おすすめのストラトキャスター・タイプ! ~幅広い可能性~

試される音作り。

ストラトキャスターとは!?

「エレキギター?あぁ、あの棒みたいなやつ付いてるギターでしょ」

日本においてエレキギターの代名詞ともいえる、ストラトキャスター。「まてまて、そんなことはない」と反論する方は、レスポール派なのかもしれません。

ストラトキャスターは、Fenderが発表したエレクトリックギター。Fender社以外のものは、ストラトキャスター・タイプと呼びますが、面倒なので以降省略します。

ストラトがここまで上りつめたのには、過去の偉大なギタリスト達の影響が大きい。いつの世も、大衆音楽の持つ影響力は絶大です。

エレキギターは歴史の浅い楽器ということもあり、ここ100年で数々の進化を重ねてきました。「あのギタリストのギター、かっけぇー!」という憧れの積み重ねで、今のエレキが存在します。ヴィンテージ・モデルが人気の理由は、決して音だけではありません。

ストラトなら、ジミ・ヘンドリックス。良い意味でも悪い意味、ロックギタリストに大きな影響を与えた彼。激動の時代、荒れた生活も相まって「ロック・スターは短命」という、悲しい定説も生まれました。

しかし、ストラトキャスターは今もなお、世界中のギタリストに愛され続けています。

○トレモロ・ユニット

ストラトのブリッジは、他のギターと少し違います。

シンクロナイズド・トレモロと呼ばれる機構を用い、ブリッジ部をアームで動かすことで、音程を大きく変化させることができます。アームを押したり、(フローティング調整して)引っぱったりすると・・あの、ギュインギュインした音を出すことができるのです。

「調整、チューニングが難しい」「そもそもアーミングをしない」「邪魔」などの理由でアームを外す人もいます。そんなときは、ブリッジをボディに固定(ベタ付け)することでチューニングが安定するのですが、スプリングを締める以外に、トレモロに”木片”を挟んで固定する方法も有名です。

詳しくは、「第41回 めざせフェンダー博士【2】/J-Guitar.com様」をご覧ください。

また、アームを適当に保管していると、いざアームが必要になったとき「あれ、アーム・・どこ置いたっけ(汗)」となるケースも。まずはギターケースから探してみてください。笑

フローティング調整をした方は、「オクターブチューニング」もお忘れなく↓

ギターの弦高調整とオクターブチューニングの方法を、YouTubeの動画とともに説明します。

○ボディ

空洞の無いソリッドボディ。非対称に伸びたツノ。高音弦側と低音弦側の両方をカットしたダブルカッタウェイで、ハイフレットが弾きやすい

腕や肘に優しい、体にフィットするよう実用的に削り取られたボディ。角の無いセクシーな丸みは、座って演奏するときも優しく包み込める。ストラトに慣れると、他のギターを弾いたときに物足りなさを感じてしまうこともあるでしょう。

ストラトのボディ形状に似た、派生モデルも多く存在します。

○音

J-POPを聴いたことがある限り、1度は耳にしたことのあるストラト・サウンド。

ストラトは3つのピックアップ(フロント、センター、リア)と、フロント+センター、センター+リアの2つのハーフトーン。計5種類の音を出すことができます。それらを、セレクタースイッチで選択するのですが、コイルタップなどを使用すると、更に音色の幅が広がります。

テレキャスやレスポールと比べると真ん中よりのサウンドで、3つのピックアップによる音域、音色など音の差を使い、幅広い音作りが可能だと言われています。万能ストラトにするため、リアにハムバッカーを搭載する人も増えてきました。

個人的には、フロントPUのふくよかで奥行きを感じる音が大好きです。ストラトの特徴的な音として、ピキピキ、キラキラ繊細なハーフトーンを挙げる人も少なくありません。

ストラトサウンドは、いくつものパーツ、トレモロユニット(スプリング)、ピックガードに搭載されたピックアップ、ネックとボディをネジで止めるボルトオン方式など、あらゆる要素が重なってできています。そして、それらを調整することで音が変わるのも、ストラトの面白いところ。

