耳コピができるようになるコツと方法! 【歌メロコピー】で音感を鍛える

【ステップ2】にいく前に、「階名唱法(≒ソルフェージュ)」を説明します。

ソルフェージュ! #や♭を歌う

ソルフェージュ

歌いながらメロディを耳コピしていると

「#や♭は、どうやって歌えば良いの?」

という疑問に当たった方がいるかと思います。

「ミフラット」や「ソのシャープ」などの歌い方は、スピード性に欠けます。#や♭が登場しても、無視して(ミ♭→ミのように)歌うのもありだとは思いますが、それよりも直感的で歌いやすい方法があります。それが、階名唱法です。

階名唱法表

・「#」は基本的に「i」を付ける。
・「」は基本的に「e」を付けるが、Reはかぶってしまうので「レ♭=Ra」。
RLの発音の難易度が高い場合、任意の発音に変えるのもアリ。

このDo,Di,Re,・・という歌い方、wikiには「英階名」と記載されていました。が、何かの本に「バークリー式」と書かれていたような(どっちでもいい)。

発音方法は他にもいくつかありますが、私はこれが気に入っています。自分で好きな発音を考えるのもアリです(短く発音できれば何でもいい)。

「ti=ティ」を歌うと、きっと『サウンド・オブ・ミュージック』のシーンを思い出すでしょう。

サウンド・オブ・ミュージック、小学生のときに音楽の授業で観ました。同級生が「ティ」の発音を面白がって、騒いでいた記憶。発音をバカにする人は、いつまでたっても耳がよくならないし、外国語も上達しない。堂々とtiを発音しましょう!

ちなみにちなみに、
サウンド・オブ・ミュージックの劇中歌『My Favorite Things』は、ジャズのスタンダードとして超・超有名。是非聴いてみてください。私の『My Favorite Things』のMy favorite playerはBill Evans。

最近だと、アニメ『坂道のアポロン』の文化祭シーンがシビれました。↓でポリリズムについて少しだけ書きましたので、よろしければ。

坂道のアポロン第7話「文化祭シーン」で演奏された曲の順番と、Perfumeで有名なポリリズム、ジャズのスウィング、感想について書きました。

耳コピ! 歌メロコピーで音感を鍛える(2)

つづきです。

【ステップ2】覚えている曲で再生しながら練習

ステップ2

【ステップ2】は、耳コピのスピードを上げる練習です。

最初はスピードに追いつかず、音を間違えまくります。成長速度はさっきの「ステップ1」に比べて遅めですので、難しすぎる場合は【ステップ1】を鍛え直してから再挑戦。今回も、メロディを全て覚えている曲を使用します。

手順は
①曲を再生して、Keyを探す。
②出だしの音を取る。
曲を流しながら、耳コピ開始。

初回の完コピは、難しい。「歌でできることは、楽器でもできる!」と自分に言い聞かせ、チャレンジしてみてください。

最初の内は、完コピを目指すのではなく、カラオケで合いの手を入れる感覚でコピーすると、コツがつかめます。「1フレーズ分、遅れて弾く」みたいな感じです。

歌詞と歌詞の間にある空白を狙って、直前のフレーズを弾いてください。大人気テレビアニメけいおんの劇中歌『天使にふれたよ!』を例に挙げると、

「ねぇ 思い出のカケラに」

というフレーズなら、「カケラに」(ミレドミー)の部分を合いの手にして、1フレーズ歌い終わった空白部分で「ミレドミー」と弾く(もしくは階名で歌う)感じです。

1番と2番は、メロディが似ていることが多いので、だんだん耳コピの精度は上がっていきます。スピードに追いつかなければ、曲を途中で止めても良いですし、間違えても無視して弾いて構いません。自由です!

