ギターのコード・チェンジ練習!【TAB譜あり】

前回のコード練習の続きです。
曲に合わせてコードを弾いていきましょう。

曲に合わせてコード・チェンジ!

今回も、ポジションを覚えることが目的の一つなので、「CAGED」ポジションをまんべんなく使用していきます。

スムーズにコードチェンジできるよう、ポジション付近で弾きます。

1.ガーネット

アニメ映画『時をかける少女』の主題歌です。
KeyCにしたかったので、この曲にしました。サビからE♭に転調しますが、それも良い練習になるかと・・。

ガーネット
(作:奥華子 /作曲:奥華子 / 唄:奥華子)

※↓YouTubeリンク(クリックで飛びます)
『ガーネット』

はじめのKeyはCで、サビからE♭転調します。
コード譜は、ネットで見れるやつを少し簡単にしてみました。今回も1番だけです。

ガーネット(inC).png

(※↑画像クリックで大きくなります)

(1)1度と3度の練習

演奏する前に、準備運動。
三和音のコードを弾く前に、骨組みとなる「1度」「3度」を演奏してみましょう。6弦と3弦で弾いてみます。

慣れてきたら、5弦(R)と2弦(3度)、1弦(R)と3弦(3度)も弾いてみてください。

メジャー系のコードはこう↓

マイナー系のコードはこうです↓

タブ譜も用意しました↓

ガーネット01-001.png

ガーネット01-002.png

6弦ルートにしぼったので、かなり平行移動します。2音同時に弾くと、きれいに響きます。

曲に合わせて弾く前に、まず自分で歌いながらゆっくりと練習してみてください。6弦の音名を覚える練習にもなると思います。

それではどうぞ。

・・・

どうでしょうか?
1度と3度だけで、コード感が出ていると思います。

たった2音を鳴らすだけでも十分なんですね。音数を減らした方が良い場合もあります。

コードをジャラーンなら、「なんだ、ただのコード弾きか」と思われた演奏も、1度と3度だけ弾くと「な、なんかカッコいいことやってる」と思われるかもしれません。

楽器やってる人にはバレますが。笑

(2)コード・チェンジ練習(CAGEDポジション)

準備運動も済んだところでコードチェンジいきましょう。

【C】ポジション

Cポジション

KeyC→KeyE♭への転調なので
そのまま平行移動させる場合は、こう↓

近いポジションで弾くなら、こう弾くのがおススメ。
KeyC(Cポジション)KeyE♭(Dポジション)

今回はCポジションのタブ譜は作っていません。Eポジションで作りたかったからです。2つ作るのはめんどk

【A】ポジション

Aポジション

KeyC→KeyE♭への転調で、そのまま平行移動させる場合は、こう↓

近いポジションで弾くなら、こう弾くのがおススメ。
KeyC(Aポジション)KeyE♭(Cポジション)

タブ譜は、Eポジションのみです。

【G】ポジション

Gポジション

KeyC→KeyE♭への転調で、そのまま平行移動させる場合は、こう↓

近いポジションで弾くなら、こう弾くのがおススメ。
KeyC(Gポジション)KeyE♭(Aポジション)

タブ譜は、Eポジションのみです。

【E】ポジション☆

Eポジション

KeyC→KeyE♭への転調で、そのまま平行移動させる場合は、こう↓

近いポジションで弾くなら、こう弾くのがおススメ。
KeyC(Eポジション)KeyE♭(Gポジション)

それでは!
タブ譜作りましたので、参考にしてください。

ガーネット02Eポジ-001.png

ガーネット02Eポジ-002.png

最初だけ説明します。
23-50ga.PNG

前奏は省いて「グラウンドかけてく・・」からです。
「Eポジション」なので、「C→G→F→C」のコード進行を

こんな感じで弾いています。
その後も、できるだけ、Eポジション内で演奏しています。

そして、KeyE♭の転調に合わせて、平行にポジション移動。ルートと指板の仕組みさえわかれば、コードを作るのは簡単です。

指板の音は「指板(フィンガーボード)一覧 」にまとめています。スケールはギタースケール一覧を参考にしてください。

ポジション内で自由にコードチェンジできるようになると、もう初心者卒業。ポジション内でのコードチェンジは音程の上下幅が少なく、自然な伴奏で演奏の幅も広がります。

是非練習してみてください!

【D】ポジション

Dポジション

KeyC→KeyE♭への転調で、そのまま平行移動させる場合は、こう↓

近いポジションで弾くなら、こう弾くのがおススメ。
KeyC(Dポジション)KeyE♭(Eポジション)

タブ譜は、Eポジションのみです。

指板の理解も、深まってきたのではないでしょうか?
指板をかけ回れるようになると、その先には広い世界が広がっています。まだまだ越える山はたくさんありますが、いつまでも指板と仲良くしていきたいものです。

指板はともだち

次回は、ギターを使わない練習【脳内エアギター】です!
ありがとうございました。

次回は>ギターを使わない練習!