エレキギターは、音作りを楽しむ楽器。そういう意味では、ストラトはエレキギターを最大限に楽しめる楽器だと言えます。

○ピックアップ

ストラトの基本仕様は、フロントPU、センターPU、リアPUの3つのシングルコイルピックアップ。フロントPU+センターPU、センターPU、リアPUのハーフトーンを含めて、計5種類の音を選択できます。


コントロール・ノブ
は基本的に、マスターボリューム、フロントトーン、センタートーンの3つ。リアPUのトーンノブが無いのも特徴の一つ。

フロントPU+リアPUをミックスしたり、ハムバッカーをのせたりと、「ストラトでできそうなこと」は大体試されています。

ストラトのシングルPUは、基本的に3つとも同じものを搭載。ピックアップ交換をするとわかりますが、パーツ類はピックガードに付いています。ピックアップ交換の際は、購入前に一度確認してみてください。

ストラト用ピックアップをお探しの方は、以下の記事も是非ご覧ください。

ストラトキャスター用ピックアップをまとめました。おすすめ・人気・伝統的なシングルコイル、ノイズレスなスタックタイプ、アクティブにハムバッカー・タイプなど。

○その他

ストラトに慣れるまでは、手がボリュームノブに当たってしまいます。ただ、あの配置のおかげでボリューム奏法がやりやすい。上手く付き合っていきたいですが、「このやろー!」とイライラする方は、外してしまうかボリューム以外に交換するのも手です。

ストラトキャスターの選び方!

各ギターに共通する基本的な違い(指板Rやネック幅など)は↓にて。

初心者の方向けに「ギターの選び方」をまとめました。ネックや指板の特徴、音の違いなど。特に手の小さい女性の方は気になる「ショートスケールは弾きやすいのか?」についても私なりの意見を。

●ピックアップの組み合わせ

ストラトといえば3つのシングルコイルですが、ギタリストのさまざまな要望を取り入れて、ハムバッカーとの組み合わせもよく目にします。

いくつか紹介します。

・SSS

フロントPU、センターPU、リアPU、3つとも全てシングルコイルストラトらしいスタイル。

元々のストラトデザインが3つのシングルコイルであった以上、これまでも、そしてこれからもずっと、愛され続ける組み合わせでしょう。

・SSH or HSS

Fenderが(ブリッジ側から見て)「HSS」と呼んでいますが、フロント側から考える方がわかりやすいので、「SSH」と表記するお店も多いです。

フロントPU、センターPUがシングルコイル、リアPUがハムバッカーの配列。ストラトらしいサウンドに、太くパワーのあるハムバッカーをのせる事で、1本で幅広い音作りができるよう考えられた組み合わせ。

歪ませたパワーコード、単音歪みソロでは「ハムバッカー」。チャキチャキ鳴らしたいカッティング、繊細なアルペジオでは「シングルコイル」というように、演奏中に切り替えて使うことで、ギター1本でカバーできる範囲が拡大。

ただし、シングルとハムの”音量差”に悩むことも。曲中でPUを切り替えるプレイスタイルの方は、チェックしたいポイントです。

タップスイッチを使用して、ハムをシングルとして使用する改造も存在します。

・HSH

HSHは、フロントPU、リアPUがハムバッカー、センターPUがシングルコイルの配列です。SSSやSSHに比べると数は少ないですが、”ストラトっぽい”現代仕様のギターで、よく見られる配列です。

・HH or HHH その他

HH、HHHは、全てハムバッカーのタイプ。もちろん、欲しい音や見た目で決めるのが一番ですが、こうなってくると”逆に”ストラトに対する愛情、執着さえ感じます。

●コイルタップ

タップスイッチを使用して、ハムバッカーの片方のコイルを鳴らないようにすることで、「シングルコイル(のような状態)」と「ハムバッカー」を切り替えます(※実際の内部構造は知りません)。