ただ、今回の練習は、耳コピのスピードアップが目的なので、できるだけ曲のメロディについていく意識で練習してください。

テレビで流れている音楽を、リアルタイムで耳コピするのも良い練習になります。音楽番組を見ながら、初めて聴いた曲を耳コピ、2番のサビでユニゾンできたときの快感たるや・・。

個人的には「ライブ映像を流しながら、約2時間ひたすら歌メロ(と簡単な楽器ソロ)をコピーする」練習が(楽しいので)おすすめです。メロディを良い感じに変化させて、アドリブっぽく弾くと倍楽しい。

【ステップ3】うろ覚えの曲で練習

ステップ3

【ステップ3】からは、本格的な耳コピ。

メロディがなんとなくわかる曲、つまり「うろ覚えの曲」を使います。

①曲を再生して、Keyを探す。
②出だしの音を取る。
までは同じ。

③で、曲を再生して1フレーズ(何秒でも良い)聴いたら曲を止めて、そのメロディを弾いてください。そしてまた再生、次のフレーズをコピー。の繰り返しです。

耳コピを繰り返すうち、「好きな曲のメロディをコピーしたら、以外と簡単(音数、動き、跳躍がシンプル)だった」などいくつかの発見をした方もいるでしょう。

「メロディだけだとそうでもない(ありふれている)のに、伴奏と合わせて聴くとすごく良い!」というのも、あるあるの一つ。「自分がもしそのメロディを思いついていても、”ボツ”にしていた」可能性もあります。編曲家おそるべし。繰り返しフレーズ、音程の動きやリズムのパターンなど、”キャッチー”の秘密が見えてくるかもしれません。

一通りコピーした後は【ステップ2】と同じように、曲を流しながら弾いてみましょう。

もしくは・・

今の時代だからできる練習方法。

YouTubeなど動画サイトを開いて「ピアノ ○○」で検索してみてください。何でも良いのですが「できるだけメロディが簡単な曲」がおすすめ。

ピアノ初心者向けの教本を調べてみて、例えば「ピアノ トンプソン」あたりで検索。右手が移動しない、音域の狭い曲(ド~ソだけなど)も多いので、【ステップ2】までクリアした方は「すげー、めっちゃ耳コピできる」と成長を実感できるかもしれません。モチベーションも上がります←重要。

慣れてきたら、次はスローテンポの「ウォーキングベースライン」がおすすめ。コードトーンの耳コピ練習に最適で、半音(クロマチック・アプローチ)も含み、コードトーンに着地するのでわかりやすい。

低音が聴き取りづらい場合は、ブルースのギターソロなど「テンポの遅いソロ(単音弾き)」からコピーしてみてください。

【ステップ4】全く知らない曲で練習

ステップ4

【ステップ4】は、耳コピというよりアドリブトレーニングです。

全く知らない曲を使用して欲しいのですが、本当に全く知らない曲じゃなくても良いです。そこは、各々で解釈してください。

手順は【ステップ3】の②まで同じで、曲を途中で止めずに耳コピします。1フレーズごとに後から追いかけるよう弾いたり、ハモリや合いの手(オブリガート)を入れてみたり。とにかくスピードに乗りたい。

当然、全く知らない曲の1周目完コピは不可能ですが、曲に急かされることで「もっと速く、正確に!」と意識せざるを得ない状態に。この練習が、アドリブにいきてくるような気がします。そんな気がしなければ、やらなくて良いです。笑

耳コピあれこれ!

最後に、耳コピのあれこれ。

曲のコピーは必要か?

耳コピだけでなく、楽譜(スコア)でのコピーも含めて、曲をコピーする必要はあるのでしょうか?

曲をコピーする必要は・・あります!

