耳で簡単に探せるマイナーキー!

耳で探す転調!」に続いて、シリーズ最終回。
今回は「マイナーキー」と、いくつかの「転調」を探していきます。普通に「キー」を耳で探して「あれ?なんかおかしい」と感じた場合、それはたぶんマイナーキーです。

マイナーキーとは何でしょうか?
マイナーキーとは、マイナースケールを元にしたキーです。
マイナースケールとはなんでしょうか?

マイナースケール(短音階)とは

もっとも基本的な短音階は自然的短音階といい、ii度音(音階の下から数えて2番目の音)とiii度音、v度音とvi度音の間が半音である。これ以外には、和声的短音階、旋律的短音階が存在する。
短音階 – Wikipediaより

ごちゃごちゃ書いてますが、一番の特徴は短三度です。

詳しくはマイナースケールで説明していますが、今は難しく考えず、感覚でちょちょいと探してみましょう。

では一体、どうやってマイナーキーを探すのか?
以下の手順で探します。

①今まで通り、メジャースケール「ドレミファソラシ」でKeyを探してみる。
②主音を見つけたけど、ド以外の他の音がなんかおかしい。合わない。
③マイナースケールだと仮定して、主音に変える
実際にやってみましょう。

耳で探すマイナーキー!

1.さぁ

今回の1曲目は、SURFACE

さぁ
(作詞:椎名慶治 / 作曲:椎名慶治/永谷喬夫 / 唄:SURFACE)


(Amazonリンクです)

アニメ『まもって守護月天!』のオープニング。

コロコロチキチキペッパーズが、キングオブコント2015のネタで使用したらしく話題になりました。・・アニメのファンでしょうか?

それではいきましょう。

※↓YouTubeリンク
『さぁ』

主音ラに変える

まずは、
今まで通り「ドレミファソラシでキーを探してください。

「うーん。っぽい音は見つけたんだけど、それ以外の音が、何か合っていない気がする。特にミの音とか・・・」

素晴らしい。

以外の他の音がなんかおかしい。合わない。
ということですね。でも、の音は合いますか?
主音の音名は、Gで間違いありませんか?

「はい、そうです」

わかりました。それでは
主音変える
いきます。

まず、今の主音の位置はここでしょうか?


「はい。そうです。」
では、このに変えてみましょう。
それ!

どうでしょう?

「ちょ、ちょっと・・何言ってるかわからないです」

説明します。
結論から言うと、「G=ド」ではなく「G=ラ」を当てはめるということ。手順通りに見ていきましょう。

まず、マイナーキーを探すためには、
今までと同じ方法で、キーの中心音を探します。今回ならG。今までなら、そこに主音を当てはめドレミファソラシとなり完成!でした。

この方法が成り立つのはメジャーキーで、メジャースケールの場合です。今回は、マイナーキーでマイナースケールなので、今までのやり方プラスαが必要。

まず、は大丈夫ですね。
次にで、とりあえず「ドレミファソラシ」を当てはめたけど、主音以外の音が合わない!と、気が付きます。

ここで重要なのは、”主音の音は確実に合っている”ということ。確信を持てれば、スムーズにマイナーキーへと移行できます。

の主音に変える
これは難しいように思えますが、実はめちゃめちゃ簡単です。

今回は、キーの中心音Gに主音を重ねる方法で。

黒色のG(3弦12フレットもしくは1弦15フレット)が、今まで押さえていたポジションです。G=主音

それを今度は、主音として押さえます。

G=主音ポジションはそのままでも良いのですが、今までのフォームをそのまま使用できるように、4弦1弦主音がくるポジションを使ってみましょう。
こんな感じ↓

どうでしょうか?
音名Gの位置に主音を重ねて、他は見たことある配置。今回は、低いソラシの音を足しましたが、すぐに覚えられます。これがGマイナーキーです。

平行調でB♭メジャースケールという考え方(B♭=ド)もできますが、説明がややこしくなるので今回はこれでお願いします。

考え方として押さえて置きたいのは、メジャースケールは主音を基準とする「ドレミファソラシ」の音階だということ。

そして、マイナースケールは、主音を基準とするラシドレミファソの音階とも言えるということです。

主音は変えられるんです。

ちなみに、メジャースケールで主音を
にとると、ドリアンモード
にとると、ミクソリディアンモード
になります。(※今回は説明しません。)

もちろん、マイナースケールでも主音ドで表すことは可能。その場合「ドレミ♭ファソラ♭シ♭」となります。これでもいいのですが、やはりはじめの内は「ラシドレミファソ」の方がわかりやすいかと(※主音ドの方法も一般的。私は基本主音ドの方を使います)。

やはり、最初は主音=ラでいきましょう。マイナースケールの音の間隔は「全半全全半全全」。メジャースケールの「全全半全全全半」をラから並べた形。

ちなみに、今紹介したのは「ナチュラル・マイナー・スケール」なのですが、マイナー・スケールは有名なものが3種類ありまして、残り2つは「ハーモニック・マイナー・スケール」と「メロディック・マイナー・スケール」です。コード進行を考える上では必須のスケールなのですが、ややこしくなるのでここでは説明いたしません。

それでは、弾いてみてください。
ポイントは、主音がラなのでの音に落ち着く(終止感を出す)です。それではどうぞ。

・・・

どうでしょうか?