コントロールノブ(スイッチポット)のオン/オフ(引っ張り上げ/押し込み)で切り替えるものや、(ミニ)スイッチを使用する方法が一般的。

自身で改造する場合、ハムPUが改造に適したものかチェックしてみてください(無理やり改造するのもアリですが)。

「両方使えるとか、めっちゃお得じゃん!」と初めは思うのですが、本当にお得ならば、もっと普及してもいいはず。ハムバッカーとしての使用を前提としているため、「完璧なシングルコイルの音」ではありません。

演奏中に切り替える場合、音量差も無視できません。ただし、その差を利用したいのであれば、ペダルを踏む手間も省けて便利。気になる方は、是非一度試してみてください。

●フレット数

伝統的なFenderストラトキャスターのフレット数は、21Fまで22F以上を頻繁に使用する方で「チョーキングでなんとかする」という方以外は、購入基準の一つにしてください。

フレット数で伝統を重んじる必要はありません。演奏性に目を向けましょう。

●トレモロ・ユニット

基本的にストラトだと、シンクロナイズド・トレモロ・ユニットですが、ストラト・タイプ、”ストラトっぽい形状”のギターも含めると、話は変わってきます。

大胆なアーミングがしやすい、ロック式(フロイド・ローズ)を搭載しているモデルも見かけます。ネジ止めが6点式や2点式など細かい違いもありますので、購入の際に、好みのトレモロ・ユニットか確かめてみてください。

※参考)エレキギター用ブリッジの種類/サウンドハウス様

●指板

メイプルか、それ以外かです。

「ストラトがメイプルじゃなくて、何をメイプルにするんだ?」という考えの人も(私を含め)存在します。悩んでいる方は、サウンドがどうのこうの・・は無視して、見た目肌触りで決めてください。メイプル1ピース、貼りメイプル、塗装の違いもありますので気に入ったものを。

●その他

ラージヘッド、スモールヘッドなど、ヘッド形状が気になる方はチェック。

3種のピックアップを搭載できるため、改造も含め数多くの配列パターンが存在します。個人的には、「フロントPU」と「リアPU」をミックスさせた音色が好みです。

おすすめのストラトキャスター!

ストラトはとにかく機種が豊富で、派生モデルもたくさん。

「ストラトはFenderしか認めない!」という方は、フェンダー製を。「まあ、他のブランドも見てみようかな」という方は、是非たくさんのブランドから探してみてください。また、ストラトっぽいヤツも紹介する予定なのでご注意ください。笑

搭載されているピックアップや、その組み合わせ「SSS,SSH,HSH,HHなど」。トレモロ・ユニット、コイルタップ機能など、それぞれ重要としている機能。改造を考えている方は、その点も。私の場合、5万円あたりまではピックアップ交換を視野に入れて、10万円以上ならPU交換無しでの使用を前提に選びます。

まずはフェンダー社のブランド、スクワイヤー。次に本家フェンダーを紹介。以降、思いついた順番で紹介します。

【Squier】

スクワイヤー(スクワイア)は、フェンダー社のブランドの一つ。フェンダーよりも安価な商品を取り扱っています。コスパ重視の方にはおすすめ。

スクワイヤーのストラトキャスターは、

Bullet/Affinity コスパの良い現代シリーズ
Standard 妥協無しの標準シリーズ
Vintage Modified ヴィンテージ+現代アレンジ
Classic Vibe 伝統を受け継ぐ最上位機種 ※生産終了らしい。

とありますが、ここでは「Standard」だけ紹介します。

☆Standard


(公式ページで詳細を確認)

税抜32,000~42,000円程度(調査時)

ストラトでこの価格。妥協無しのコストパフォーマンス。2点支持ブリッジ、22フレットなどバランスの取れたモダン標準シリーズ。

クリックでサイトへ

『Standard Stratocaster』

※左利き用もあります。

『Standard Stratocaster HSS』

『Standard Strat FMT』

Squier Standard Stratocaster vs Fender Standard Stratocaster comparison

(動画:SwedishGuitarNerdさん)