音楽以外で考えると、書道家が先生の字を真似する、小説家が尊敬する作家の文章を写す、絵描きが模写するといったように、あらゆる分野で良い作品(人)を真似るというのは基本とされてきました。真似ることには、それなりのメリットがあるからです。

楽器の場合、実際に演奏してみないと気がつかないことが結構あります。曲を聴くだけだと「なんとなくカッコいい音だから入れたんだろうなぁ」で終わってしまったフレーズも、実際に演奏してみると「この音をクロマチックで繋ぎたかったのか!」とか「ここでコードを借りてくるのか!(Ⅳm、Ⅲなど)」など、作曲者の意図やクセ、テクニックなどを肌で感じることができます。

それらの技法は、巷にあふれた教則本などから効率よく入手することができますし、スコアを眺めるだけでも、知識として手軽に知ることはできます。しかし、実際に演奏することで得られる実践的な経験は、特に楽器を始めたばかりの初心者にとっては、他に変えがたい貴重な経験。

知識や経験が増えることで、新しい気づきがあるのもコピーのおもしろさ。メロディやベース・ピアノパートなどとの関係も見えてくるので、是非チャレンジしてください。

耳コピが全然できない!

「耳コピは難しい!楽譜が無いと無理!」

と感じている人は、間違ったやり方で耳コピしているのだと思います。いきなり速いフレーズ複雑なコードの耳コピから、はじめていませんか?

耳コピは、音当てゲームではありません。「このフレーズは、”シドレー”だな」と、音程を認識しながらコピーしていかないと、音感は成長しません。日本人のカラオケ文化もあってか、ドレミでわからなくとも簡単に歌謡曲を歌うことができます。

逆にそれが「何で歌えんのに(歌えるのに)、耳コピできんのや(できないんだ)!」とイライラに繋がると思うのですが、よく考えると”音程を認識するレベル(音感)”は、既に高いレベルにあるといえます。「この音は、少し外れてますねぇ」と耳では理解できるのです。あとはそれを、音(ドレミ)に置き換えるだけ。

また、速弾きなど”速いフレーズ”の耳コピは、「耳が速さに慣れる」ことで難易度が下がります。音の高さを聴き分ける以前に、そもそも「それぞれの音を追えているのか」というのも意識してみてください。「自分が演奏できるスピード」の音は、音程が何かわからなくとも(音が潰れていない限り)大体聴き取れます。英語のリスニング、目なら球技で球速に慣れるのと似たような感じ。

音楽も、スポーツや勉強と同じ。きちんと練習すれば、ある程度のレベルまでなら誰だって伸びます。より高みを目指すなら、専門とする学校に行く、すごい人に直接教わる、または血便が出るような修行を。

しかし、耳コピに関しては”基礎中の基礎”です。誰でもできますし、誰しもができるべきです。

以上です。
ありがとうございました。

次回は>「耳コピ」実践編!

関連コンテンツ

コメント

  1. どせいさん より:

    君が代はどう歌うのがいいか教えてください。
    1をドに固定するということは、DドリアンなのでDをドとして歌うのがいいですか?

    • masatomy より:

      基準とする音源がわからないのでキーは何とも言えませんが、今歌ってみた感じだと「きみがーよーは」は「レドレミソミレー」がしっくりきます。私が最初の2小節で終止感を感じたのは「きみがー」の「み」の音程です。後半何かしらの(民族的な)旋法を使っている印象も受けますし、終止感が薄いメロディで、何より伴奏が無いので難しいですが、(私は)ドリアンでは無いと思います。

      ドリアンだと感じた箇所を教えてください。

      ちなみに、「1(スケールの主音)=ド」に設定するのは”相対音感的に理解しやすくする”のが目的であって、何でもかんでも「1=ドにすれば良い」ということではありません。旋法が変化してもドはそのままのときもありますし、その逆(転調に合わせてドも変化させる場合)もあります。「どのように歌えば”自分が”音程を理解しやすいか」で決めてください。

  2. ショウユ より:

    本当に音感が無い人は何度聞いても、わからないんですよね(私のことですが)
    階名と聞いた音が合ってるのか合ってないのかすらが分からない
    もしかしたら偶然で合うかもしれませんが次のフレーズも偶然で見つけるしかありません
    そもそも間違っていたとしても何が間違ってるのか(一音違うのか二音違うのか)がわからない
    >>書いてあることが全然理解できない上にステップ0もできやしない…
    というのはそういうことなのです、僭越ながら代弁させていただきました
    助けて下さい

    • masatomy より:

