五度圏(サークル・オブ・フィフス)の見方と覚え方!

五度圏(サークル・オブ・フィフス)ほど便利なものはありません。正直、楽器の練習において、最も便利な資料だと思います。

皆さんは、五度圏をご存知でしょうか?
知らない方は是非、知って欲しい。私なんかもう、待ち受けを五度圏にしたいくら・・・うそです。

五度圏!

1.五度圏の見方

本来の五度圏は、シンプルに音名だけを載せたやつらしいのですが、少し情報を足してみました。

wikiの五度圏を参考に作ったのですが、音名は英音名に変更しました。頑張ればもっときれいに配置できたのでしょうが、頑張れなかったのでご容赦ください。

五度圏とは

12の長調のなかから任意の調を選びだし、それを出発点にして、そこから時計回りに完全五度の関係にある調を順番に配列していくと、12の長調からなる円を作ることができる。音の総数12と、完全五度に含まれる半音の数7は互いに素であるため、この方法により12の長調すべてを重複も欠損もなく完全に取り尽くすことができる。
五度圏 – Wikipedia

完璧な説明。確認してみましょう。
Cを基準にみてみます。

右回り(時計回り)は完全5度上・・Cの右隣はG。KeyCの「Ⅴ」です。あってますね。

左回りは(反時計回り)は完全5度下(完全4度上)・・Cの左隣は「F」。KeyCで考えると「Ⅳ」です。完全4度上なので合ってますね。

念のため、Fを基準に(F=Ⅰとして)考えてみます。
KeyFの構成音は「F、G、A、B♭、C、D、E」。F「Ⅰ」ならばC「Ⅴ」で・・合ってます。

五度圏を使えば、ある音五度上五度下の音を知りたいときは、一瞬で探すことができます。

5度上、5度下の音を知りたい瞬間は、本当によくあります。コード進行を自分で考えるとき、コードをリハーモナイズするとき、アドリブ、曲の分析、他にもたくさんあるでしょう。

次は、五度圏の音名を見てください。内側の円に、□mという文字が並んでいます。これが、平行調です。

Cの内側にはAm。「Cメジャーキー」の平行調は「Aマイナーキー」という見方。

円の外側には#が見えます。これが「調号」。調号は、五線譜の左端に書いてあるやつ。これで、キーがわかります。詳しくは後ほど。

また、こんな見方もできます。
Cを基準に右に1つ隣はGで、KeyCだと「Ⅴ」右に2つ隣はDで、KeyCだと「Ⅱ」です。

そして、Cから1つ左のFと、Cから右に5つのBまでCメジャースケールの音です。

Cメジャー・トライアド、Cマイナー・トライアドならこんな感じ↓

五度圏はいろんな見方ができるので、探してみてください。

2.五度圏の覚え方

覚え方は、いたって単純。
右回りは「ソレラミシ
左回りは「Fシミラレソ」
もしくはシミラレソです。

Cから右に1つ移動するごとに#が1つ増えます。
例えばKeyAなら「ソレラミシ」のラで、3つ目なので#も3つ。

逆にCから左に1つ移動すると、♭が1つ増えます。
例えばKeyA♭なら「Fシミラレソ」のラで4つ目なので、♭も4つです。

「ソレラミシ」「(F)シミラレソ」を覚えるだけ。
1分もかかりません。

3.裏コード

先に、裏コードを紹介しておきます。

裏コードは、
Ⅴ7コードの代理として、使用できるコード」です。
リハーモナイズで使うことが多いです。

さて、裏コードというからには、何かの”裏”なんでしょう。

KeyCでみてみます。
KeyCのⅤ7はG7。そして、Gのは・・対角線にみてください。

Gの対角線上にある音D♭
KeyCで考えるとDはⅡなので、D♭は「♭Ⅱ」です。

はい!この「♭Ⅱ」が裏コードです。
Ⅴ7のときに代理できます。これが結構面白くて、例えば「Ⅱm7→Ⅴ7→Ⅰ」というコード進行の場合、裏コードを使って「Ⅱm7→♭Ⅱ7→Ⅰ」とします。

ここでルートに注目!
代理する前は「Ⅱ→Ⅴ→Ⅰ」と音程に開きがありました。しかし、代理後は「Ⅱ→♭Ⅱ→Ⅰ」と、ルート音が半音で移動してめさスムーズです。

コードトーンにも注目してみます。
Ⅴ7のポイントは、3度と7度のトライトーンでした。

G7だと長3度が「B」。短7度が「F」
つまり「BF」の音程がトライトーン

トライトーンはひっくり返しても(転回させても)トライトーンです。つまり「BF」なら「FB」。

では、G7の裏コード「D♭7」を見てください。
D♭7のコードトーンは「D♭、F、A♭、B」。
長3度が「F」で、短7度が「B」

そういうことです!
G7の3度(B)と7度(F)が逆になって、
裏コードD♭7の3度(F)と7度(B)。

Ⅴ7♭Ⅱ7(裏コード)は、トライトーンを共有しています。
これが、裏コードです。

続きは>五度圏と調号でKey探し!