜群なんです。

RADWIMPS

ラッド。

バンプと比べられがちですが、バンプとラッドのメンバーは仲良いらしいですよ。

ギターは繰り返しフレーズが多い印象。
右手の練習になります。

『トレモロ』ペダルを踏む


(動画:きゃらめるさん)

「ギター弾いてるぜ!」感抜群。

単音フレーズも印象的で「間違えたら絶対バレる、どうしよう」という緊張感も味わえます。笑

ペダル」を踏む(エフェクターを切り替える)楽しさ、ギターテクニック盛りだくさん、忙しくも飽きない1曲。

『祈跡』繰り返しフレーズ
YouTubeで探す

アコギでポロポロ弾くならこの曲。
スローテンポですが、ピックで同じフレーズを繰り返し弾くので右手の練習になります。

『いいんですか?』レゲエと裏拍
いいんですか? RADWIMPS MV

「今まで俺は何回お前を」あたりのレゲエ風味なフレーズ。裏拍で”チャッ”と切るのは、ロックでは珍しいリズム。

ジャンルに縛られない意外なフレーズが入っていたりするので、ギター練習にピッタリです。

UNISON SQUARE GARDEN

ユニゾン。

コード弾きはコード弾きなのですが、リズムとチェンジの難易度が少し高め。慣れていない人にとっては、レベル4くらいかもしれません。

高フレットの使用が多く、動画を見る限りポジション移動の少ないコードチェンジが多いので、1度はコピーしておきたいバンドです。

『シュガーソングとビターステップ』キメを合わせる
UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」ショートVer.

キメ(曲にアクセントをつけるフレーズ)」が多く、他パートとリズムを合わせてナンボの曲ですが、これが結構難しい。バンドを組んだら是非コピーしたい1曲。コード弾きはカッティング気味です。

一瞬プログレっぽいフレーズ(1分35秒あたり)も顔を覗かせ、後半の間奏ではさらに・・。

J-Popはリズム的に面白い曲が少ないので、特にドラマーは合わせたい曲でしょう。いや、合わせたい!笑

ワンオクでドラムの手数に触れましたが、あちらは音数による面白さ。一方UNISON SQUARE GARDENのドラムは、(他パート含め)リズム的な面白さです。バンド全体に求められる技術レベルも上がります。

Aメロ前半をベース・ラインで埋め尽くし、歌を聞かせつつベースもみせる。ギターがアクセント的にコードの流れをみせて、Bメロでの変化、サビのジャカジャカ。キメとブレイクで音の空白を作り、ベース・ラインが途切れる快感(と弾き始めの疾走感)。3ピース・バンドのお手本のような曲です。

メロディ、コード、歌詞の音とリズムも気持ち良い。初心者のうちにコピーしておけば、かなり勉強になると思います。ポップとマニアック、シュガーとビター?のバランスが良い感じ。

ベース動いてますねぇ、体が。
一番ステップ踏んでるでしょ。

『オリオンをなぞる』低音の副作用
UNISON SQUARE GARDEN「オリオンをなぞる」LIVE MUSIC VIDEO

ベースの荒ぶり方をご覧ください。これがリズムフレーズ荒ぶりのバランスの取れた演奏。”ベースが一番動く”このパターンのバンドが多いイメージ。カメラも追わずにはいられない。安心します。

ベーシストをここまでさせるものは、一体何なのか。多くのギタリストは”普通の”変態ですが、ベーシストは闇が深い。低音の副作用なのか。

UVERworld

ウーバー。

リズムギターはレベル2ですが、リードギターはレベル3くらいでしょう。

バッキングでは刻みが多いので、右手が鍛えられるバンド。ヘビーでハードな金属の道に進みたいのであれば、刻みの練習に是非。

『CORE PRIDE』ちゃんとカッコつける
UVERworld 『CORE PRIDE(LIVE at Avaco Studio)』

ライブ映像もカッコいい。

中途半端にカッコつけるとダサくなりがち。どうせやるなら、全力でカッコつけた方が良いですよね。

『expod-digital』インスト
Expod-Digitalを一人で演奏してみた

(動画:太田胃散さん)

アレンジが素敵です。スラップにカッティング、シビれます。レベル3の範囲内、じゃないですね。

supercell

スーパーセル。

やなぎなぎさんの絞りだすような歌い方、透き通っているのに艶っぽい歌声、素敵でした。

詳しくないですが、固定メンバーとしてのギタリストはいないと思います。当然、曲によって難易度は異なりますが、べらぼうに難しい曲は、私の知る限りありません。

『君の知らない物語』ボカロ文化が生み出したもの


(動画:マウリーさん)

マウリーさん、やっぱり上手い。
ライブ慣れしている感じがします。暴れ回っても、余裕の表情で弾いてそう。

『君の知らない物語』はテレビアニメ『化物語』の主題歌。

どちらか?」と聞かれれば、羽川さん。

誰が?」と聞かれれば、月火ちゃん。

どの声が?」と聞かれれば、沢城みゆき・・いや堀江由衣、いや・・

「レベル3」はここまで。次は「レベル4」です。

※次ページ「レベル4」

スポンサーリンク
関連コンテンツ