【Fender】

ストラトキャスター本家。
消えたFender Japan。ChinaにIndonesia、Mexico、USA。全てここに含めて紹介します。

かつて「フェンジャパ」として親しまれたフェンダー・ジャパン。今でも中古市場を中心に人気で、製造年から製造・組み込み元(フジゲン、ダイナ・・)を調べるという、玄人じみた目利きが一般化しています。

安くフジゲン製が手に入るのは嬉しいですが、このあたりが機材マニアの闇の入口のような気が・・(※欲しい機種について詳しく調べることは、決して悪いことではありません)。

メキシコにUSA、安価なモデルだと中国製などありますが、フェンダー社内でどういうことになっているのか私は知りませんので、詳しく知りたい方はグーグル先生か本社に。

近年のフェンダー社のブランド戦略について、疑問を持っている方もいると思います。が、安く「Fender」のロゴが手に入るなら、それはそれで嬉しい。

「音がどうのこうの」よりも「本物」であることに、より大きな価値を感じる人もいます。安価なモデルの音が気になる方は、是非自身の耳で確認してみてください。

Modern Player 現代的なパーツと組み合わせ
Special Edition 個性的なスペック
Japan Exclusive 日本製
Standard スタンダードを低価格で
Deluxe 伝統 + モダンを低価格で
Classic 歴史的なモデルを低価格で
Road Worn 使い古したギターを再現
Classic Player ビルダーの遊び心
American Special お得なUSA
American Professional アメスタからアメプロへ
American Elite 上質なモダン
American Vintage 時代の名器
カスタムショップ 最高技術の手作り

Fender公式サイトに載っているシリーズです(調査時)。シリーズは時代によって変わりますので、最新モデルは公式サイトなどでチェックしてみてください。

どれも気になりますが、ここではコスパのいい「Standard」と、アメスタに変わる新しいスタンダード「American Professional」を紹介します。

☆Standard


(公式ページで詳細を確認)

税抜64,000~89,000円程度(調査時)

伝統的なストラトに、現代のプレイに耐えうるスペックを搭載。世界標準のストラトを、この価格で。

いわゆるフェンダー・メキシコとして知られているシリーズです。価格の高いUSAモデルと区別されますが、価格に対しての評判は決して低くなく、ギターとして十分な性能を備えています。

クリックでサイトへ

『Standard Stratocaster』

※左利き用もあります。

『Standard Stratocaster Plus Top』

※左利き用もあります。

『Plus Top with Floyd Rose』

『Standard Stratocaster HSS』

『HSS Plus Top』

『Standard Stratocaster HH』

Fender Standard Stratocaster – Made in Mexico 2016

(動画:inthebluesさん)

☆American Professional


(公式ページで詳細を確認)

税抜180,000~195,000円程度(調査時)

アメリカン・スタンダードからアメリカン・プロフェッショナルへ。世界標準とされてきたアメスタをフルモデルチェンジし、時代はアメプロに。

Fender最新の技術を盛り込み、現代の幅広いジャンル、演奏に耐えうるスペック。快適な弾きやすさにこだわったネック、スムーズなネック移動を意識した塗装、細身のフレット。時代に合わせた進化を遂げ、これからもFenderは進化し続けます。

クリックでサイトへ

『American Professional Stratocaster』

※左利き用もあります。

『American Professional Stratocaster HSS Shawbucker』

『American Professional Stratocaster HH』

Fender American Professional Stratocaster demo

(The Guitar Magazineさん)

【ヤマハ】

3万円で選べと言われたら、おそらくPacifica(パシフィカ)・・もしくは掘り出し物の中古ギターを選びます。

ヤマハのパシフィカ。ストラトキャスターとは若干形が異なる、ストラトに”近い”形状。なんといってもコストパフォーマンスが最強で、楽器に強いヤマハが造っているという安心感もあります。

音が気に入らない場合、ピックアップを交換すれば長く使えます。最初の1本として選んだ場合、改造も含めて、なんだかんだで一生使い続けられるメーカーです。

☆PACIFICA112 / 212


(公式ページで詳細を確認)