2.Listen!!

けいおんの放課後ティータイムより

Listen!!
(作詞:大森祥子 / 作曲:前澤寛之 / 唄:放課後ティータイム(平沢唯(豊崎愛生)/秋山澪(日笠陽子)/田井中律(佐藤聡美)/琴吹紬(寿美菜子)/中野梓(竹達彩奈)))

演奏は、川口千里さん。
手数王のお弟子さん。この年でこのテク。彼女の動画を見て、はたして何人のドラマーがスティックを投げたことか。笑

それではいきましょう。①②③の手順を思い出しながら、どうぞ。

『Listen!! 』

どうでしょうか?

キーはAmです。
さっきの①②③の手順で、主音ラを見つけてください。

やはりアニソンだけあって、細かいところで変化しているようにも感じます。でも、基本はAマイナーキーで大丈夫でしょう。

『Listen!! 』を途中で止めるなら
4秒
12秒
20秒
37秒
45秒
51秒
56秒
1分2秒、1分7秒、1分10秒あたりでしょうか。

マイナーキーでの転調!

それでは最後に、マイナーキーの転調です。
転調には、いくつかのお決まりパターンがあります。

・以前紹介した半音上への転調
・C→Amなどの平行調への転調
・C→Cmなどの同主調への転調
・C→(Cm)→E♭などの同主調の平行調への転調
・G→Cなどの完全5度下(4度上)への転調
・これらの組み合わせパターン。

それ以外にも代理コードへの転調や、もちろん自分が良いと感じた転調はすべて大丈夫です。

マイナーキーの曲を探すため、ニコニコ動画のメドレーをダラダラ流していたのですが、あることに気が付きました。「マイナーキーって意外と少ない!」。バラードっぽい曲でも、メジャーキーがほとんど。ロックっぽい曲の方がマイナーキーが多い印象でした。

さらに、「マイナーキーの曲は、メジャーキーの曲よりも転調が多い」気も。サビに入るとメジャーキー転調して、明るく(視界がパッと開けた感じ?)なるような演出です。

転調ってこう使うのかぁと、作曲の勉強にもなります。

1.めざせポケモンマスター

それでは!皆さんお馴染みの、あの曲で!
マイナーキーの転調を体感しましょう。

めざせポケモンマスター
(作詞:戸田昭吾 / 作曲:たなかひろかず / 唄:松本梨香)

演奏は、ティッシュ姫
『ニコチュウの俺の嫁に「めざせポケモンマスター」のベースを弾かせた』

※↓ニコニコ動画リンク
『めざせポケモンマスター』

どうでしょうか?
しょっぱなの”バクラ”のセリフから始まり(笑)

獏良了とは,遊戯王の登場キャラクターである。(中略)
千年アイテムの一つ「千年リング」の所持者であり、時折人格を乗っ取られる。乗っ取られている間の記憶は表人格には残らない。
獏良了とは (バクラリョウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

はじめのKeyAマイナー(Am)です。

そして、33秒の「ポケモンGETだぜーいぇいぇいぇい・・」
のところでKeyAメジャーに転調します。
同主調への転調。

マイナーキー→メジャーキーなので、
中心音A主音から主音変更するだけ。
歌詞的には「マサラタウン(主人公の故郷)からの旅立ち」シーン。

ポジションはとりあえず、2つ用意しました。
1つ目は、今までの型で弾けるポジション。
(フレットが変わっているので注意してください。)

そして、2つめは新しい型(フォーム)。
4弦7フレットのAを、そのまま使えます。

2番でAmに戻り、途中でAメジャーへ転調、
「ああ あこがれのー」らへんでAm(C)
「ユメは いつかホントになるって」でAメジャー
「ああ あこがれのー」らへんでAm(C)

同主調を行き来する感じ。途中「ああ あこがれのー」らへんから、所々Amっぽくなく(Cっぽく)なりますが、今回はAmでいきましょう。

アドリブから、階名、移動ド、Keyと見てきましたが、普段何気なく聴いていた(演奏していた)曲も、視点を変えてみると面白い。次回は耳コピいきます。
ありがとうございました。

次回は>メロディの耳コピ!

スポンサーリンク
関連コンテンツ