      >>書いてあることが全然理解できない上にステップ0もできやしない…
      というのはそういうことなのです

      「言いたいことはわかるけど全然できない(効果が実感できない)」ということでしょうか。「書いてあることの意味がわからない」ということでは無いでしょうか?いずれにせよ言葉足らずで、コメントお返ししづらいです。

      また「全然理解できない」とだけ書かれる方は、”理解したい(成長したい)”という意欲が薄いなと感じます。「ここが理解できない」と書かれた方が、コメントされた方にとって建設的であろうと感じるのですが。理解できなかったことへの憂さ晴らしコメントであれば、やめて欲しいです。

      脱線しました。
      ショウユさんのコメントに戻り、本サイトは楽器趣味系のサイトですので「カラオケで音程を外したら気が付く」くらいの方を意識して書いています。私自身、その筋(音楽教育?)の専門家ではありませんので「本当に音感が無い」と感じていらっしゃるショウユさんに適切なアドバイスはできません。申し訳ありません。

      「音感が無い」ということですが、例えばキーボードでドを鳴らしながら、その音に合わせてドの音を発声することはできますでしょうか?また「音が合ってるのかわからない」ということですが、キーボードと声で同時にドを出した場合、同じ音だと認識できますでしょうか?

      音は振動ですので、同時に鳴らしてみると「合ってるorあってない」がわかりやすいです(合ってる場合、重なって1つの音のようにも聴こえますが、ずれているとハッキリ複数の音に聴こえます)。2つ同時に鳴らして「ずれているorずれていない」を認識できないようでしたら、本当に音感は無いのだと思います。

      (どの音程かわからなくても)2つの音が「ずれているorずれていない」が理解できるようでしたら、少なくとも音感はあります。あとは自分のレベルに合ったトレーニングです。

      階名に関しては、歌メロ1音進むごとに「ドレミファソラシ」を歌ってみるとコツがつかめるかもしれません。記事に追記しますのでそちらをご覧ください。

  3. 部員 より:

    書いてあることが全然理解できない上にステップ0もできやしない…

    • masatomy より:

      ごめんなさい。
      どこが理解できないか具体的に書いていただけないと、こちらもコメントできやしない…
      ステップ0は耳コピのコツです。”できない”の意味するところは何でしょうか。

      記事で伝えたかったのは「歌メロディの耳コピからはじめましょう」ということです。ただ、それだけだとあまりに不親切で記事として成り立たないので、コツや少し専門的な説明を足しました。

      本サイトを最初から読んでいただいている前提で書いていますので、「移動ド」や「主音ド」など音楽の基礎が理解できていないという意味であれば、ページ内のリンクから該当の記事をご覧ください。「耳コピ初心者」の方に向けての記事です。「音楽初心者」の方が馴染みの無い用語は別で説明しています。

      また「簡単にできる」ことを意識して書いていません。
      「ドレミの3音からはじめる」でも良いでしょうが、すぐ飽きますし、実践的ではありません。「歌のメロディを耳コピする」のが練習の順序として適当だと私は考えました。

      難しければ「鍵盤のドを鳴らし、合わせてドを歌ってみる」など音楽教室でありそうな、初歩の練習からはじめてみてください。

  4. アホ より:

    音階7音ではなくて半音があるから12音あるんですよね 当然半音もミミコピということでしょう 記述が12音ないので、、

    • masatomy より:

      音階は基本的に7音です。
      12音から7音を選び並べた、音階です。
      メジャースケールなら「ドレミファソラシ」
      ナチュラルマイナーなら「ドレミ♭ファソラ♭シ♭」
      ペンタトニックスケールなら5音ですね。

      12音を音階として捉えるならクロマチックスケールですが、12音のスケール感を身に付けるのは難易度高すぎです。メジャースケールにミ♭を足して8音にするだけでも難易度が上がるでしょう。今回のテーマは「歌メロで音感を鍛える」なので「メジャーやマイナースケールの音感をまず身に付け、その過程で残りの音程感覚も身に付け、最終的に12音全ての音感ついたら嬉しい」という感じです。