税抜29,000~37,000円程度(調査時)

ストラトに似た特徴的な見た目。新品、3万円前後で購入できるギターとして、コスパ最強だと感じます。

ピックアップがSSHのタイプは汎用性が高く、「まだどんなジャンルを演奏するか決めていない」という方にもおすすめ。

コイルタップ機能が搭載されたモデルでは、より多くの音作りが可能に。トレモロを使ってアーミングもでき、何から何までできる1本です。

クリックでサイトへ
YAMAHA / エレキギターPACIFICA 112V

(動画:サウンドハウスさん)

【フジゲン】

安心のフジゲン。品質のフジゲン。
アイバニーズ、グレコ、フェンダージャパン・・その他多くのブランドを手掛けてきた実績と、培われてきたノウハウ。

国産ギターの代表的存在で、”弾きやすさ”を追求したギターは、楽器として最高。日本人が「弾きやすい!」と感じる設計がされているのもポイント。1本目として選んだ日には、周りから羨ましがられるでしょう。

Webオーダー以外だと、フジゲンの全てが詰まったExpertシリーズ、Expertをコスパの面から見直したJ-Standardシリーズ、安価でモダンな演奏に最適のNeo Classicシリーズあたりが今人気です。

ここでは、コスパ最強のNeo Classicを紹介します。

☆Neo Classic


税抜71,000~100,000円程度(調査時)

演奏性を追及したフジゲンの”造り”と、現代的な演奏を意識した音。何よりコストパフォーマンスが良いので、1本目としては文句なし。既に他のモデルを持っていて、「ストラトも弾いてみようかな」という方にもおすすめです。

クリックでサイトへ
FGN Neo Classic ST

(動画:GregsGuitarsさん)

【グレコ(Greco)】

グレコは、神田商会がもつブランドの一つ。フジゲンとも繋がりがあるので、気になる方は検索してみてください。

フェンダージャパンが消えた今、1本目ギターとしての人気はグレコが勝ち・・いや、どうだろう(笑)。5万円前後で買えるギターとして、WSシリーズがあります。

☆WSシリーズ


(公式で詳細を確認)

税抜56,000~70,000円程度(調査時)

ナット幅40mmのナロー・ネックと薄めのネック。(※ちなみに、「ネックが薄いと、手が小さい人にとって弾きやすい」とは一概に言えません。私も手が小さいですが、薄めのネックはどちらかというと苦手です)

23色のカラー・バリエーションとフィンガーボード(メイプル or ローズウッド)の組み合わせで、46パターンのデザインから選べます。見た目で差別化したい方にもおすすめ。

クリックでサイトへ

【Bacchus(バッカス)】

バッカスは、長野県に国内工場を持つ、ディバイザーのブランドです。幅広い価格帯で販売しています。最上位機種のHandmade series。上位モデルをコストの面から見直したCraft series。海外工場によって実現した低価格、Global Series。エントリーモデルのUniverse seriesなどがあります。

ここでは、コスパの良いGlobal Seriesを紹介します。

☆Global Series


(公式ページで詳細を確認)

税抜40,000~53,000円程度(調査時)

日本の技術者の指導の下、フィリピン工場で製作されたGlobal Series。高価格帯に力を入れてるブランドなので、コスパ重視のモデルも期待が高まります。

個人的には、ピックアップの交換をおすすめします。

クリックでサイトへ

【その他】

・Tokai(トーカイ)のVintage Series。(58,000~80,000円程度)
トーカイは、静岡県にある東海楽器製造株式会社(東海楽器)のブランド。OEMとしても有名で、数々の有名ブランドを手掛けていました。Gibson系のコピーモデルが人気ですが、Vintage Seriesにはストラトもあります。

クリックでサイトへ

以上です。

皆さまが、素敵なストラトキャスターに出会えますように。
ありがとうございました。

他の種類のギターを>探す

スポンサーリンク
関連コンテンツ